Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

本棚のおすすめをタイプ別に紹介!あなたに最適な本棚とは

本棚のおすすめをタイプ別に紹介!あなたに最適な本棚とは

本棚が欲しいけどどのような本棚にしようか悩んではいないでしょうか。

使う環境によって向いてる本棚は違い、全ての人におすすめできる本棚はありません。

安い本棚に魅力を感じる人もいれば、おしゃれさを最も気にする人もいます。

ある人は大容量の本棚を探し、ある人は丈夫な本棚を探します。

また子供には子供に適した本棚があります。

そこでここでは、様々なタイプ別のおすすめの本棚を紹介しようと思います。

おすすめポイントと条件に合う本棚

では具体的に、どのようなタイプの人にはどのような本棚がおすすめなのでしょうか。

いくつか分類わけして考えてみます。

おすすめの安い本棚

一番難しいのが安い本棚という基準を考える場合です。

とにかくお金をかけたくないという人は、少しでも安い本棚に魅力を感じるはず。

でも、本棚はその大きさによって価格がバラバラですよね。

一体どの程度の収納力を求めるのか、それによっても価格は大きく変動します。

「大量に収納できる本棚で安いもの」とか「コミックだけを収納できる安い本棚」ならまだいいのですが、単に安いというだけの基準は何の意味も持ちません。

まずはどの程度の収納力が必要かを考えることが重要です。

ただし収納力が増えればその分だけ本棚も大きくなるのは至極当然の事。

お部屋のインテリア的に大きさはどの程度が最適かも考慮し、大きさ・収納力に基準をもたせることが大事です。

大容量収納できるおすすめの本棚

大容量収納できる本棚は、いかにスマートに、いかに大量の書籍を収納できるかが大事なポイント。

いくら大容量な収納力があっても、使いにくく場所ばかりとってしまう本棚はおすすめできません。

本棚は収納できればいいというものではなく、使いやすくなければ意味がないのです。

使いやすさを考えないなら段ボールに入れるのと何ら変わりません。

おすすめはこの本棚です。

1cmピッチ大収納ラック

壁一面を本棚にすることができ、転倒する怖さを天井と突っ張ることで解消しています。

大容量に重要なポイントは、お部屋を縦に有効に使う点ですよね。

圧迫感は出るかもしれませんが、スリムな本体がそれを軽減。

そもそもお部屋を横に使って大容量収納しようとすれば、確実に狭くて居心地が悪くなります。

また大容量の秘訣は「本棚の中のスペースを無駄にしないこと」にありますよね。

本棚ばかり大きくても、中にデッドスペースが多ければ大容量収納はできません。

この本棚はそんなデッドスペースを極力なくすことができるよう、1cmピッチで棚板の高さを調整することができます。

それにより収納したいものの高さピッタリに合わせることができ、無駄なスペースを作らず大容量収納が出来るのです。

幅を3種類から選べるようなので、お部屋の広さや収納したい本の量に合わせることができます。

紹介した「薄型でスリムな突っ張り式本棚」はこちらです

おしゃれなおすすめの本棚

おしゃれという感覚は人それぞれですが、例えば上で紹介した本棚は、おしゃれさで言えば全く「可もなく不可もなく」といった感じですよね。

本棚のおしゃれさは色やデザインが重要ですが、最もおすすめなのは形状を気にすること。

例えばコミック用の本棚ですが、このような本棚はどうでしょうか。

回転コミックラック5段

回転式になっている本棚

基本的にはコミック・漫画専用ですが、回転式になっている本棚です。

わずかなスペースに置くことができ、収納力も非常にあります。

なによりデザインがスタイリッシュでおしゃれですよね。

また、次のような本棚もおしゃれでおすすめです。

ディスプレイ隙間ラック

ディスプレイ隙間ラック

本棚の中身を扉で隠せるので、ゴチャゴチャが見えずとてもスッキリおしゃれに収納できます。

また、扉がフラップ扉になっていて雑誌などを飾れるように。

魅せる収納ができるおしゃれ本棚ですよね。

1cmピッチラック

扉orオープンが選べる壁面本棚

この本棚は全て扉で隠すことができインテリア性を全く損ねず、おしゃれなお部屋の雰囲気を壊さないというおしゃれさがあります。

白なら壁と同化するので大きさも感じさせず、スマートな収納が可能です。

頑丈さでおすすめの本棚

本は集まるととても重いものですよね。

あまり弱そうな本棚だと安心して収納できません。

丈夫だという点を最重要に考える人もいるはずです。

本棚における丈夫さ、それは素材感にあります。

当然スチール製は丈夫ですが、あの何とも無機質な雰囲気が苦手という人は多いはず。

やはりインテリア的には木製がいいですよね。

そこでおすすめなのがこの本棚です。

The・Rack(ザ・ラック)

木製で丈夫さを出すには、板の厚みを出すしかありません。

この本棚は板の厚さが2.5cmもあり、とても丈夫な作りになっています。

一般的な本棚でもそうそう壊れることはありませんが、大き目の本や図鑑・辞書などを多く収納したい場合、厚みがあって丈夫な方が圧倒的に安心です。

この本棚は丈夫な作りになっているので、本以外に重い物を収納したい時にも安心できます。

本棚は本だけを収納する棚ではありませんよね。

2.5cm棚板の丈夫な本棚「The・Rack(ザ・ラック)」

子供におすすめの本棚・絵本棚

子供の本棚は意外と必要になります。

子供の本はどんどん増えていく傾向にあり、しかも大きさや形が本当に様々。

また、使うのが子供だけに大人が使うのとは違ったポイントがあります。

まずは子供が安全に使えることが重要。

特に注意したいのが本棚の転倒でしょう。

本棚はけっこう薄くて奥行きがない物が多いですよね。

なのでふざけて押したり引っ張ったりすると案外転倒する危険もあるんですね。

しかも小さな子供のいる家庭は、安全面や防音を考えてじゅうたんなどを敷いてる場合も多く、そのような柔らかいものの上に奥行きのない本棚では転倒が本当に怖いものです。

なので転倒しにくい本棚というのがとても大事なポイントに。

また、子供が使う以上、あまり背の高い本棚は無理です。

子供が自分で取れる高さに抑える必要があります。

子供の場合、シックハウス症候群のことも忘れるわけにはいきません。

家具の塗料や接着剤・部材などが大きく影響しますが、少しでも少ない物を選択したいですよね。

様々なことを考慮すると、子供におすすめの本棚はコレです。

子供の本に最適な収納棚【SMILE】スマイル 絵本棚

実際に小さな子供を持つママの意見をふんだんに取り入れて作られた本棚で、子供の満足度はもちろん、親の満足度も考慮されています。

特に下段の奥行きがある形状、下段に大きな本や図鑑を収納できるデザインが安心感を生みます。

このデザインなら大人が使っても全然違和感がないので、長く使える点も見逃せないポイントです。

子供におすすめの本棚はこちら

漫画・コミックにおすすめの本棚

漫画・コミックはある種の収集癖があり、最終巻まで揃えないとイヤという人も多いですよね。

なので漫画やコミックもどんどん増える一方です。

収集癖が中古屋さんに売ることを拒み、全巻の三分の一だけ売るといったことをする人はほとんどいないでしょう。

また、漫画やコミックが好きな人は、同じ本を何度も読みますよね。

なので押入れの奥にしまっておくのを嫌がる人も多く、収納と使い勝手を両立した本棚が必要になります。

そこでおすすめなのがこの本棚です。

Livre(リーブル)

スライド式の本棚で、全ての背表紙を正面に向けることができます。

漫画・コミック好きにはもってこいのデザインですよね。

スライド式で前後に収納できるので奥のものが取りにくいこともなく、探すのもとっても楽チンです。

また、この大きさでも漫画・コミックが約350冊も収納できます。

漫画・コミックに的を絞っているので、無駄なスペースがほぼないですよね。

なので大きさを抑えつつ大容量収納することができるのです。

使いやすさ・収納力がしっかり両立されており、収集する楽しさも味わうことができます。

漫画・コミックにおすすめのスライド式本棚

漫画・コミックをオシャレに使いやすく収納する方法

まとめ

本棚はどんな場所でどのように使うか、これによっておすすめが大きく変わりますよね。

価格だけで考えると大きさや収納力などが理想と異なり、買ってから失敗するケースもあります。

まずはどの程度の収納力が必要か、どの程度の大きさの本棚が置けるかを考え、その後に最重要視するポイントを考えるのがおすすめです。

本棚の通販ならこのショップがオススメ

本棚王国

キャスター式やスライド式・回転タイプ・扉付き…など様々な本棚を扱っており、お部屋にピッタリの本棚を探すことができます。大きな家具なので自宅まで届く通販が買いやすく、価格も抑え目の本棚が多いように感じます。またトップページのギャラリーがとてもオシャレです。

本棚王国はコチラ
ページトップへ戻る