Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイニングテーブルの選び方|失敗しない選び方 3つの大きなポイント

ダイニングテーブルの選び方|失敗しない選び方 3つの大きなポイント

ダイニングテーブルは家具の中でもかなり大きい部類に入ります。なのでその存在感はとても大きく、置く場所によっては雰囲気を決定的にする影響力をもっています。

価格や大きさなどを考えても絶対に失敗したくない買い物。このページではダイニングテーブルの上手な選び方を紹介します。

ダイニングテーブルのサイズを決める

大きなダイニングテーブル

ダイニングテーブルを選ぶ際は、まず置く場所を決め「置けるサイズ」と「置きたいサイズ」の二種類をメモしておきます。置けるサイズは物理的に置ける最大のサイズを、椅子(可動範囲)も含めて考えます。置きたいサイズは家族構成やその他の要因を考慮します。

テーブルの天板の大きさ

ダイニングテーブルの心臓部は天板。天板に食事を置くイメージをして、人数やいつもの料理のお皿の数・お皿の大きさなどを考えてみます。

狭すぎると食事が窮屈になってしまうので、物理的なサイズ感も関係しますが、少し大きめが理想。4人用なら「135cm×80cm」くらい、2人用なら「80cm×80cm」くらいは欲しいところです。

また、円形の天板の場合は、4人用で「直径130cm」くらい、2人用で「直径80cm」くらいを目安に。

ダイニングテーブルと料理

その他に天板の大きさで気をつけたい点が

  • 隣の人と肘がぶつからない広さ
  • テーブルの中央に置く調味料に手が届く
  • その他の使い方をするかどうか

などです。

隣の人と肘がぶつからない広さ

もし子供が小さいなら、最初からギリギリのサイズを買ってしまうと、成長して大きくなったときに肘がぶつかってしまいます。大人二人の肘がぶつからない広さが理想。

テーブルの中央に置く調味料に手が届く

天板は広ければいいというものではなく、広いと不便に感じることも出てきます。広ければ余裕をもって食事できますが、最適なサイズがあるということですね。

その他の使い方をするかどうか

ダイニングテーブルは基本的に食事をするという目的があります。でも部屋の広さや形は様々で、アイデアによっては違う使い道ができることもあります。例えば食事には大きすぎる天板を買って、端っこを調味料置きにしたりといった具合。

4人家族で6人用を買い空いたスペースをパソコンデスクとして使うなど、考えればアイデアはたくさん浮かんできます。ダイニングテーブル&パソコンデスクと二種類置くより、逆にスペースが有効に使える場合もあります。

テーブルの高さを考える

テーブルの高さでどのような違いが出るでしょうか。ポイントは以下の点です。

  • 食事は高いほうが楽
  • パソコンなどに使うときも高いほうが楽
  • 晩酌やアフタヌーンティーを楽しむなら低めがいい
  • 子供が小さいうちも低いほうがいい
  • 子供用チェアがあるならそれに合わせる方法も

高めがいいシチュエーション

ダイニングテーブルの高さは大体70cm前後ですが、食事やパソコン使用時などは高めのほうが体が楽です。

ただ、天板が高いということは椅子の座面も高いということなので、足が床につくかも大事になってきます。深く腰掛けて届かなくても、やや浅めに座ってかかとがつく程度なら問題ないです。

低めがいいシチュエーション

逆に低めがいい場合は、晩酌などダイニングテーブルで思いっきりリラックスするとき。リラックスタイムでは低めのほうがよりリラックスできます。

また小さな子供がいるときは、なにかと低いほうが安心の場合があります。子供用のチェアがあるならそれに合わせてみるのも手です。

ダイニングテーブルの材質・素材を考える

ダイニングテーブルの材質・素材

ダイニングテーブルの材質・素材は様々なものがあります。価格を大きく左右する要素でもあり、もちろん使い勝手や耐久性にも大きさ差が出ます。ではどのようなものがいいのでしょうか。

基本は木製、ガラスは使い勝手が悪い

材質は基本的に「木製」がおすすめ。ガラスのオシャレなものもありますが、思いのほか気を使いますし、ガラスの食器を置いた時の音も気になります。

子供のいない若いカップルやオシャレ最優先の人はいいかもしれませんが、家族で使うなら「木」が基本になります。

ひと口に「木」と言ってもその種類は様々。木には次のような種類があります。

  • パイン~白っぽくて明るく柔らかめ。節が多く素朴な雰囲気
  • ウォールナット~濃いこげ茶。木目がはっきりし硬い手触り
  • チェリー~薄いブラウンで使い込むと味わいが出やすい
  • オーク~白または赤味を帯びており硬くて粗い手触り
  • アルダー~反りや縮みが少なく赤味がかった茶色
  • 杉~木目が強く柔らかい。個性がある
  • ホワイトアッシュ~白っぽく細かい木目。弾力性・耐衝撃性が高い
  • メープル~白っぽく硬めの手触り。美しい光沢がある

高価だが無垢は価値が高い

ダイニングテーブルは価格がピンキリですが、その要因の一つが木の種類にあります。1枚板を使った無垢材は高価になりやすく、木のような木目をプリントしたものを張り付けているものは安価になります。

安価だからといって価値がないわけではなく、最近では見た目だけでは天然の木材と見分けがつきません。

長く使うのか、子供の成長とともに数年で買い替えるのかによっても価値観は大きく変わってきます。

そんな中、ひときわ気になるのが「無垢材」ではないでしょうか。高価でありながら手入れの大変なオイル仕上げのものが多く、その存在感は他を圧倒しています。

無垢材というのはいわゆる「一枚板」のことで、つないだり何かを貼ったりしていない木材のこと。天然木と同義語で使われることもあります。

無垢材の反対が集成材と呼ばれるもので、ブロック状に切ったものを接着した木のこと。基本的に天然木であると言えますが、接着剤を使っているので無垢材とは言えません。

一般的に集成材より無垢材のほうが高価ですが、だからと言って集成材が無垢材に劣るということではありません。

集成材は節を落としたり木肌を美しくすることができ強度も増します。使い込むことで味も出ます。

希少さという意味での価値観では無垢材が上なので高価になりやすい現実があります。

無垢材の良さとは

ダイニングテーブルと家族

だらだら書いてしまいましたが、無垢材の良さを一言で表すなら「歴史を刻むことができる」ということに尽きます。

無垢材でも手入れのしやすい仕上げがされているものもありますが、せっかく無垢という選択をしたならオイル仕上げがおすすめ。

最も身近に家族が集まるダイニングテーブルは、そのキズ・シミの一つ一つが思い出になります。それがその家族の色になり家族だけの歴史を刻んでいくのです。

木は素直なのでちょっとしたことでその表情をどんどん変化させていきます。

これが無垢材の魅力。安価なものは年数の経過によって汚れて古くなっていきますが、それが味にはなりません。

無垢材は使うほど歴史が刻まれて味になり、古さが最大の魅力へと変わっていきます。

ダイニングテーブルの色を決める

ダイニングテーブルは大きな家具なので、色による影響力も大きなもの。白っぽいものから濃いブラウンまで様々な色がありますが、どのような色を選ぶといいのでしょうか。

基本は好み

毎日のように、しかも長く使うものなので、基本は好みで選んだほうが失敗は少ないと言えます。色の印象としては

  • 白っぽい色~清潔感があり空間が広く感じる
  • ナチュラル~優しくて温もりが感じられる
  • 濃いブラウン~重厚で重々しく威厳を感じる

といった感じ。周りのテイストに合わせるのが無難ですが、大きなものなので濃いブラウンは重いイメージになりやすいです。白~ナチュラル系の色はどんなテイストにもスッとなじんでくれるでしょう。

床が薄いナチュラルのフローリングの場合、濃い色を選ぶとバランスが悪くなりがち。薄い床は軽いイメージがあり、その上に重いイメージの濃いブラウンがくると不安定な雰囲気になってしまいます。

大きな家具はよほど自信がない限り無難な色にするのがおすすめ。失敗したときのダメージが大きいので…。

インテリアを考えた場合、色味は小物でアクセントをつけるのがセオリーです。床の色に合わせることで大きさを感じさせず、お部屋を広く見せる効果があります。

椅子の選び方

ダイニングテーブルの椅子

ダイニングテーブルを選ぶとき、同時に椅子も選ぶ必要があります。多くはセットで売られていますが、必ずしもセットで買う必要はありません。

セットは無難な選択がされている

セットになっている椅子は、これを選んでおけば間違いないという感じになっています。日本で作られていればおよそ日本人の体形に合っているでしょうし、色合いやデザインも統一感があります。

あまり深く考えたくないならセットになっているものをチョイスするのがおすすめ。

椅子でアクセントをつける方法もある

あまりにもかけ離れたテイストはインテリアの雰囲気を壊してしまいますが、椅子でダイニングのアクセントをつけることもできます。素材は同じでも背もたれに色味の付いてる椅子を選択することもできますし、なにも同じ大きさを揃える必要性はありません。

お父さん用には大き目の椅子、お母さん用にはスタイリッシュな椅子、子供用にはベンチタイプなど、種類を変えることでお部屋に動きがでます。

少しセンスが必要とされる部分ではありますが、統一感という言葉の裏側には「つまらなさ」という一面もあるのです。

あえて崩すこと、もっといえばバランスよく崩すことで、お部屋がセンス良くまとまる場合もあります。

椅子の高さはしっかり考えよう

セットの椅子なら多くは問題ありませんが、バラバラに購入するときは天板に対する高さを考えないと後で失敗してしまいます。インテリア性ばかりに気が行くのではなく、機能性も忘れてはいけません。

高い場合は何らかの方法で椅子の足をカットすることができますが、低い場合はどうにもできないので気をつけましょう。

新婚さんは先を見据えることが大事

新婚さん

婚礼家具としてダイニングテーブルを購入するときは、先をしっかり見据えて選ぶ必要があります。今は夫婦二人ですが、子供の誕生や成長によって必要な大きさや形状は変わってきます。

子供の人数を考えてみる

将来の子供の人数を想像してみましょう。何人欲しいと具体的に考えていない人も多いかもしれませんが、これを機に考えてみるのも手です。

どのくらい使うかを考えてみる

子供の成長などに影響のある家具は、どのくらいの期間使うかを考えてみるのも大事なことです。

まだ子供がいないなら「価格を抑えて5年ぐらい使い、その後二人目の子供ができれば大き目で長く使えるものを購入する」などといった具体的な想像をしてみましょう。

ダイニングテーブルに限ったことではありませんが、家具の価格は素材や耐久性などでピンキリです。なにも初めから一生モノを選ぶ必要はなく、今ベストだと考えられるものがベストな選択なのです。

安価なものを5年ずつ買い替えても自分が納得できるならそれで全く問題ありません。初めから高価なものを買って20年使うでも、自分がそれがベストと考えるなら問題ありません。

まとめ

ダイニングテーブルを選ぶときは「サイズ」「材質」「色」に焦点をあて、具体的にどのくらい使いたいかなどを考慮して決めましょう。同時に椅子のことも忘れずに。価格的にも物理的な大きさも文字通り「大きな買い物」なので、家族や夫婦で熟考して失敗のない選び方をしましょう。

ダイニングセットの通販ならこのショップがオススメ

ダイニングのインテリアを創造する|ダイニング王国

様々なダイニングセットを取り扱っており、テーブル・チェアはもちろん、ベンチ・ソファなどの単品も。離島以外なら送料無料のようで、本州以外の人には嬉しいところ。価格的に手ごろなラインを主に取り扱ってるようで、手が出しやすいセットが多いのも魅力。トップページのギャラリーがとてもオシャレです。

ダイニング王国はコチラ
ページトップへ戻る