Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

室内犬に向いてるソファー 3つの条件

室内犬に向いてるソファー 3つの条件

ソファーを選ぶとき、もしワンちゃんを飼っているなら犬にとっても優しいソファーを選びたいものです。

人間が座るソファーは室内犬にとっては高く、ジャンプしなければ乗れませんよね。

若いうちはいいのですが、年齢を重ねればその積み重ねによる腰の痛みが出てきます。

特に最近人気のダックスなどは、腰ベルトしなければ歩けないほどに。

そこでここでは、室内犬にとって良いソファーとはどのようなものかを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

すべては愛情から

ペットは飼い主の方針に従わなければいけないので、ソファーに上らせないという家庭もあると思います。

個人的には少しワンちゃんが可愛そうに感じますが、腰をいたわるために上らせない場合もありますし、それは飼い主が決めること。

でももしワンちゃんの健康を考えるなら、ワンちゃんに合うソファーを置きたいものです。

ワンちゃんにも飼い主にも優しいソファーとは

ではどのようなソファーだと、ワンちゃんにも飼い主にもメリットがあるのでしょうか。

ポイントは次の3つです。

  1. 大きくジャンプしなくても上れる高さ
  2. お手入れのしやすいソファー
  3. 傷んでも気にならない価格帯

一つずつ考えてみます。

大きくジャンプしなくても上れる高さ

やはり真っ先に考えるべきは高さですよね。

一日に何回も何回も飛んで上ることで、そのダメージが徐々に蓄積されていきます。

犬の大きさにもよりますが、小型犬ならやっぱり15cm前後ぐらいの高さに抑えたいところ。

ほぼ横に移動するのと変わらない高さなので、腰への負担は大きく軽減されます。

お手入れのしやすいソファー

これは飼い主に影響します。

犬の種類によっては毛が抜けるタイプだったりしますし、女の子なら生理もあります。

また、汚れた足でも気にせず上りますよね。

お手入れのしやすさを考えればレザー(合皮)素材がベスト。

水拭きできるのが非常に大きな点です。

抜けた毛も絡まりにくくサッと集めることができますよね。

ファブリック素材だと掃除がしにくく、水分は簡単に染み込んでしまいます。

カバーリングタイプなら自宅で洗濯できるのは魅力ですが、やはり水拭きできるかどうかが大きな差に。

総合的にはレザーが使いやすいように感じます。

傷んでも気にならない価格帯

室内犬、特に若いころはどうしても家具をかじってしまう可能性があります。

もちろん噛まないようにしつけすることは大事ですが、それでもやっちゃうこともありますよね。

高価なソファーだと飼い主の精神的ダメージが非常に大きくなります。

なのでワンちゃんに必要以上に厳しく言い聞かせたり、ワンちゃんの行動に敏感になったりし、全くリラックスできず何のためのソファーなのか分からなくなります。

それならいっそのこと傷んでも気にならないコスパの良いソファーを置くのも一つの手です。

当然座り心地やデザインなどは価格相応かもしれませんが、ワンちゃんに神経質になることもなく、逆にリラックスできるかもしれません。

多少汚されても気になりませんし、ワンちゃんもより伸び伸び生活できます。

「低い・安い」おすすめレザーソファー

高さが低く価格も安い、そんなレザーソファーでおすすめなのがコレ。

「低い・安い」おすすめレザーソファー

そもそも室内犬との暮らしをコンセプトにされたソファーで、様々なメリットがあります。

前述の3つの条件はしっかりクリア。

それでいて人間も座りやすい広々した座面や、お部屋をスッキリ開放的に見せるスマートなデザインも好印象。

シンプルなデザインなのでどんなお部屋にも合いそうですよね。

まとめ

ワンちゃんは飼い主の横に居たいと考えるので、飼い主がソファーに座ってればやっぱりソファーに上がりたいもの。

室内犬との暮らしでは高価なものより替えの利くコスパ重視のほうがおすすめ。

10万円のソファーを10年使うより、2万円のソファーを2年ごとに買い替えるほうがメリットは大きいと言えます。

紹介したフロアソファーはこちらです

ソファーの通販ならこのショップがオススメ

ソファーの通販専門~ソファー王国

このショップはとても分かりやすく見やすさを重視しており、価格や梱包サイズ・在庫などソファーを購入するときに知りたい情報が見やすくまとまっています。送料込のソファーがほとんどで価格も抑えることができそう。トップページのギャラリーもおしゃれです。

ソファー王国はコチラ
ページトップへ戻る