Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

子供が自分で服を収納するようになる3つのポイント

子供が自分で服を収納するようになる3つのポイント

子供にお片付けの習慣を身に着けてほしいと考えてはいないでしょうか。
特に服やおもちゃなどは、自分で片付けることができるようになるとママが本当に楽になりますよね。
そこでここでは服に焦点を当てて、自分で収納できるポイントを考えていこうと思います。

子供が自発的に収納できるようにする

子供に自分で服を片付けてほしいと考えているのなら、やっぱり子供が自発的に収納しやすい環境を作ることが重要。
どこにしまえばいいのか分からなかったり、引き出しが重かったり、高い位置にあったり…。
そのような少しでもイヤになるポイントがあると、子供はすぐにやめてしまいます。

逆に言うと子供が収納しやすい環境になっていると、自分から行うようになり、それが習慣化し、気が付いたら服だけじゃなくおもちゃなどもしっかり片付ける子になっているものです。

では子供が服を片付けやすいポイントとはいったいどのようなものでしょうか。
具体的には次の3つが大事になります。

  1. 場所が分かりやすい
  2. 出し入れしやすい
  3. 折りたたんで収納できる

一つずつ考えていきます。

場所が分かりやすい

どこに何を収納すればいいのか、子供目線で分かりやすいことが最も大事。
このチェストのここに靴下、ここにシャツ…というのが、親ではなく子供的に分かりやすいように工夫してあげましょう。

出し入れしやすい

収納する引き出しが重かったりしたら、子供はすぐにイヤになってしまいます。
あまり衣服をいっぱい収納しすぎず、一段を重くしすぎない工夫を。
少しでもいっぱい入れたくなるのは親のエゴと考え、必要以上にぎゅうぎゅう詰め込まないのがおすすめです。

また取っ手が小さくて力が入りにくかったりするのも、結局は重いのと同じになるので要注意。

折りたたんで収納できる

ハンガーにかけるものは親が行い、できるだけ折りたたんで収納できるようにしてあげましょう。
子供にとっては、何をハンガーにかけるべきなのか、何をたたんで収納すべきなのかが分かりません。
コート類などハンガーにかけたいものは親が行い、まずはチェストに折りたたんで収納できるもので習慣化することを目的にするのが賢い方法です。

子供用のチェストがやっぱり向いてる

子供用のチェストはやっぱり子供が片付けやすい工夫がいっぱいされています。
各家庭の環境に左右されますが、できれば子供が収納しやすいチェストを置きたいものです。

大人用のチェストには、大人には気付きにくい「子供がイヤになるポイント」があるもの。
子供が気に入る可愛い・かっこいいチェストなら、より積極的に片づけをしてくれるはずです。

子供が片付け習慣を身に着けやすいチェスト

mapache(マパーチェ)

子供に自分で収納してほしいなら、このようなチェストを置くのがおすすめ。
「〇〇ちゃん」「〇〇くん」専用のチェストだよ!と言ってあげると子供も喜びますし、兄弟でいっしょに使うとしても「二人で仲良く使ってね」と言ってあげればお互いに負けじと一生懸命に片付けてくれます。

このチェストは上記3点をしっかりクリア。
くり抜かれたデザイン性の高い取っ手により、絵で「ここは靴下、ここはシャツ」と視覚的に分かるようになっています。
また子供の好きなキャラクターのイラストを差し込むこともでき、好きになってくれるのは間違いありません。

引き出しに手や指を挟む心配もなく、大きすぎず小分けに収納できるので、物理的にいっぱい詰め込むこともできないため重くなりにくい。
ハンガーをかける場所もないため、たたんで収納することに意識を集中させることができますね。

取っ手が秀逸

くり抜かれたイラストがそのまま取っ手になっているのが、素晴らしいアイデア。
さらに紙を差し込むことで、オリジナルのチェストができあがります。

男の子なら戦隊ものを、女の子ならプリキュアなどのキャラを差し込んであげれば、好きになってくれること間違いなしですよね。
文字ではなく絵で何を片付けるのかが瞬時に分かるので、子供のやる気もグンと上がります。
好きな絵だと子供は覚えるのが早いので、親が思っている以上にすぐ片付けができるようになるはずです。

まとめ

子供に自分で片付けてもらうには、やっぱり相応の収納が必要。
覚えることよりも習慣化が大事なので、できれば子供の好きなものに片付けるようにしたいところです。

同じ見た目の引き出しが並んでると、子供はいったいどこに何をしまえばいいのか悩んでしまい、イヤになってやめてしまいます。
子供のやる気を下げない、むしろ上げてくれる収納があれば、子供は自発的に収納してくれるようになります。

大人も習慣化していないことは苦痛になるはずで、それに関しては子供も全く同じではないでしょうか。

紹介したチェストはこちらです

ページトップへ戻る