Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

腰痛が劇的に楽になるベッド用マットの2つの特徴

腰痛が劇的に楽になるベッド用マットの2つの特徴

「腰痛で朝起きあがるのも辛い…」そのような悩みはありませんか?

腰痛の原因が睡眠中以外にあるとしても、長い時間を共にする寝具、特にマットレスは腰への影響がとても大きいものです。

結論としては、腰痛には高反発タイプが圧倒的にメリットが多いのですが、その辺を詳しく考えてみます。

スポンサーリンク

布団かベッドか

根本的に腰痛の人は床に布団を敷いて寝るほうがいいのか、それともベッドのほうがいいのか…。好き嫌いという理由はとりあえず置いといて、腰への負担だけに焦点をあてれば断然「ベッド」です。

布団のメリット・デメリット

腰への負担を考えた時、よく「なんだかんだ言っても結局畳にせんべい布団が楽だ」という感想を目にすることがあります。これはある意味正しい感想。なぜなら硬い布団は沈み込まないので腰への負担が減り、なおかつ寝返りもしやすいので楽になる人もいると思います。

ただ、畳にせんべい布団では体重が腰や肩にもろにかかってしまい、沈み込まないメリット以上に悪化させることも十分考えられます。つまり「体圧分散」ができないということです。低反発素材は沈み込むので腰痛持ちの人には向きませんが、体圧分散に関してはとても優れた素材。荷重が一点に集中しないので、体重による体への負担が軽くなります。

「寝る」ということだけに関して言えば「沈み込まないで体圧分散できる」のがもっとも腰にやさしいマットと言えます。でも床に布団を敷いて寝る場合、布団の上げ下げという動作が必要になってしまいますよね。これは腰痛持ちの人にはとてもキツイ行動。かといって万年床ではカビが発生してしまいます。

ベッドのメリット・デメリット

その点ベッドの場合上げ下げがないので、腰には優しいと言えます。また、床よりも高さがあるので立ち上がるときの腰の負担も和らぎます。

総合的に考えるとベッドのほうが腰痛の人には向いてると言え、「沈み込まないで体圧分散できる状態のベッド」が私的にはもっともオススメできる睡眠方法です。

ベッドのマットレスを沈まない硬さに

腰痛の人がベッドに施す対策として、絶対に外せないのが次の2点です。

  1. 沈み込まないようにする
  2. 体圧分散できるようにする

沈み込むと腰痛が悪化する

仰向けになった時に腰が沈み込んでしまう柔らかさだと、腰周りの筋肉・背骨への負担がとても大きくなってしまいます。椎間板への負担も増すので、特にヘルニアの人は厳禁と言っても過言ではありません。

休んでる間にも関わらず筋肉が疲労してしまい、腰への負担をカバーできなくなり腰痛を発症することも考えられます。また、腰が折れた状態では血流も悪くなり、腰が冷えて腰痛が悪化します。

体重の44%が腰にかかる

人間は仰向けになると、体重の44%が腰に、33%が肩甲骨付近にかかります。体重70kgなら実に30.8kgもの荷重が腰にかかっているのです。そんな状態を何時間も続ければ腰が痛くなるのは当然と言えますよね。

なので腰痛の人は体圧分散できるマットにする必要があります。沈み込まない硬さながら、一点に荷重がかからないようにすることが大事ということです。この辺のさじ加減はなかなか難しいもので、腰痛の人が自分に合うマットレスを見つける難しさがここにあります。

腰痛の対策法

では実際にどのように対策すればいいのかというと、おすすめなのが「高反発マットレス」です。薄いものはおすすめしません。エ○ウィーブ・エア○ーマットレスなどが有名で、今使ってるマットレスの上に敷くというタイプですね。もっと言うとこのような薄い高反発マットは「床に布団を敷いて寝ている人」に向いてるマットと言え、ベッドにベッド用スプリングマットレスを置いて寝ている人には向いていません。

  • エ○ウィーブ
  • エア○ーマットレス

理由は、ベッド用のスプリングマットレスの上に敷いたところで、結局は体重で沈んでしまうからです。それでは腰への負担はあまり軽減されません。元々沈み込みのない床で寝ている人には合っていますが、ベッド用のマットレスに寝ている人がその上に敷いたところで腰痛にはあまり効果が期待できないでしょう。体圧分散は優れていますが、いかんせん薄いと沈み込んでしまいます。

ベッド寝の人はベッド用高反発マットレス

今使っているベッド用マットレスで腰痛が気になるなら、ある程度厚さのある高反発マットレスがもっとも腰にやさしい選択になります。「低反発=柔らかく気持ちいい」というイメージが強いので高反発というと硬いのかなと思いがちですが、別に硬いわけではありません。反発力が高いので沈み込まないだけ。なおかつ体圧分散もできるので、腰痛の人にはうってつけの素材です。

厚みのある高反発マットレスにすることで、ベッドの床板に直に置くことができ、沈み込むのを防いでくれます。なおかつ高反発マットレスには優れた体圧分散性があるので、局所的に荷重がかかることも防いでくれます。高反発は寝返りする力も少なくて済むので、常に無意識のうちに楽な姿勢を維持することができ、起きた時の感じがまるで変わってきます。

腰痛対策のために開発されたベッドで使える高反発マットレス

まとめ

腰痛にやさしいマットレスは「沈み込まない」ことと「体圧分散できる」ことがポイント。そのためには「高反発マットレス」が最良の選択になります。

ベッドの通販ならこのショップがオススメ

ベッドの通販専門~ベッド王国

このショップはとても分かりやすく見やすさを重視しており、価格や梱包サイズ・在庫などベッドを購入するときに知りたい情報が見やすくまとまっています。送料込のベッドがほとんどで価格も抑えることができそう。トップページのギャラリーもおしゃれです。

ベッド王国はコチラ
ページトップへ戻る