Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ソファー 脚なしと脚ありを選ぶべき家庭環境とは

ソファー 脚なしと脚ありを選ぶべき家庭環境とは

ソファーを選ぶ際、脚なしにするかどうか迷うときがありますよね。脚があるかいないかで、デザインはもちろん様々なことが変わってきます。

このページでは脚のありなしによるメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

脚なしのメリット・デメリット

まず脚なしについて考えていきます。ソファーに脚がないと次のようなメリット・デメリットがあります。

脚なしによるメリット

脚なしのメリットは

  1. 荷重が分散される
  2. 見た目に安定感がある
  3. 掃除が楽

こんな感じでしょうか。まず置く場所が畳の場合、脚ありだと畳がへこみます。脚なしにして荷重を分散させないと大きく痛めてしまうので注意が必要です。

見た目の安定感は脚なしのほうがあると言えます。脚があっても不安定というわけではありませんが、全体重を預けるソファーなので見た目の安定感は大事ですよね。

掃除に関しては少し微妙ではないかと思います。私のようなずぼらな人間なら脚がなければソファーの下は掃除しなくてもいいと思ってしまいますが、どうでしょうか…。

脚なしによるデメリット

脚なしのデメリットは

  1. 重々しい雰囲気になる
  2. 移動しにくい
  3. 掃除しにくい

などでしょうか。

重々しさや重厚感はお部屋の雰囲気によって変わるので、デメリットかどうかは分かりませんね。重厚な雰囲気のお部屋にはメリットに、ポップなお部屋にはデメリットになるかもしれないというレベルです。

模様替えなどの場合、脚なしのほうが移動が大変かもしれません。特に床を傷つけないように動かすなら、床に触れてる面積が少ないほうがいいので十分気をつけましょう。ソファーの下に毛布などを入れれば移動させやすいのでオススメです。

脚ありのメリット・デメリット

今度は脚ありについて考えてみます。

脚ありによるメリット

脚ありのメリットは

  1. 通気性がいい
  2. 掃除がしやすい
  3. 意外な収納ができる
  4. おしゃれに見える

この辺でしょうか。

ソファーと言えど暑い夏も座るので通気性は大事。また脚があるので掃除は楽と言えます。意外と使えるのが収納スペースとしての使い方。かごを利用して細かいものを置いておくことができるので重宝します。脚ありだとスラッと見えるのでおしゃれ感は高くなりますね。

脚ありによるデメリット

反対にデメリットは

  1. ほこりがたまる
  2. 物が入り込む
  3. 猫や犬が入る

こんな感じでしょうか。

ほこりがたまるのはデメリットですが、掃除はしやすいと言えます。きれい好きの人は脚がなくてもソファーの下を掃除したくなるようなので、きれい好きの人にとっては大きなデメリットではないのでしょうか。

物が入り込むのは特に小さな子供がいると大変そうです。猫や犬も屋根のある場所が好きなので入りやすいですよね。下にワンちゃんが寝てたらリラックスして座れないかもですね。

まとめ

脚のありなしによるポイントは、お部屋の雰囲気や性格・環境などによって大きく変わります。ある人にはメリットでもある人にはデメリットになることも。自分の性格やお部屋の雰囲気にマッチするかを考えることが大事ですね。

ソファーの通販ならこのショップがオススメ

ソファーの通販専門~ソファー王国

このショップはとても分かりやすく見やすさを重視しており、価格や梱包サイズ・在庫などソファーを購入するときに知りたい情報が見やすくまとまっています。送料込のソファーがほとんどで価格も抑えることができそう。トップページのギャラリーもおしゃれです。

ソファー王国はコチラ
ページトップへ戻る