Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ラグ 5つのタイプ別おすすめと失敗しない選び方

ラグ 5つのタイプ別おすすめと失敗しない選び方

ラグの種類が多すぎてどれにすればいいか決められない…と思ってはいないでしょうか。
単におしゃれな見た目だけで選ぶなら決めやすいものの、機能性や価格などいろいろあるので迷ってしまいますよね。

そこでここでは、5つのシチュエーションに分けておすすめのラグを紹介しようと思います。
ちなみにラグもカーペットも基本的には同じようなものですが、ラグは狭い範囲・カーペットは広い範囲というイメージです。

スポンサーリンク

あなたにピッタリのラグはコレ!

あなたの状況に合わせたおすすめを考えてみます。
どんなに高価なラグでも、おしゃれなラグでも、あなたにとって使いにくかったら意味がありません。

そこで次の5つに分けて考えてみようと思います。

季節性
赤ちゃんや小さな子供
素材や生地
見た目重視
一人暮らし

それぞれの季節におすすめのラグ

ラグは足元の体感温度を大きく左右するので、季節で変えるというのもおすすめ。
家具の下になっているカーペットなどはなかなか簡単に変えれませんが、家具さえ乗っかってなければ季節で変えてみるのもいいですよね。

見た目や色でも暖かい・涼しいという感覚は違ってくるので、季節に合ったラグを敷くととても快適に過ごすことができます。
逆に季節ごとに変えるつもりがないなら、オールシーズン使いやすいラグを選ぶと失敗も少なくなります。

オールシーズン使いやすいラグ

季節を問わず使いやすいラグというと、どうしても無難な選択になってしまいますよね。
毛足が長いと夏暑そうだから、短めで。
ブルー系は冬寒そうだし、ブラウン系は夏暑そうだから、無難なベージュ系で。

オールシーズンを考えると、四季のはっきりしている日本では無難な選択を意味します。
そこでおすすめなのが次のラグ。

オールシーズン活躍する機能性ラグ
pavey(パヴィ)

ベースにメタル素材を使っている機能性ラグ。
暖まりやすく冷えやすい特性があり、夏場は冷房の冷たい空気によって温度が下がり、冬場は暖房やホットカーペットの熱で暖かくなりやすいという、まさにオールシーズン向けのラグです。

年間通して使えるので、消費電力を抑えることができるエコな側面もあります。
13mmという使いやすいパイルも通年で使いやすい秘密。

難点は価格がやや高い点と、種類が少ない点。
その両方がクリアできるなら、まさに一年中あなたのお部屋の床を彩るたのもしい存在になってくれるはずです。

オールシーズン活躍する機能性ラグはこちら

夏場におすすめのラグ

夏場におすすめのラグのポイントは「視覚的」「肌触り」という2点で「涼しさ」を感じることができるもの。
両方そろっていればベストですね。

涼しさ満点の「い草マット」
緑夏(りょくか)

まさに「夏仕様ラグ!」というのが、い草を使ったラグ。
見た目にも涼しさが満点で、触り心地もベタベタせず快適。

和風な感じは当然ですが、思いのほか洋室にも似合うもので、フローリングにポンッと敷くだけで雰囲気がとっても良くなりますよね。

また、い草による空気浄化作用や調湿作用も夏にピッタリ。
癒される「い草の香り」がほのかに漂い、お部屋が夏でも快適な空間になりそうですね。

座っても痛くないよう少し厚みがあるものが多く、ゴザよりはかなり座り心地がいいですよ。

おすすめのい草ラグはこちら

冬場におすすめのラグ

冬におすすめなのは、やっぱり暖かいラグです。
特にフローリングはとっても冷たくなって足がカチカチに冷えてしまうので、ラグは必須と言えますよね。

フローリングの冷たさを回避でき、見た目にも暖かさを感じるラグが冬には向いています。
それを大きく左右するのが糸の長さ、つまり「シャギー」です。

長いシャギータイプは見た目にも触り心地にも暖かく、冬場にはもってこいのラグ。
ただ掃除機がかけにくいので「防ダニ加工」がされているものがおすすめ。

冬場は乾燥しがちですが、加湿器などで思いのほか湿度が高かったり、そもそも寒いので換気をあまりしないですよね。
なので防ダニのついてるシャギータイプがおすすめ。

シャギーの長さ別に3つを紹介します。
全部ホットカーペット・床暖対応&防ダニ加工付きのラグですよ。

50mmのロングパイルシャギーラグ
Premina(プレミナ)

50mmという長いシャギーが魅力のラグ。
空気を含む量が増えるのでより暖かく、触り心地からも暖かみが伝わります。

ロングシャギーは見た目がゴージャスに見えるので、どことなく高級感のある雰囲気になるのも嬉しい点。
サイズ・色など30種類から選べるようなので、あなたのお部屋のインテリアにピッタリなのが見つかるはずです。

50mmのロングパイルシャギーラグはこちら

35mmの程よいシャギーラグ
CROY(クロイ)

こちらは35mmという長さのシャギーラグ。
シャギーの暖かさ・ゴージャスさが十分ありながら、程よく使いやすい長さが魅力ですね。

こちらは6サイズ×8カラーもあり、種類はさらに多いです。
50mmより掃除機がかけやすいので、気になるなら35mmくらいのほうが使いやすいかもしれません。

35mmのシャギーラグはこちら

18mmの使いやすいシャギーラグ
rayures(レイユール)

18mmという使いやすさ重視のシャギーラグ。
掃除機もかけやすく、お掃除ロボットにも対応しています。

短かくても気持ちよさがしっかり出るよう超極細繊維を使っており、暖かさ・気持ちよさはロングパイルに負けていません。
種類はさらに増え、56種類から選ぶことができるようです。

18mmの使いやすいシャギーラグはこちら

赤ちゃんや小さな子供におすすめのラグ

大人はある程度いろんなことに柔軟に対応できるもの。
でも小さな子供や赤ちゃんは、大人のようにうまく対応できません。

なので赤ちゃんがいる、もしくは生まれる予定がある、小さな子供がいるという家庭では、子供に合わせてラグを選ぶのがおすすめです。

子供特有のポイントに意識を向けると、どのようなラグが最適なのかが見えてきます。

とにかくきれいな状態を保ちたい人

ラグは汚れやすい場所にあるので、気を付けないとすぐに汚れてしまいます。
特に赤ちゃんや子供はアレルギー反応が出やすい時期ですよね。

親の体質なども考慮し、肌が弱そう、もしくはアレルギーがあるかも…と思うなら、少しでも清潔さを維持しやすいラグがおすすめ。防ダニ機能やアレルゲンをブロックしてくれる抗菌といった機能性は必須です。

さらに自宅で簡単に洗うことができるラグなら、清潔をキープしやすいですよね。
また、掃除機がかけやすいようパイルの長さは短めが向いており、理想は安心な日本製ラグです。

このようなラグはダイニング用に多く、リビング使いできるデザインのダイニングラグなら、清潔を最も重要視する人に向いてます。ダイニングはリビングより汚れやすいので、それに対応して高機能なモデルが多いのです。

シンプルデザインの高機能ラグ
familia(ファミリア)

機能性重視のダイニング用ラグ。
ただ、色が15色と豊富でサイズにもバリエーションがあるので、リビングで使っても違和感ありません。

ポイントは何といっても豊富な機能性。
防ダニ・抗菌はもちろんのこと、はっ水・防汚・防炎・制電機能までついており、とても衛生的に使うことができます。
日本製なのも嬉しいポイントです。

シンプルデザインの高機能ラグはこちら

ストライプがおしゃれな洗えるラグ
will(ウィル)

こちらはライン柄がモダンでおしゃれな機能性ラグ。
ダイニング用ではありませんが、防ダニ・抗菌機能に加え、自宅で洗える(手洗いのみです)のがポイント。

また、こちらも日本製なので安心ですよね。
3サイズ×2カラーから選べるようです。

ストライプがおしゃれな洗えるラグはこちら

やんちゃな子供・赤ちゃんがいる

子供は基本的にやんちゃですが、清潔さより「見た目のキレイさ」を意識するのも大事なポイント。
アレルギーなどの心配がなさそうなら、健康面で「清潔に保つ」よりも、見た目を「きれいに保つ」ことを意識してもいいのではないでしょうか。

お水ならまだしも色のついたジュースをこぼしたり、トイレトレーニングではおしっこを漏らしてしまうことも必ず出てきますよね。また、子供・赤ちゃんは大人より嘔吐しやすいので、はっ水に加えてウォッシャブル機能もついてると嬉しいですね。

アパートやマンションならやんちゃな子供の足音対策も大事。
音を下の階に少しでも響かせないようにするラグも子供のいる家庭におすすめです。

はっ水・ウォッシャブル機能がついたラグ
Repewell(レペウェル)

はっ水・ウォッシャブル機能で見た目をキレイに保てるラグ。
フランネル生地なので触り心地もよく、厚みもあるので防音を考えてもおすすめ。

色やサイズも豊富で、デザイン性・機能性にバランスの取れたラグですね。

はっ水・ウォッシャブル機能がついたラグはこちら

防音機能なら低反発+高反発の機能性ラグがおすすめ
低反発高反発フランネルラグマット

防音には声やテレビ音などを遮るものと、足音や物を落としたときに出る衝撃音を防ぐものがあります。
床に敷くラグでは、後者の「足音を防ぐ」というのが、特に小さな子供のいる家庭では重要ですよね。

このラグは高反発素材と低反発素材を合わせた機能性ラグ。
衝撃を吸収する低反発素材が表面に、さらにその衝撃を下に伝えない高反発素材が裏面に。

二重構造により、床衝撃音テストで「聞こえない」「上階の気配をまったく感じない」というLL7等級を取得しています。

やや高いのが難点ですが、近所トラブルはとても肩身が狭くなるので、先手を打って対策したいところですね。
小さな子供のいる家庭で使うという前提なので、それ以外にも子供にやさしいポイントが多いのも嬉しいところです。

低反発+高反発の機能性ラグはこちら

素材でおすすめのラグ

素材はいろんな側面に影響しますが、細かい違いを気にするより「ふかふか」「ふわふわ」といった触り心地を気にする人が多いはず。
ふかふか・ふわふわなラグの素材・生地でおすすめなのは、やっぱりマイクロイファイバー素材。
他にはアクリルも気持ちいい素材ですよね。

マイクロファイバー素材のおすすめラグ

やさしいマイクロファイバーシャギーラグ

20mmのマイクロファイバー素材が「ふかふか」で気持ちいいラグ。
つい頬ずりしたくなるような、つい手で撫でてみたくなるような、見た目からそんな雰囲気がムンムンですよね。

カラーは4色ですがサイズがとっても豊富なようで、お家のラグを統一させるにもピッタリ。
価格もお値打ちで、総合力の高いラグと言えそうですね。

マイクロファイバー素材のラグはこちら

アクリル素材のフェイクファーラグ

Rojye(ロジェ)

アクリル100%の「ふわふわ」な触り心地が魅力のラグ。
手触りも足触り(?)も見るからに気持ちよさそうです。

円形・正方形・長方形とサイズが豊富で、いろんな機能性もついてる優れもの。
特にファーは火が怖い素材なので、防炎機能はとっても嬉しいところですよね。
タバコを吸う人も、安心感が違います。

アクリル素材のフェイクファーラグはこちら

見た目でおすすめのラグ

見た目は完全に好みの範囲ですが、そもそも個性的なラグを敷きたい人はすでにイメージができていると思います。

・真っ赤なアクセントになるラグ
・毛足が長くて豪華な雰囲気のラグ

なので個性的すぎず、お部屋をおしゃれに彩ってくれるラグを紹介しようと思います。

アースカラーが落ち着く雰囲気を演出

Mare(マーレ)

ラグで一番大事なのはやっぱり色味ですよね。
原色に近い色は印象が強いので、アースカラーだとお部屋が落ち着いた雰囲気になります。

アクセントというよりは、周りと同調するような、インテリアに溶け込むような色合いが魅力。
それでいて程よい長さのミックスシャギーなので、おしゃれな感じが存分に出ますよね。

アースカラーが落ち着くラグはこちら

モダンさを演出するならコレがおすすめ

JOSS(ジョス)

ナチュラルな雰囲気よりモダンっぽさを出したいならこっちのほうがおすすめ。
似た色どうしじゃないミックスシャギーなので、より洗練された都会的な雰囲気が出ます。

4色あるようなのでアクセントにすることも。
シャギーの長さもちょうどよく、高級感やこだわりを感じるラグですね。

モダンさを演出するラグはこちら

柄を取り入れるならコレがおすすめ

CROSSE(クロッセ)

色味に加え「柄」で表情をつけたいなら、このようなシンプルなライン柄がおすすめ。
当たり障りなく、それでいてしっかり「味」が出ていますよね。

デザイン的にはモダンな雰囲気に合いそうですが、毛足が長くふわふわしているので、ナチュラルなやさしい雰囲気にも溶け込んでくれそう。
フローリングだけだとシンプルでいいのですが、やや殺風景になるので、このような柄の入ったラグをポンと敷くだけで雰囲気は断然よくなります。

シンプルなライン柄がおしゃれなラグはこちら

アジアンなお部屋にはアジアンな柄

Farsi(ファーシ)

アジアンな雰囲気のインテリアなら、濃いめのラグがよく似合います。
さらに柄をアジアンなものにすれば、ラグでアジアンテイストを主張できますよね。

おすすめの柄はやっぱり「象さん」。
東南アジアや南アジアでは、象は特別な存在。
子供っぽくならず、あくまで大人っぽいアジアンを主張する「象柄」のラグってなかなかありませんよね。

このラグなら独特なアジアンテイストを主張しつつ、子供っぽさがありません。
さらに周囲が濃いめながら中央は明るい色なので、インテリアになじみやすく暗い印象になりませんよね。

ワンポイントでアジアンを主張できるおすすめアイテムです。

アジアンな象柄のラグはこちら

一人暮らしにおすすめのラグ

ひとり暮らしでは、自分の好きなインテリアに没頭できる嬉しさがありますよね。
好きなデザインに、好きな色に、好きな素材にしていいのです。

でも逆に選択肢が増えることで、どんなラグにしようか決めかねてしまうという事態もよくあること。
そこで一人暮らしのシチュエーションにおすすめのラグを紹介しようと思います。

安さとデザイン性を兼ね備えたラグ

さらふわシャギーラグ

ラグを敷くなら、当然おしゃれなほうがいい、触り心地がいいものがいい、長時間座っても痛くならないものがいい。
といっても品質と価格が比例するのは世の常です。
いいものは高くなるので、どこかを妥協しなければ単に高くて高品質なラグを選ぶという単純なものに。
ひとり暮らしならできるだけ出費は抑えたいところですよね。

このラグは、トータルでとってもコスパが高いのが魅力。
低価格というのを基準に、それでいておしゃれで気持ちいいラグです。

またお部屋の広さに制限が出やすい一人暮らしにも合うよう、サイズがとっても豊富。
カラーも12色もあり、18mmの程よいシャギー感がとってもおしゃれに演出してくれます。

何より安いです、このラグ。
185cm×290cmという大きなものでも、1万円しないんですよ。
厚みが少ないとか滑り止めがついてないなどの難点はありますが、価格で選ぶならコスパ的にとってもおすすめです。

コスパ抜群のシャギーラグはこちら

こたつを使うなら厚み+シャギー

“もっと”ふかふかマイクロファイバーの贅沢シャギーラグ

ひとり暮らしではダイニングテーブルなどは置けないので、こたつローテーブルが中心になると思います。
食事も勉強もパソコンも、すべてローテーブルでこなすという人も少なくないはず。

こたつは光熱費を抑えつつとっても暖かいので、一人暮らしにはピッタリ。
そんなこたつに合わせるなら、少し厚みがあって暖かいものがおすすめです。

このラグは20mmという厚手のウレタンフォームを使っているので、長く座っても痛くなりにくいのが魅力。
パイルも20mmあって触り心地もよく、なにより暖かい空気を含みやすいのでとても暖かいです。

サイズは4種類しかありませんが、12色&低価格ということで一人暮らし向けのラグと言えます。
ミックスシャギーなので、見た目にもとてもおしゃれですよね。

厚みがあってこたつ向きのラグはこちら

まとめ

ラグはいろんなショップ、いろんなブランド、いろんなメーカーがあり、漠然と「ラグがほしい」と考えているだけでは選択肢が多すぎて決めるのが難しくなってしまいます。

・自分に合うラグはどのようなものか。
・好きなデザインはどのようなものか。
・好きな色にすべきか、お部屋に合わせるべきか。
・どんな機能性が必要なのか。

いろいろ悩むかもしれませんが、そんなこともラグ選びの楽しさの一つではないでしょうか。

ページトップへ戻る