Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

必要なダイニングテーブルの大きさの目安を決める2つの要素

必要なダイニングテーブルの大きさの目安を決める2つの要素

ダイニングテーブルを検討するとき、デザインや価格よりも先に気になるのが「大きさ」ではないでしょうか。

家族の人数によって変わるので、まずは大きさを決めて、その後にデザインや価格を検討するのが一般的。でも大きさの目安ってなかなか難しいもの。

そこでこのページではダイニングテーブルの大きさの目安を2つの観点から紹介していきます。

スポンサーリンク

家族の人数で選び方を考える

ダイニングテーブルは家族全員で囲むものなので、家族の人数に合わせるのが一般的。ただ、今現在の人数に加え、今後増えることも考慮する必要があります。

最低限必要なスペースは一人分「幅60cm×奥行き40cm」で、ゆとりを持ちたいなら「幅80cm×奥行き40cm」ぐらいが理想的。

2人の場合

子育てを終えた夫婦や新婚カップルなど主に2人で使用する場合は、天板が四角なら「80cm×80cm」ぐらい、丸型なら「直径80cmぐらい」がちょうどいいです。最低限の大きさで考えれば、もう少し小さくても十分食事をとることはできます。

でもそこまで大きなテーブルにならないので、調味料などを置けるように多少ゆとりがあったほうが何かと便利になります。

新婚さんの場合は、赤ちゃんの誕生を見据えるかどうかが大事な分岐点になります。子育てを終えた夫婦なら、使い勝手も大事ですが思い切って斬新なデザインにしてみたり、思いっきりおしゃれにこだわってみるのもいい選び方です。

3人の場合

夫婦に子供一人など3人で使うときは、スペースの都合もありますが基本は4人用のダイニングテーブルがおすすめ。小さ目の4人用サイズがちょうどいい大きさになってくれるはず。

調味料を置いたり観葉植物でおしゃれに飾ることもできます。常時使わないスペースを作れば、要冷蔵じゃない食事時用の調味料や爪楊枝なんかは、そこを定位置にしてもいいですね。

もちろん今後家族が増える可能性をしっかり考えることも必要です。子供の誕生は夫婦同士で話せば方向性が見えてきますが、親の面倒を見るといったことなどもチラっと考えてみましょう。

4人の場合

夫婦と子供2人という最も多いパターンは、何も考えず一般的な4人用がおすすめ。サイズにして「135cm×80cm」ぐらいあるとゆとりをもって食事できます。

ホットプレートを良く使うなら幅150cmぐらいあったほうがいいかもしれません。円形の場合は「直径130cm」ぐらいは必要。

並んで隣の人と肘がぶつからず、一般的な大きさのお皿を並べると仮定すれば、一人の最低限サイズ幅の2倍「120cm」では物足りなくなる可能性があります。

お部屋のサイズや価格などで選択肢がないなら最低限120cm以上の幅を選択しましょう。

奥行きはあればいいというものではありません。テーブルの中央に簡単に手が届くサイズ感がもっとも落ち着くはずです。

5人の場合

5人家族の場合は、6人用の大きなダイニングテーブルを5人で使うのがもっとも理想的。大きなお皿も楽に置けますし、ホットプレートや鍋を囲むときもゆとりがあります。

スペース的に置けない場合などは、大き目の4人用テーブルの短辺方向に一人座るというのもありです。ただ、手狭になるのは仕方ないところ。4人用だと椅子を増やしても3人横には並べません。

6人の場合

6人家族の場合は、170cm~180cmある大きなダイニングテーブルが必須です。椅子を横に3つ並べることができなければ狭く感じてしまうでしょう。

5人家族で紹介した方法を6人家族で使うこともできますが、狭くなってしまうのは避けられません。

お部屋の広さで選び方を考える

お部屋の広さ

次は置く部屋の広さを考えてみます。でも「○○畳の部屋だからこのぐらいの大きさがちょうどいい」とは言えません。部屋が何畳だろうと、置いてある家具は各家庭で千差万別。

もちろん8畳ワンルームに6人用ダイニングテーブルは置けませんが、ダイニングテーブルを使う上で知っておきたいサイズ感を紹介します。

椅子をひくためのスペース

ダイニングテーブルで食事をするために椅子に座りますが、家具屋さんなどで忘れがちなのが「椅子をひくスペースがあるか」ということ。

天板の下に収納されているときは置けても、椅子をひくことができなければ座ることもできません。つまり椅子をひく分のサイズもダイニングテーブルのサイズに加えて考えなければいけないのです。

体型によっても変わりますが、天板の端から背もたれが「80cm」後方までひくことができれば問題ないでしょう。丸型テーブルの場合は四方にひくスペースを確保する必要があります。

後ろを人が通るためのスペース

椅子に座ったまま後ろを人が通れるサイズは、約60cmです。椅子に座った状態が、天板の端から背もたれまで約40cmぐらいなので、天板の端から約1m後方にスペースがないと人が通ることができません。

お部屋の形状を考えてスペースを確保できるかも考慮しましょう。

椅子が収納できるかを考える

テーブルと椅子をセットで買う場合はあまり関係ないかもしれませんが、別々に購入する場合気をつけたいのが椅子が天板の下に入るかということです。

椅子を収納するときに気をつける幅

仮にテーブルの下に椅子を2脚収納したいとして、そういうときに気をつけたいのが幅の計り方。テーブルの幅を2で割って、椅子の幅より大きければ収納できるというものではありません。

収納を考えた時は、テーブルの脚と脚の内側の寸法を測る必要があります。そのわずかな差で2脚収納できるかできないかは、スペース的に相当大きな差になってしまいます。

椅子を収納するときに気をつける高さ

背もたれまで下に収納する必要はないので、高さは基本的に座面の高さを気にします。でも座面の高さがテーブルの下にならないものなどありません。なので高さは気にしない人もいるかもしれませんが、ここに落とし穴が潜んでいます。

もし「肘付き」の椅子の場合、肘を置く位置の高さを計算しなければいけません。肘を置く面が天板よりも少しでも高いと、天板の下に収納することはできません。

まとめ

ダイニングテーブルの大きさはテーブルや椅子自体の大きさに加え、実際に必要なスペースも考慮した大きさで探さなければいけません。家族の人数と部屋の広さを考え、楽しく食事できる大きさを検討しましょう。

ダイニングセットの通販ならこのショップがオススメ

ダイニングのインテリアを創造する|ダイニング王国

様々なダイニングセットを取り扱っており、テーブル・チェアはもちろん、ベンチ・ソファなどの単品も。離島以外なら送料無料のようで、本州以外の人には嬉しいところ。価格的に手ごろなラインを主に取り扱ってるようで、手が出しやすいセットが多いのも魅力。トップページのギャラリーがとてもオシャレです。

ダイニング王国はコチラ
ページトップへ戻る