Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

家族全員「川の字」でベッドでスマートに寝る方法

家族全員「川の字」でベッドでスマートに寝る方法

小さな子供がいる家庭だと、子供と一緒に川の字で寝たいと考える人も多いですよね。子供が二人いれば川の字+1です。

でもベッドに慣れた人の場合、床に布団を敷いて家族全員で寝るのは、意外と腰や肩に負担がかかりますよね。でもベッドだとみんなで寝れる広さがありません。

理想はベッドで家族全員で寝ることですが、子供が生まれる前からあるベッドもあり、なかなかうまくいかないのが現実。

そこでここでは、小さな子供とスマートに寝れるオシャレな寝室作りを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

家族みんなで寝るポイント

子供が大きくなれば「いっしょに寝よう!」と言っても「イヤッ!」と言われてしまい、親は寂しい思いをするかもしれません。小さくていっしょに寝てくれるうちにいっぱい「川の字寝」を堪能したいものですよね。

でもいかにスマートにオシャレにということを考えると、なかなかいい方法が少ないのが実情ではないでしょうか。

床に布団は体が痛くなる

長年ベッドで寝ていた人にとっては、床に布団を敷いて寝ることが苦痛に感じるかもしれません。やはりスプリングがないので硬さが気になり、体のあちこちに痛みやコリが出てしまいます。

家族全員で寝たいけど布団はイヤ…という葛藤に悩んでしまいますよね。

ベッドは幅と高さに難点がある

とは言え家族全員でベッドで寝るとなると、大きなベッドが必要になりますよね。3人ならなんとかいけても、4人だとちょっとお手上げになってしまいます。

また、子供が小さいうちはベッドからの転落も怖いもの。子供はとっても寝相が悪いので、床がフローリングで高さのあるベッドだと不安になります。

いっしょに寝てくれる時期は意外と短い

広いベッドを買ったとしても、子供が一緒に寝てくれなければ余ってしまいます。子供の成長は嬉しいものですが、その反面少し寂しさを感じる部分もありますよね。

ある程度成長して親といっしょに寝るのがイヤになったら、無理に全員で寝ることもできず広いベッドが用無しになってしまいます。

スマートに解決する方法

小さなこどもと「家族全員で同じベッドで寝る」ということは、上記の理由で意外とハードルが高くなりがち。結局は布団で固さを我慢する家庭が多いと思います。

でもそんな「かゆいとこに手が届くベッド」がちゃんとあるんです。

ジョイント&分割できるベッド

ジョイント&分割できるベッド「ジョイントワイド」
ジョイントワイド

ジョイント&分割できるベッド「ラトゥース」
ラトゥース

オシャレにスマートに家族全員でベッドで寝るには、低くてジョイント・分割できるベッドが最適です。まさにこのような状況のためにあるモデルとも言えます。

まず低いというのがポイント。家族全員で寝ればぶつかりやすいのは当然で、やはりベッドから落ちることを考慮する必要があります。「親・子・子・親」というポジションで寝ても、子供は寝ている間グルグル回るので落ちないとは言い切れません。しっかり金具でジョイントするので間が空いて落ちることもありません。

さらにベッドをくっつけたり離したりすることができるので、子供の成長にも対応できます。いっしょに寝てくれるうちはジョイントして全員で寝ます。そのうちいっしょに寝るのを嫌がるようになれば、今度は分割して子供部屋で使ったり、パパとママがそのまま使うこともできます。

オススメする2つのモデルなら見た目もとってもオシャレで、ゴチャゴチャになりがちな小さな子供のいる家庭の寝室がグッと素敵な雰囲気になります。デザイン的には似ていますが、カラーと設定サイズに違いがあるようです。

まとめ

日本では、寝室は基本的にお客様が入らないところ。でもオシャレでスタイリッシュなほうが気持ちも満足し睡眠の質も良くなるかもしれません。オシャレに家族全員で寝たいなら、今後の応用も効くジョイントタイプのベッドがおすすめです。
ジョイントワイドの詳細はこちら
ラトゥースの詳細はこちら

ベッドの通販ならこのショップがオススメ

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとても分かりやすく見やすさを重視しており、価格や梱包サイズ・在庫などベッドを購入するときに知りたい情報が見やすくまとまっています。送料込のベッドがほとんどで価格も抑えることができそう。トップページのギャラリーもおしゃれです。

ベッド王国はコチラ
ページトップへ戻る