Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ソファーベッド タイプ別おすすめとメリット・デメリット

ソファーベッド タイプ別おすすめとメリット・デメリット

お部屋のスペースを有効に使えるソファーベッド。
一人暮らしの人や実家暮らしの人、来客用のベッドにしたい人、お昼寝ベッドにしたい人…などにおすすめですが、実は意外と種類が多いのをご存知でしょうか。

最も一般的な背もたれをリクライニングしてフラットになるタイプの他に、スツールを自由にレイアウトできるタイプや、ソファーの前方に展開するタイプ、すのこを引き出して広げるタイプなど、思いのほか種類がありいざ欲しいと思った時にけっこう迷うものです。

そこでここでは、いろんなタイプ別におすすめのソファーベッドを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ソファーベッドの存在意義

と、その前に、ソファーベッドという家具について。
意外と中途半端なイメージのあるソファーベッドは、万人に向けた家具ではありません。

ソファーにしろベッドにしろ、必要と感じる人もいれば不要と感じる人もいます。
その割合、つまり「ソファーベッドは必要か」ということを考えた時に「そこまで必要ない」と考える人の割合が他の家具に比べて高いので、どうしても中途半端なイメージに感じるのではと思います。

ソファーベッドの弱点

ではなぜ「そこまで必要ない」と考える人が多いのでしょうか。
大事なポイントは「ソファーとしての座り心地とベッドとしての寝心地」にあります。

座り心地と寝心地は、必ずしも同じではありません。
座り心地がいいからって寝心地がいいとは言えず、その逆も然り。

なのでどうしても中途半端な作りになりやすく、座ってもまずまず、寝心地もまずまず、こんなソファーベッドが多くなってしまうのです。

ソファーベッドのメリット

とは言え、ソファーベッドが必要だと感じる人も多くいます。
当然ソファーベッドにもメリットがあるからですね。
その代表はやっぱり「スペースを有効に使える」という点にあります。

ベッドとしての設置スペースだけでソファーとしても使えるので、座り心地や寝心地などはとりあえず置いといて、物理的に省スペースになるのは間違いありません。
布団を収納するスペースが必要だったり、展開するスペースが必要だったりしますが、なんだかんだ言って狭い空間を有効に使うことができるのです。

問題はメリットよりもデメリットにあり、そのデメリットをデメリットに感じない人にとっては非常に有効な選択肢になるのです。

ソファーベッドがおすすめな人とは

ソファーベッドのデメリットをデメリットに感じない人。
その代表は「若い人」です。
体に柔軟性があり、筋肉量も多く柔らかいため、多少の寝心地の悪さや座り心地の悪さを苦にしない人が多いです。
極端な場合、毎日ソファーで寝るという若者も意外と多く、それと比べればソファーベッドの寝心地はむしろいいと言えますよね。

一人暮らしの人や実家暮らしの人にとっては、狭いスペースを有効に使えるという最大のメリットを活かすことができます。
それぞれの使い心地には目をつぶり、ソファーもベッドも置きたいという人にとっては、デメリットを気にしないでいることができる理由があります。
また、お昼寝用に手軽にベッドになる(ベッドの大きさになる)ソファーを求める人もいると思います。
小さな子供のお昼寝用にサッとベッドに変わるソファーベッドは、家事をしながら目の届く場所に子供がいる安心感にも繋がります。

来客時の簡易ベッドとして使いたい人もデメリットを軽減できます。
使う回数はあまり多くなく、来客用布団を収納するスペースを別の用途に使うことができます。

どんな物にも必ずデメリットは存在し、そのデメリットが我慢ならないなら使わないほうがいいと言えます。
ソファーベッドに関しても同じで、デメリットがどうしても我慢ならないなら使わないほうがおすすめ。
いくら省スペースになると言っても、後で不満が出てくる可能性があります。

でもデメリットをそこまで感じないなら、逆にメリットを大きく感じることができます。
ソファーベッドはそのような人に向いてる家具と言えそうですね。

タイプ別おすすめのソファーベッド

ソファーベッドが自分に向いてそうと感じたとしても、まだ大事なことがあります。
それは「どんなソファーベッドが自分に向いているのか」ということ。

せっかくソファーベッドの恩恵を最大限に受けることができても、自分に合っていなければその恩恵は半分になってしまいます。
そこでタイプ別のおすすめを紹介していこうと思います。

長身男性におすすめの収納付きロングソファーベッド

Blitz(ブリッツ)

おそらく一番の悩みどころなのが、ソファーベッドの「ベッドとしての長さ」にあるのではと思います。
一般的なベッド用マットレスの長さは195cmという長さ。
それに対し、ソファーベッドで多いのが「180cm」という長さ。

「ソファーの幅=ベッドの長さ」という形状の場合、195cm幅という非常に大きなソファーで、やっと一般的なベッドの長さ。
それだと使いにくいので、180cmというタイプが多くなります。
でも180cmだと、ちょっと大きな男性の場合すぐに足が出てしまうサイズですよね。

このソファーベッドは、ベッド時の長さが210cmもあります。
210cmという長さはロングサイズのベッドよりも長いくらいのサイズ感。
長身の男性でもゆったり寝る事ができるソファーベッドです。

しかも座面下に収納スペースが付いてるので、大きくなったデメリットを上手く解消することができます。

長身男性におすすめの収納付きロングソファーベッドはこちら

幅を選べるソファーベッド

Luxer(リュクサー)

ソファーベッドは、ベッド時の幅を選べないタイプが多いですよね。
でもシングルじゃなくセミダブルで寝たいと考える人もいますし、彼女(彼氏)が遊びに来たときは二人で…と思う人も多くいます。

このソファーベッドは「ソファーの幅=ベッドの幅」になり、ベッド時はソファーの前方に展開するタイプ。
なので幅をダブル・セミダブル・シングルといった感じで選ぶことができます。

ダブルサイズの幅は140cmが一般的で、ソファー時にも140cmの幅ということなので特に場所をとるということではありません。
むしろ140cm幅のソファーはコンパクトな2Pソファーといったサイズで、省スペースながら大きなベッドにすることができるのが魅力です。

画像はレザー素材ですが、ファブリックタイプもあるようです。

幅を選べるソファーベッドはこちら

おしゃれなソファーベッド レザー編

Madison(マディソン)

パッと見ソファーベッドには見えないモダンなデザインが魅力。
同色のサイドテーブル付きで、使い勝手・見た目ともにワンランク上の存在感があります。

ブラック×ウッドは、アメ車を彷彿させる色使いがとってもオシャレですよね。
ホワイト×ナチュラルは、お部屋が明るく清潔感溢れる雰囲気になりそうです。

ベッド時の長さが180cmなので、長身の人は要注意です。

おしゃれなソファーベッド(レザー)はこちら

おしゃれなソファーベッド ファブリック編

Brave(ブレイブ)

こちらはファブリック素材のおしゃれなおすすめソファーベッド。
グレー×木目はモダンテイストの定番コンビ。
人工的で都会風なグレーに、温かみがあって優しいブラウンの木目がとってもクールですよね。

ファブリックはブラウンとグレーが選べるようですが、圧倒的にグレーがおすすめ。
ブラウンならあえてこのモデルじゃなくても、他にも選びようがあります。

こちらはベッド時の長さが210cmもある大き目サイズ。
長身男性にもおすすめのソファーベッドです。

おしゃれなソファーベッド(ファブリック)はこちら

北欧テイスト・ナチュラルテイストにおすすめのソファーベッド

ecli(エクリ)

カジュアルなパイン材の明るさが際立つソファーベッド。
いかにも北欧・ナチュラルな雰囲気のお部屋に合いそうですよね。

また、ベンチタイプというのもポイント。
特に北欧テイストではスラッとした脚のある家具が多いので、このソファーベッドのような軽やかで明るい雰囲気はピッタリ。

ベッド時の長さは短いように見えてしっかり197cmあり、耐荷重250kgという頑丈なすのこ仕様なのも嬉しいところ。
3人掛けソファーとしても大活躍しそうです。

北欧テイスト・ナチュラルテイストにおすすめのソファーベッドはこちら

まとめ

ソファーベッドは、上手く使えばスペースを有効に使える優れた家具。
しかも最近ではインテリア性も非常に良くなっており、パッと見ただけではソファーベッドに見えないおしゃれなものも多いです。

ただ、デザインだけで選んでしまうと後で不満が出てくるので、どのようなタイプが自分に向いているのかを熟考することが大事。
ベッド時の長さは寝やすさに大きく影響するので、特に男性は必ず確認したいポイントと言えます。

ページトップへ戻る