Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ミラーレースカーテンは夜でも室内が見えないのか…

ミラーレースカーテンは夜でも室内が見えないのか…

人通りが多い道路に面しているお部屋や、お隣さんが近いお部屋などは、ミラーレースカーテンを付けたいと思っている人も多いはず。

でも意外と疑問に思っているのが「ミラーレースカーテンは夜でも室内が見えないのか…」という点ではないでしょうか。

ミラーレースカーテンは外から室内が見えにくい効果のあるレースカーテンですが、夜も見えないならドレープカーテンが必要なく、風通しも良くなります。

換気の面でもプラスですし、夏場の熱帯夜でも差が出てきますよね。

そこでここでは、ミラーレースカーテンの効果に焦点を当ててみようと思います。

夜の効果は…?

話がそれていきそうなので、結論を最初に書いておきます。

ミラーレースカーテンは夜でも室内が見えないのか…。

これは厳密には「夜は透けて見える」です。

ただし夜でも見えないミラーレースカーテンもあります。

それは「厚手のミラーレースカーテン」。

昼間はミラー効果で見えず、夜は厚手によって見えないというものです。

ミラーレースカーテンだと室内が見えない理由

夜は透けて見える、夜でも透けないというのは、ミラーレースカーテンの仕組みを考えるとすぐに分かります。

一般的なミラーレースカーテンが透けて見えないのは「光の乱反射」によるもの。

日中の明るいときにミラーレースカーテンが透けないのは、光を乱反射させる糸を使っているからです。

なのでその糸を上手に織り込むことで、カーテン自体の厚さが薄くても透けることはありません。

この原理を理解すると、夜は透けて見える理由も簡単にわかりますよね。

夜は暗く、反射させる光がありません。

むしろ室内は電気をつけて明るいので、逆に室内から外が見えなくなります。

夜でも透けない理由は厚いから

それを解消したのが「厚手のミラーレースカーテン」です。

昼間は前述のミラー効果で透けて見えず、夜は厚さによって透けて見えないというわけ。

なので言い換えると「白いドレープカーテン」をしているのと似た状態になります。

生地が厚いので風通しが悪くなり、日の光も若干入りにくくなりますが、プライバシーだけを考えれば非常に有効な手段。

ドレープカーテンほど風を遮ることもなく、様々な効果が中間に位置するような働きをします。

一長一短で完璧なミラーレースカーテンはない

レースのカーテンは、日中に日の光を取り入れつつ、丸見えではプライバシーがないので多少見えにくくするというのが基本。

また、生地を薄くして光・風を取り入れやすくなっており、夜はドレープカーテンでプライバシーを守るものですよね。

ミラーレースカーテンでレースとドレープの両方の機能全てを補うには無理があり、必ず使う人にとって良い点と悪い点が出てきます。

薄手のミラーレースカーテン

薄手のミラーレースカーテンはとてもシンプル。

日中に外から室内が見えないというだけで、日の入り方や風の通り具合などは普通のレースカーテンとほとんど変わりません。

そのかわり夜は全くミラー効果はなく、逆に室内から外が見えなくなります。

なのでドレープカーテンと合わせて臨機応変に使う必要があります。

普通のレースカーテンの延長として使うなら、薄手のミラーレースカーテンで十分と言えます。

厚手のミラーレースカーテン

厚手になると夜でも室内が見えません。

全く見えないか、人影が見えるか、はたまた実用性に疑問が出るほどの透け具合かは、厚さに大きく左右されます。

厚いほうが当然室内が見えませんが、その分だけ光が入りにくくなり、風通しも悪くなります。

また日中でも室内から外が見えにくく、お部屋が窮屈に感じたり圧迫感を覚えるという人もいると思います。

ただしその分だけ機能性を高めることができます。

多くは紫外線をカットしたり、断熱性・保温性を高めて空調効果を良くしたりと言ったものです。

特に紫外線は人体にも家具にも良くないので、気にすると正直キリがありませんが、紫外線カット効果のあるレースカーテンは大きなメリットになります。

TPOを考えるのがベスト

理想的なミラーレースカーテンの使い方は、TPOを考えて使い分けるというものです。

Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)によって、上手に使い分けるとこれほど役に立つものはありません。

と言っても難しく考えず、季節や建物などによってカーテンを変えるという発想です。

時間

日中はレースのカーテン、夜はさらにドレープをひく。

この基本的な使い方だって、TPOを実践していますよね。

シンプルに日中に外から見えないよう薄手のミラーレースカーテンにすれば、今までの使い方と全く同じで、明るい時間帯のプライバシーを守ることができます。

お部屋の明るさも風通しの良さもほとんど変わりません。

また、季節によって使い分けるのも賢い方法。

紫外線の強い時期は厚手のミラーレースカーテン、弱い時期は薄手のミラーレースカーテン。

風を積極的に取り入れたいなら薄手、直射日光による温度上昇を防ぎたいなら、風通しより厚手の断熱性。

場所

どの部屋の窓かによって変えることも大事。

西日がきつい部屋なら厚手のほうがメリットが大きいかもしれません。

日の当たらない北面のお部屋なら、風通しを期待して薄手のほうが向いているでしょう。

1階のお部屋ならプライバシー重視で厚手、2階なら人目が減るので薄手。

このように同じ家の中でも窓の向きやお部屋の位置で使い分けるのも賢い方法です。

場合

これは例を挙げればキリがありません。

つまりは「何を最重要視するかを考える」ということです。

一番人目につくのがイヤなら厚手のほうがいいですし、夜はドレープをするなら薄手で十分。

ドレープをすると風通しが悪くなるから夜もミラーレースカーテンだけですごしたいなら厚手が向いてます。

窓が大きな部屋なら、その傾向はより顕著になるので熟考する必要があります。

カーテンの選び方
ミラーレースカーテン一覧

まとめ

全ての人に最適なミラーレースカーテンというものはありません。

人によって、使い方によってメリットとデメリットがあり、それを天秤にかけて総合的に向いてるものを探すのがベストです。

薄手にすることでメリットは少し減りますが、デメリットも多くありません。

厚手にするとメリットも大きくなりますが、デメリットも大きくなる可能性があります。

何を最重要視するかを熟考することが一番大事ではないでしょうか。

カーテンの通販ならこのショップがオススメ

オーダーカーテン専門「カーテンのソムリエ」

オーダーカーテンながらシンプルで分かりやすく、価格も抑え目。ドレープ・レースともに機能性や色などでカテゴリー分けされており、デザインや色も豊富にあります。またトップページのギャラリーがとってもオシャレです。

カーテンのソムリエはコチラ
ページトップへ戻る