Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイニングテーブル おすすめの厳選12メーカー

ダイニングテーブル おすすめの厳選12メーカー

ダイニングテーブルが欲しいけど、どこで買えばいいのか分からない…と悩んではいないでしょうか。

ニトリやイケア・無印などは定番ですが、どうせならいろいろ見てから決めたいと考えている人も多いはず。

そこでここでは、おすすめのダイニングテーブルのメーカーを紹介します。

おすすめの基準は完全に個人的なものですが、どれも素敵なダイニングテーブルを作っているメーカーです。

実店舗はなかなか見て回ることができませんよね。

でもネットでは様々なダイニングテーブルを見ることができます。

いろんなものを見ると必ず好みのダイニングセットが見つかり、それを元に検討を繰り返していけばお気に入りのダイニングにすることができます。

おすすめダイニングテーブルのメーカー厳選12

高価で良いものを長く使うか、それとも手頃で家計に優しいものを選ぶか。

基準は各家庭ごとに違います。

あくまでも総合的な見解で「我が家に最適なダイニングテーブル」が最善だという意識を忘れてはいけません。

背伸びをするとダイニングだけ浮いてしまい、せっかくの素敵なテーブルが活きません。

では「あいうえお順」で紹介していきます。

オークヴィレッジ

オークヴィレッジ
オークヴィレッジ

「100年使えるモノ造り」をモットーとした、無垢材を使った一生モノのダイニングテーブルを提供するメーカー。

木の味わいを大事にしており、定番はもちろん、特別な一枚板を厳選して造る逸品のカスタムメイドまで手掛けています。

2008年に「Swallow(スワロー)チェア」でグッドデザイン賞を受賞。

価格は少し高めですが、長くいいものを使いたい人に向いています。

家具蔵

家具蔵
家具蔵

人の暮らしに馴染む木の家具を作るメーカー。

原木の状態から購入し、「木目もデザインの一部」と捉えてデザインする徹底ぶりが魅力。

木の風合いを活かした仕上げで、長く使えるテーブル作りにこだわった姿勢がうかがえます。

柏木工

柏木工
柏木工

岐阜県高山市にある老舗木工メーカー。

昭和18年創業という歴史と伝統があり、飛騨高山を代表する会社です。

独自の味のあるテーブルやチェアを作っており、老舗ながら今風なオシャレなデザインが魅力。

乾燥工程から自社で行うほど天然木にこだわっておりますが、価格は若干高めです。

カリモク家具

カリモク家具
カリモク家具

「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」というのが合言葉。

定番ですが作りは非常に良く、種類も豊富。

ショールームは全国にあるので実物を見るのにも困りません。

大手ですが低価格帯ではなく良い物を長く使えるような家具が魅力です。

カンディハウス

カンディハウス
カンディハウス

北海道旭川にある1968年創立の家具メーカー。

作り手としての意欲の高さが感じられるブランドで、実力のあるデザイナーと組み世界に様々な家具を送り出しています。

技術力・デザイン力ともにハイレベルで、長くいいものを使いたい人に向いています。

高価格帯で一生モノを検討している人向け。

北の住まい設計社

北の住まい設計社
北の住まい設計社

北海道東川町にある無垢材の家具のブランド。

1977年に設立された歴史あるメーカーで、「次の世代に引継ぐ道具」を作り続けています。

素材の仕入れから仕上げまでを全て自社で行っており、一生モノの良いテーブルを提供してくれます。

CRUSH CRASH PROJECT

CRUSH CRASH PROJECT
CRUSH CRASH PROJECT

関家具のデザイナー・商品企画開発チームが手がけるデザインプロジェクト。

「やさしい」「楽な」「簡単」をテーマにした、ナチュラルでシンプルな「Eazy Life」シリーズや、古材のもつ独特の空気感を活かした「Knot antiques」シリーズなどが人気。

価格も割と手が出しやすいです。

TRUCK

TRUCK
TRUCK

木の素材感を大事にした、素朴な雰囲気の家具が魅力。

大阪にあり、一軒の工房からスタート。

温かみがあり風合いの良い無垢のテーブルは必見です。

高価ですが一生モノが欲しい人に最適。

飛騨産業

飛騨産業
飛騨産業

「キツツキマークの木製家具ブランド」として有名な、飛騨高山の老舗家具メーカー。

設立は1920年で、約一世紀という歴史があります。

日本の家具生産を代表する岐阜県高山市にあり、飛騨の匠を受け継ぎながら2014年にはグッドデザイン賞も受賞。

確かな技術と木を愛する心が飛騨産業の歴史に刻まれています。

価格帯はちょい高めです。

MOMO natural

MOMO natural
MOMO natural

「Simple & Natural」がコンセプトのインテリアショップ。

岡山県にある創業50年を超える老舗メーカー「脇木工」による展開ブランドです。

歴史のある技術力と木の素材感を活かしたナチュラルな家具は、若い女性を中心に人気が広まっています。

モリタインテリア

モリタインテリア
モリタインテリア

「お客様に永く愛用していただける家具を造りたい」という思いで始まった、1950年創業の老舗メーカー。

一貫して国内生産にこだわり、塗装・組立て・仕上がりチェック・梱包・発送にいたるまで福岡の工場で行っています。

木の素材感とモダンさを融合させた今風のダイニングテーブルが多く、高価ながら長く使える作りの良さが魅力です。

ワイス・ワイス

ワイス・ワイス
ワイス・ワイス

人と自然の関係を結び直す家具作りを軸に家具を作る東京にある家具メーカー。

1996年設立という新しいメーカーながら、2012年グッドデザイン・ものづくりデザイン賞を受賞。

「心地よさの本質を考える」「次世代のことを考える」「もの、こころを大切にする」という3つの企業理念があり、国産材にこだわっているのも安心感があります。

まとめ

厳選しておすすめメーカーを紹介してきましたが、好きなテイストはあったでしょうか。

ダイニングは家族との思いでを共有する大事な場所。

素敵なダイニングテーブルで囲む食事は長く記憶に刻まれますよね。

高価なものは作りは良いですが、だからと言ってあなたの家庭に最適とは限りません。

家族みんなで良い思い出を作ることができる、そんなテーブルが最適なテーブルと言えるのではないでしょうか。

価格を抑えるならこのショップがオススメ

ダイニングのインテリアを創造する|ダイニング王国

様々なダイニングセットを取り扱っており、テーブル・チェアはもちろん、ベンチ・ソファなどの単品も。離島以外なら送料無料のようで、本州以外の人には嬉しいところ。価格的に手ごろなラインを主に取り扱ってるようで、手が出しやすいセットが多いのも魅力。トップページのギャラリーがとてもオシャレです。

ダイニング王国はコチラ
ページトップへ戻る