Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

漫画・コミックをオシャレに使いやすく収納する方法

漫画・コミックをオシャレに使いやすく収納する方法

漫画・コミックはどんどん増えてしまいますよね。

読むのが楽しいのに加え、集める楽しさもあります。

でもせっかく集めた本も、お部屋に溢れていたり、読むのに押入れから探して出すようでは価値も半減してしまいます。

出来るだけスマートに収納したいものですよね。

そこでここでは、漫画やコミックをオシャレに使いやすく収納する方法を紹介しようと思います。

本を2つのグループに分ける

一冊一冊は小さな漫画やコミックも、数十巻集まるととても大きなスペースを使ってしまいます。

スマートに収納するには、収納の方法や収納家具も大事ですが、まずは「よく見る本・今読んでる本」と「気が向いた時に読む本」に分けます。

よく見る本

よく見る本は、リビングやお部屋のインテリアとして収納します。

魅せる収納もオシャレでおすすめ。

読みたい時にすぐ出せること、何巻がどこにあるのかが分かりやすいこと、ある程度まとめて収納できること、このような観点でまとめて整理します。

気が向いた時に読む本

このグループは、取り出しやすさよりも「保管」に意識を向いけて収納します。

ホコリががぶらず、虫に食われず、日焼けせず、折れることもなく…。

まとめて収納ケースにいれて、湿気取りを入れて、押入れに大事に保管しておきましょう。

問題はよく見る本

そう、問題は「よく見る本」なんです。

私も漫画は好きですが、グループを二つに分けると「気が向いた時に読む本」に入れたくない本がけっこう多いんですよね。

たしかにそこまで読みはしないのですが、押入れの奥にしまうのはちょっとなぁ…という本がけっこうあるんです。

よく見る本が数十冊まで減るなら、コンパクトな本棚に楽々収まります。

ところがなかなかそうもいかない…。

ゆうに200冊は超えてしまう…。

こうなるとなかなか上手に収納するのが難しくなりますよね。

使いやすさと収納力

メインの漫画やコミックを収納するポイントは「使いやすさ」と「収納力」です。

数百冊の本をコンパクトに収納でき、なおかつ数百冊の本の中で何がどこにあるかが分かりやすいという状態が理想的。

これを実現するのにおすすめなのが「スライド式の本棚」です。

本棚に前後に収納しても取り出しやすく、見やすく、しまいやすいという優秀さです。

カラーボックスなどに収納すると奥行きがあるので、収納量を増やそうとするとやっぱり前後に収納したくなりますよね。

それがイヤで薄型にすると収納力が半分になってしまい、それを補おうとすると大きな本棚になってしまいます。

これでは「スマートに置く」とは言えません。

コンパクトに、たっぷりと、使いやすく、この三拍子を叶えてくれるのがスライド式なんです。

スライド式がおすすめの理由

スライド式の本棚

例えばこのスライド式本棚。

こんなにコンパクトなのに、コミックは約350冊も収納可能。

コンパクトなのでお部屋に圧迫感を与えず、スマートに置くことができます。

さらにこんなに大量に収納しているにもかかわらず、全ての本の背表紙が正面を向いており、しかも取り出しやすく収納できます。

これなら何がどこにあるのかが一目瞭然で、見た目にもコレクター魂がそそられますよね。

そのポイントはやはりスライド式にあります。

前後に収納することで収納量を増やし、スライドさせることで見やすく・取り出しやすくなっているんですね。

本を2つのグループに分け、メインの本をスライド式の本棚で使いやすくコンパクトに置く。

とってもスマートな整理方法と言えるのではないでしょうか。

紹介したスライド式本棚はこちらです

まとめ

全ての本を使いやすく収納するのは、大きな本棚が必要になります。

一人暮らしで部屋がある程度広く、それが可能ならいいのですが、難しい場合はグループ分けとスライド本棚がおすすめ。

見た目も使い勝手も良く、スペースをあまり使わずにコレクションを楽しむことができます。

本棚の通販ならこのショップがオススメ

本棚王国

キャスター式やスライド式・回転タイプ・扉付き…など様々な本棚を扱っており、お部屋にピッタリの本棚を探すことができます。大きな家具なので自宅まで届く通販が買いやすく、価格も抑え目の本棚が多いように感じます。またトップページのギャラリーがとてもオシャレです。

本棚王国はコチラ
ページトップへ戻る