Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ベッド 選び方|おすすめ!シーン別の知っておくべき大事な2つの基準

ベッド 選び方|おすすめ!シーン別の知っておくべき大事な2つの基準

ベッドの選び方に悩んではいませんか?良質な睡眠を得るには満足度の高い環境が欠かせません。そのカギを握るのがベッド選び、さらにはベッドマットレス選びであることは間違いありません。睡眠は1日の3分の1から4分の1という長い時間を占める、健康上においてもとても重要な時間。ベッドフレームとマットレスの選び方の基本を紹介します。

ベッドフレームの選び方

ベッドは「フレーム」と「マットレス」に分けられます。「ベッドを買う」ということはこの両方を買うわけなので、まずは「フレーム」の選び方を紹介していきます。

ベッドの形状

まずは形状による特徴を考えてみましょう。

サイズを考えてみる

ベッドを選ぶときにもっとも基本的な基準になるのがサイズです。どのようなサイズにするのかをあらかじめ決めなければいけません。後述しますが、どのような使い方なのか、どのようなシチュエーションなのかによって選択は大きく変わってきます。部屋の広さと合わせて熟考する必要があります。

シングル 幅100cm 一般的に大人一人
セミダブル 幅120cm 大人一人ゆったり
ダブル 幅140cm 大人二人or大柄な大人一人
クイーン 幅160cm 大人二人ゆったり
キング 幅180cm 大人二人+子供一人

基本的にはこの5サイズが基準になります。メーカーやショップ・ベッドの種類によっては「セミシングル:80~90cm」や「ワイドダブル:150cm」などのサイズ設定がある場合もあります。

ヘッドボードをどうするか

ヘッドボード

ヘッドボードはデザイン性・機能性を大きく左右するパーツ。単に落下防止柵のようなデザインのベッドもあれば、小物が置けたりコンセントが付いてたり、照明付きのベッドもあります。また、本を読む人向けにヘッドボードが革素材やファブリック素材でできていて、背もたれとして使えるタイプのベッドもあります。機能性はもちろん、ヘッドボードでデザイン性も大きく変わるので、見た目を気にする人はヘッドボードも要チェックです。

ベッドの高さを考える

ベッドには大きく50cmほどの高さ(マットレス込)のものと、もっと低いフロアタイプのベッド、さらには2段ベッドや下の空間を上手に使えるロフトタイプなどがあります。あなたの使うシーンを考えてどのような高さのベッドにするかもしっかり考えましょう。例えば腰痛持ちの人はフロアベッドだと立ち上がるときに腰に負担がかかるので、一般的な高さのほうが楽チンです。また、寝室をより広くてリラックスした空間にしたいなら、逆にフロアベッドという選択肢が第一候補に挙がってきます。

すのこベッドの必要性も考えてみる

すのこベッド

通気性のいいすのこ素材を使用したベッドは意外と多いもの。睡眠中はコップ1~2杯ぐらいの汗をかくと言われ、その湿気対策が非常に大事になってくるからです。

雨の多い地域や湿気がこもりやすい鉄筋コンクリート造が住まいなら、すのこ仕様のベッドも選択肢になってきます。反対に湿度の低い北の地域にお住まいの方や木造で通気性のいい住まいの人は、それほど重要視する必要はないかもしれません。

シーン別の選び方

形状による選び方の次は、シーン別の選び方を考えてみましょう。

新婚さん

新婚さん

新婚さんで新居用にベッドを買うという場合、多くの人は「一緒に寝たい」と考えると思いますが、決めつけは失敗のもとです。睡眠は個人差が大きなものなので、「新婚だから」「カップルだから」という理由で安易にダブルベッドにしてしまうと後で大変な目にあうことも。

考え方としては「ダブルベッド(もしくはもっと広いベッド)でいっしょに寝る」か、「シングルベッドを二つ並べて別々に寝る」の二通りあります。同じベッドで寝る場合、睡眠時間や睡眠習慣の違いが問題になったり、寝返りなどの振動で相手が目を覚ますということもあります。

一方は寝るときに必ず本を読みたい人かもしれませんし、一方はすぐ寝たい人かもしれません。また、仕事などの関係で睡眠時間が違えば、寝るときに振動が相手に伝わってしまいます。寒い時期は布団の取り合いも十分に考えられます。新婚で別々のベッドに寝てるからって仲が悪いわけではありません。

また新婚さんの場合、近い未来に赤ちゃんの誕生があるかもしれません。シングルを二つ並べたベッドなら添い寝できても、ダブルベッドならそれもできません。そのようなことも考える必要があります。

夫婦

夫婦

次は新婚ではない夫婦の場合を考えてみます。赤ちゃんなどを考慮する必要がなく夫婦二人だけを考えるなら、お互いの性格や行動パターンを重視するのがおすすめ。

神経質な性格の人は基本的にダブルベッドによる振動はイヤだと思います。二人で仲むつまじく寝るのもとてもいいことですが、無理をしては健康に害が出てしまいます。

また同じベッドということは同じマットレスで寝るということ。一方は柔らかいマットレスが好みで一方は硬いマットレスが好みの場合は、ダブルは向いていません。特に腰痛やヘルニアの人は硬いマットレスじゃないと腰への負担が大きくなるので、好みというより硬いマットレスが必須と言えます。また大きく体重差のある夫婦の場合、重い体重のほうがマットレスが沈むので、軽いほうは寝にくくなります。

ただ、ダブルベッドは夫婦喧嘩した時に仲直りしやすいという意外なメリットもあります。喧嘩の多い夫婦はあえてダブルにしてみるのも一つのアイデアではないでしょうか。転勤(引っ越し)の多い夫婦はシングルのほうが融通が利きます。

一人暮らし

一人暮らしの場合は、極論はどのようなベッドでもいいです。なんせ自分の好みを全面に出していけるのですから。ただ、特にワンルームの場合はスペースに大きな制限を受けると思いますし、学生の場合は金銭的な制限があると思います。

どのみち置けないベッドを購入するわけにもいかないので、まずはお部屋に置けるサイズを検討し、基本はシングル・余裕持って寝たいならセミダブル・スペースがないならセミシングルという選択肢になると思います。

もし収納の少ないワンルームなら、ベッド自体が大きくなってしまいますが収納付きベッドという選択肢もあります。左右に引き出しをひくスペースがなくても、マットレスもろとも油圧式で上がる収納ベッドもあります。これならベッドだけのスペースで大きなベッド下スペースを収納に使うことができます。

「とにかく自分だけのいい雰囲気のベッドがいい」というわがままが通るのも一人暮らしのいいところ。収納や機能性にこだわらずオシャレな空間を作りたいという人もいると思います。そんな時はデザイン性を重視したデザインベッドがおすすめ。最近は価格が抑え目ながらオシャレなベッドはとても多いものです。

子供

子供とベッド

子供のベッド選びは基本的に親がする場合が多いと思います。また親が3~4種類に絞ったうえで子供が決めるという場合も。どちらにしても子供のベッドの場合、デザイン性よりも機能性を重視したほうが失敗が少なくなると思います。

収納がたくさんできるベッドや、下を居住空間に使えるロフトベッド、兄弟なら二段ベッドという選択肢もあります。ただ、部屋を別々にすることを考えれば二段ベッドは使える期間が意外と短く、布団の手入れ(シーツを外したり布団を干したり)が大変なロフトベッドはお母さんがイヤがることが多いもの。

無難な選択という観点では、一般的なシングルベッドが長く使えておすすめです。

色の選び方

色の選び方も気になるところですよね。ベッドは大きな家具なので、色の持つ特徴がよりお部屋に反映されます。とは言えベッドの色はそこまで種類が多いわけではありません。

色の選び方は、インテリアに合わせることはもちろん、色が持つ独特の雰囲気を考えることが重要です。

ブラック

ベッドは寝るための台なので、夜とか寝るといったイメージの黒いベッドは良く似合います。無彩色なのでどのようなインテリアにおいても違和感はありません。

ただし「黒」という色のイメージとしては、高級感や威厳はあっても、軽やかさやファッショナブルな雰囲気はありません。

この辺はインテリアとの兼ね合いが大事になってきます。

ダークブラウン

ダークブラウンもベッドでは多いですよね。木目の入ったタイプが主流で、ウォルナットを意識したデザインになっています。

日本のお部屋のタイプを考えると、インテリアへのマッチ度は抜群で、どのようなお部屋にも合わせることができます。暗めの色合いなので落ち着き感があり、それでいて木目のあるブラウンがオシャレさを演出。

とてもバランスのとれたベッドとしておすすめの色です。

ナチュラル

ナチュラル系の明るいブラウンのベッドも多く見かけます。お部屋にナチュラルで優しい雰囲気が出て、リラックス感が高まります。自然と良く合い、観葉植物との相性もピッタリ。

また、明るい色合いなので重厚さより軽やかな雰囲気になり、大きなベッドの重さをあまり感じさせません。

より自然の中で寝ている感じになります。

ホワイト

白いベッドは女性を中心にけっこう人気のようです。白も無彩色でどんなお部屋にも合う万能色。インテリアを邪魔せずスムーズに溶けこんでくれます。

清潔感のある色で、純粋・純白といったイメージ。寝室が純粋無垢なイメージのお部屋になります。

また、最も大きさを感じさせない色とも言えます。洋服などでは膨張色として嫌う女性もいますが、インテリア的には壁や天井の色と同化しやすく、少しでもお部屋を広く見せることができます。

ベッドマットレスの選び方

次はフレームではなくマットレスの選び方を考えてみます。マットレス選びは寝心地を大きく左右する大事なもの。自分の体に合ったものを選びたいものです。

硬さで選ぶ

マットレスを選ぶ際の大きな基準はマットレスの「硬さ」です。好みの問題の他に健康上の問題もあるので注意が必要です。

腰痛・ヘルニアの人は硬めのマットレス

ここ数年で「低反発マットレス」が人気になっていますが、低反発マットレスは実は腰痛にはあまり良くありません。包み込まれるような寝心地の良さが特徴の低反発ですが、腰痛の人には沈み込むマットレスがもっとも相性の悪いマットレスと言えます。

仰向けに寝た時、立っている姿勢(S字カーブ)に近い状態が理想的ですが、低反発の場合腰が大きく沈んでしまいます。背骨に大きく負担がかかり、血流の悪化、筋肉疲労など、寝ているのに腰痛だけは悪化していってしまいます。

腰痛やヘルニアを患っている人は硬めのマットレスがおすすめで、沈み込みが少なく寝返りのしやすいマットレスを選ぶ必要があります。

子供のマットレス選び

子供のマットレス

意外と難しいのが子供のマットレス選び。子供の場合体も柔らかく、大人ほど健康的な問題を考慮する必要はありません。また、実際に寝てみても子供の場合あまり違いが分からないことも多く、基準を作ることが難しいのです。

一般的に寝心地を重視するなら柔らかめ、健康を重視するなら硬めがおすすめです。でも子供のマットレスの場合、初めから一生モノを選ぶという意識を持つ必要はありません。価格を抑えて家計にやさしいマットレスを選ぶのも大事な基準になります。

マットレスの種類で選ぶ

マットレスにはいくつか構造上の種類があります。それによって特徴が違うので、これを知っておくとマットレス選びが失敗しにくくなります。

2種類のスプリング

一般的なベッドマットレスと言えば、スプリングで体重を受け止めるものです。体重をスプリングが受け止め、肌触りや寝心地を表面の層が担うものです。スプリングには大きく分けて2種類あり、それぞれ特徴が違います。

ボンネルコイル

ボンネルコイル

体重を受け止めるスプリングが横方向にも連結されたマットレス。もっとも多く普及しているタイプで価格も安価なものが多いのが特徴です。適度な硬さがあり、体を面で受け止める感じです。振動が伝わりやすく中央部分が沈みやすいので、ダブルベッドにはおすすめしません。

ポケットコイル

ポケットコイル

ポケットコイルはボンネルコイルよりも多少価格が高くなります。スプリングを横に連結せず一つずつ単体で機能するような構造になっているので、面ではなく点で体重を支えてくれます。体の曲線や動きに合わせた沈み方をするので体圧分散ができ、振動が伝わりにくいメリットがあります。

ただ価格が高くなること・スプリングの通気性が悪くなるなどのデメリットもあります。

マットレスの価格の違い

一般的にはボンネルコイルがもっとも安価でポケットコイルが多少高くなりますが、それでも価格に大きな差があったりします。その理由はコイルの巻き数や密度・その他の詰め物などの種類が大きく違うからです。

低価格のものほど耐久性や使用感が低いのはいた仕方のないところ。高いものになるにつれてコイルの巻き数や数・密度が増え、詰め物が上質になり、耐久性も高くなっていきます。

高反発マットレス

最近は高反発マットレスが人気です。反発力が高く、特に腰痛の人は沈み込まない高反発マットレスがおすすめ。高反発と言っても単に硬いマットレスというわけではありません。反発力が高く沈み込みを防ぎつつ、体圧をしっかり分散して床ずれや褥瘡(じょくそう)を防いでくれるというとても腰にやさしいマットレスです。

低反発マットレス

低反発は柔らかくて包み込まれるような寝心地が最大の特徴。寝心地を重視したい人におすすめのマットレスです。ただ、もともとロケット発射時の衝撃を和らげる素材として開発されたもの。気温によって硬さが変化しやすく、通気性も悪いというデメリットもあります。

最近は天然ゴム樹脂を発泡させた「ラテックスマットレス」というものも人気のようです。ただ、日本では規格や基準が明確に定めっていないので、メーカーによって差があるので注意が必要です。

まとめ

ベッドの通販ならこのショップがオススメ

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとても分かりやすく見やすさを重視しており、価格や梱包サイズ・在庫などベッドを購入するときに知りたい情報が見やすくまとまっています。送料込のベッドがほとんどで価格も抑えることができそう。トップページのギャラリーもおしゃれです。

ベッド王国はコチラ
ページトップへ戻る