一人暮らしでソファーベッドを置くメリット・デメリット

一人暮らしでソファーベッドを置くメリット・デメリット

一人暮らしをする人の多くが悩む「狭いスペース」という問題。
ゆとりある広さの物件に住むことができる人はやっぱり少なく、大なり小なりスペースに悩まされることが多いのも、一人暮らしの大きな特徴ですよね。

そんな時に触手が伸びる「ソファーベッド」という存在。
ソファーにもベッドにもなるので省スペースというのが売りですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

根本的にどんなものにもメリット・デメリットがあり、いいとこばかりという商品はないと思います。
ポイントは「一人暮らしにとってソファーベッドは使いやすいかどうか」という点ではないかと思います。

そこでここでは、一人暮らしだけに焦点を当ててソファーベッドの良い点や悪い点を考えてみようと思います。

ソファーベッドの特徴

そもそもソファーベッドにはどんな特徴があるのでしょうか。
ソファーにもベッドにも使えるというのは当たり前ですが、もう少し踏み込んでみようと思います。

占領するスペースがポイント

ソファーベッドは「ソファーもベッドも置きたい。でもスペース的に置けない」という人の悩みを解消すべくできた商品。
ベッドは家具の中でも1~2を争う大きさがあり、ソファーも座る人数によってはボリューム感がとてもあります。

ただ、ベッドは多くの人が必須と考える中、ソファーは無くてもいい、座椅子で十分と考える人も多いですよね。
日本人は床生活が好きな人が意外と多く、ソファーがあれば座るけど、ないならなくても平気という人もそんなに少なくはありません。

ベッドは必須だとして、ソファーに関してはできれば置きたいけど、スペースがないなら諦める、でもソファーベッドで両方使えるならそれもいいかも…。
そんな存在がソファーベッドではないかと思います。

ソファー必須と考える人は、お部屋が狭くなっても置くと思いますし、そもそも物件探しの段階でベッドとソファーの設置をイメージしているはずです。

最初からソファーベッドがいいというスタンスで捉える人はあまりいなく、ソファーベッドなら両方使えるからいいんじゃないかという発想ですね。

ソファーベッドのメリット・デメリット

形状や機能性はいろんなタイプがありますが、共通している点では次の点が非常に大きなものになります。

メリット

  • スペースを有効に使える
  • 価格を抑えることができる

デメリット

  • 布団の収納スペース
  • 寝心地と座り心地

順番に考えてみます。

メリット

最大のメリットはやっぱりベッドのスペースでソファーも置けるという点。
どのみちベッドを置くという前提で考えれば、その分のスペースは最初からないものと考え、それ以上スペースを使うことなくソファーも置けるという考え方です。
なんだかんだ言っても、物理的に省スペースでベッドもソファーも使えるのは間違いありません。

また、ベッドとソファーを別々で買うよりも価格を抑えることができます。
もちろんどんなソファー・ベッド・ソファーベッドを買うかにもよりますが、概ね別々に買うより安く済む場合が多いです。

デメリット

個人的にはデメリットがとても大事だと思います。
つまりソファーベッドとしてのデメリットを「大きなデメリット」に感じるか「たいしたことないデメリット」に感じるかによって、ソファーベッドが向いてるかどうかが分かれるのではということ。

そのデメリットの大きな点は、まず「布団を収納するスペースが必要」ということ。
ソファーベッドをベッドで使用するときは、あくまで「台」であり、他に掛け布団や敷布団が必要になります。
敷布団は使う人使わない人がいるかもしれませんが、掛け布団は確実に使いますよね。

ソファーとして使う場合、その布団を収納するスペースを確保する必要があるのです。
一人暮らしで自分しかいないなら、無理に押し入れやクローゼットなどに入れる必要はないかもしれません。
お部屋の片隅にでも置くことができればソファーとして使えます。
ただ、ソファーベッドさえ置けば他にスペースが全く必要ないというわけではない点を忘れてはいけません。

もう一つは座面のクッション性です。
同じクッションで寝心地も座り心地も良くすることは、なかなか難しいと言えます。
妥協はできるはずですが、座り心地も寝心地も最高というソファーベッドは基本的にないのではと思います。

座っても寝てもそんなに問題ないというソファーベッドが多く、どちらにも無難なクッション性になるのは致し方ないところ。
基本はやや硬めのクッション性になってると思います。
座って沈み込まない程度で、座り心地はそこまで気にならないかもしれません。
問題は寝る時で、ふかふかのクッション性の寝心地を求める人にはちょっと向いてないかもしれません。
敷布団やマットレスを敷くと寝心地は良くなりますが、それらを収納するスペースだけは確保する必要があります。

この2点を「大きなデメリット」と感じる人は、一人暮らしにおいてソファーベッドは向いていないかもしれません。
ただ、お友達が来たとき用・親が泊りに来たとき用といった「普段使いじゃない」なら、ソファーベッドは思いのほか役に立ちます。

普段はソファー専門で使い、いざという時はベッドにもなるという捉え方だと、いざという時に本当に助かります。
ただでさえ狭い空間に、来客用の布団を敷くスペースなどないので、その時はやや手間になりますが、ベッドに変えて使うこともできますよね。

一人暮らしに向いてるのか…?

と問われれば、使い方次第・考え方次第というのが本音。
どのような使い方をするのか、どのようなスタンスでソファーベッドを捉えるのか、これによって価値は大きく変わります。

  • 一人暮らしの期間はそんなに長くないから多少寝にくくてもいいや
  • 睡眠は大事だからあくまで理想の寝心地を求める

同じ一人暮らしでも両者には大きな開きがあり、後者には向いてませんが前者には向いてるかもしれません。

  • できれば普段用のベッドとして使いたい
  • 友達が泊りに来た時の簡易ベッド

この場合も、前者は向いてないかもしれませんし、後者なら向いてるかもしれません。
仮に前者でも「一人暮らしの期間はそんなに長くないから…」と考えれば我慢できないレベルではありません。

ただ、物理的に省スペースになるのは間違いなく、デメリットを「たいしたデメリットではない」と感じる人にとっては有効な選択肢の一つになると言えます。

結局はどんなものにも良い点と悪い点があり、「良い点がより活きる人・悪い点がそれほど気にならない人」が使うとメリットは大きくなり、その逆もまた然りということですね。

一人暮らしにおすすめのソファーベッド3つ

ではソファーベッドがメリットに感じる人にとって、より有効に活かせるソファーベッドをいくつか紹介しようと思います。
ソファーベッドのイメージとしては「3人用くらいの幅で背もたれがリクライニングしてフラットになる」というのが多いと思います。

でも実は意外と種類があり、オシャレさなら普通のソファーと全く遜色のないものも数多くあります。
寝心地や座り心地はもちろん大事ですが、インテリア性だって同じくらい大事と考える人もいるはず。
そういう人にとっては、案外ソファーベッドが向いている可能性もあります。

コンパクトで安い一人暮らし向けソファーベッド

コンパクトで安い一人暮らし向けソファーベッド

このソファーベッドは、前後に展開するのが特徴。
ソファーの幅がベッドの長さになるタイプは、どうしても大きなソファーになってしまいますよね。
お部屋が2つあるならまだしも、6畳ワンルームのお部屋に3Pソファーとか基本的にはあり得ません。

このソファーベッドは前後にパタパタっと展開するので、サイズを選ぶことができるのが魅力。
ソファーの幅=ベッドの幅になり、90cmや120cmなど、ソファーとしてもコンパクト、ベッドとしても普通に使える幅に。
長さは普通にあるので寝にくいことはなく、ソファーベッドの中でもより省スペース性を活かせるソファーベッドと言えます。

また価格もかなり抑えることができ、ベッドで言うとダブルサイズに相当する幅でも2万円ちょいです。
もちろん敷布団やマットレスを敷いて寝たほうが、寝心地はいいと思いますが、価格やコンパクトなサイズ感は魅力ですよね。
レザーの他にファブリック素材もあるようです。

コンパクトで安い一人暮らし向けソファーベッドはこちら

女性向けのコンパクトでおしゃれなソファーベッド

女性向けのコンパクトでおしゃれなソファーベッド

こちらは女性におすすめのソファーベッド。
理由はデザインや機能ではなくベッドの長さにあります。

このソファーベッドは、ベッドにしたときの長さが183cmです。
一般的なマットレスのサイズは195cmなので、やや短めのベッドと言えますよね。
大きな男性にとっては少し寝にくさを感じるかもしれませんが、身長が165cm未満ぐらいならむしろ195cmのマットレスは無駄にスペースを使ってしまうだけ。

それならコンパクトに置ける小さめサイズのほうが、女性の一人暮らしには向いていると言えますよね。
ソファーにしたら大きくなってしまうのが難点ですが、引き出し収納が付いてる点も考慮し、総合的に使いやすいソファーベッドではないかと思います。

女性向けのコンパクトでおしゃれなソファーベッドはこちら

男性におすすめの大き目ソファーベッド

Brave(ブレイブ)

今度は男性の一人暮らしにおすすめのソファーベッド。
特に大柄で体格のいい男性におすすめ。

なんといってもこのソファーベッドは、ベッド時のサイズが大きいんです。
210cmという長さは一般的なサイズより15cmも長く、ロングサイズのマットレスよりも長いサイズ感。
幅は108cmで、およそセミダブルというサイズ感。

こちらもソファーの時に大きくなりがちな難点はありますが、長身で肩幅の広い男性は、しっかり寝床を確保しないとゆったり体を休めることができません。
スペースが狭くとも、ベッドの最大の目的は快適に寝る事。
「まずは快適な寝床の確保」という前提で考えれば、大き目ベッド&ソファーを置けるので賢い選択だと言えそうです。
収納機能も付いてるので、大きさを収納でカバーできるかもしれませんよね。

男性におすすめの大き目ソファーベッドはこちら

まとめ

一人暮らしだからソファーベッドが向いてると単純には言えません。
どんなものにも良い点と悪い点があり、あなたがもしソファーベッドの悪い点をそこまで苦にしないなら、ソファーベッドのメリットを活かせるタイプだと思います。

ベッドとソファーを分けると、価格が高くなりスペースを大幅に使ってしまいます。
ソファーベッドにすると、やや寝心地に難があり布団を片付ける場所も気になります。

メリットよりもデメリットに焦点を合わせ、どちらのデメリットを妥協できるのかといった視点で考えると、おのずと失敗も減ってくるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする