Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

狭いリビングダイニングを快適に使うポイント

狭いリビングダイニングを快適に使うポイント

マンションやアパートに多い「狭いリビングダイニング」で悩んではいないでしょうか。

一戸建てで広いリビングダイニングならいろんな配置やレイアウトが可能ですが、狭いリビングダイニングでは物理的に難しいですよね。

と、嘆いても簡単に引越せるわけでもなく、その狭いリビングダイニングをどうにかして快適にしなければいけません。

そこでここでは、狭いリビングダイニングを少しでも快適にするポイントを紹介しようと思います。

リビングダイニングとは

そもそもリビングダイニングという言葉の捉え方が違うといけないので、一応ここでの定義を紹介しようと思います。

リビングダイニングとは、リビングスペースとダイニングスペースに仕切りがなく、一つの部屋として構成されている場所をこう呼びます。

キッチンが分かれている場合はカウンタータイプになっていることが多く、マンションやアパートでは10~13畳の狭いリビングダイニングが多いです。

キッチン部分に仕切りがなく全て繋がっているのは「リビングダイニングキッチン」と呼びます(そのままですね…)。

10~13畳のリビングダイニングは狭いのか

家族構成によって大きく左右されますが、ダイニングスペースとリビングスペース合わせて10~13畳では、余裕のある広さとは言えません。

一般的にダイニングスペースにはダイニングテーブルとチェアがあり、リビングスペースにはソファやテレビなどがあります。

それらすべてを10~13畳のスペースに置くと、かなり狭く感じるはず。

最も多い家族構成である夫婦+子供二人の場合、ダイニングセットはそれなりの大きさになります。

最近ではテレビも大型化し、それにつれてテレビ台も大きい物が多いですよね。

4人家族だとソファも大き目じゃないとリラックスできず、最低でも3人掛けソファあたりが必要になります。

こんな状態で10~13畳で余裕があるわけがありませんよね。

置けないことはありませんが、どう考えても「狭いリビングダイニング」と言わざるを得ません。

物を減らすことは可能か

狭いなら置くものを減らす工夫をすることが空間を作るのに必要ですよね。

少しでもシンプルなリビングダイニングにすることで、ゆとりが生まれてきます。

ただしリビングダイニングには、割と大き目の家具が多いのも事実。

細かい物は別の部屋に置くこともできますが、大きな家具を分けることはできず、せいぜい三段ボックスのような家具を違う部屋に置くようなことしかできません。

広く使うなら床生活

10~13畳のリビングダイニングの場合、ダイニングテーブルを置くと窮屈になるので、床に座って食事をとるという家庭が多いと思います。

このスタイルが最も広く使うことができるからですね。

ダイニングテーブルを置くとソファを撤去するかしないといけませんし、ソファが譲れないならダイニングテーブルを置くことは難しくなります。

テレビは確実に置きたいですし、それ以外で空間を大きく空けることのできる大きな家具は少ないですよね。

やはり「ダイニングテーブル」と「ソファ」をどちらかにするという家庭が多いように感じます。

日本人は床スタイルがけっこう落ち着く人が多いので、特に不便なく暮らしている人も多いと思います。

でも小さなころからダイニングテーブルで食事をとっていた人や、足腰が悪い人などは、できればチェアのような高さのあるものに座って食事をとりたいと考えている人も多いはず。

狭いリビングダイニングの強い味方

狭いリビングダイニングの強い味方

そんな狭いリビングダイニングを効率よく使うことができ、さらに床に座って食事をしない方法が最近流行りの「ソファダイニング」です。

その名の通り、チェアではなく「ソファ」で食事をとるスタイルですね。

これならソファとダイニングテーブルの両立ができ、それでいてスペースも大幅に節約することができます。

まさにファミレスでご飯を食べる感覚です。

家具の配置やレイアウトによって単純に広さだけでは言えませんが、ソファダイニングなら例えば使っていない時はテーブルを端に置けば、ゆとりあるスペースが生まれます。

ダイニングテーブルって食事以外使わなかったりするので、けっこうスペースの無駄遣い的な側面もありますよね。

画像のソファダイニングはこちらです

まとめ

リビングダイニングが狭いと思うようにくつろげなかったり、楽な姿勢で食事をとれなかったり、自宅なのに制約が多くなってしまいますよね。

ソファダイニングなら一石二鳥なスタイルなので、貴重なスペースを有効に使うことができます。

リビングダイニングキッチンの場合にも同じことが言えるので、狭いと感じている家庭は一考する価値は十分にあります。

ダイニングセットの通販ならこのショップがオススメ

ダイニングのインテリアを創造する|ダイニング王国

様々なダイニングセットを取り扱っており、テーブル・チェアはもちろん、ベンチ・ソファなどの単品も。離島以外なら送料無料のようで、本州以外の人には嬉しいところ。価格的に手ごろなラインを主に取り扱ってるようで、手が出しやすいセットが多いのも魅力。トップページのギャラリーがとてもオシャレです。

ダイニング王国はコチラ
ページトップへ戻る