Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイニングテーブルと椅子の高さのバランス|簡単な算出方法を紹介

ダイニングテーブルと椅子の高さのバランス|簡単な算出方法を紹介

ダイニングテーブルの高さと椅子の高さは、どれくらいがバランスがいいのか悩んではいませんか?

外食の時に「なんか座りにくいなぁ」「なんか食べにくいなぁ」と感じたことがある人も少なくないはず。

その多くは天板の高さと椅子の座面高のバランスが悪いからです。外食ならそのお店に行かなければいいだけですが、自宅のダイニングテーブルがそんな状態だとちょっと悲しいもの。

そこでこのページでは簡単に最高のバランスが分かる算出方法を紹介します。

スポンサーリンク

差尺(さじゃく)とは…

テーブルと椅子の高さのバランスを考えるときに、切っても切れないのが「差尺」という言葉。簡単に言うと「椅子の座る面の高さ(=座面高)と、テーブルの天板の高さの差」です。

イメージしてみてください。座った時にテーブルが高すぎると、肘・肩が上がってしまい、食事を終える頃には腕がだるくなっていることでしょう。逆に低い場合はどうでしょうか。脚が動かしにくく、食事と顔の距離が離れているので非常に食べにくいはず。

つまり、テーブルと椅子のバランスの良さは「最適な差尺」を考慮することがもっとも大事なことだと言えます。

差尺の算出方法

では差尺はどのように割り出されるのでしょうか。その計算式を紹介します。

最適な差尺=((身長×0.55)÷3)-2~3cm

一見難しそうですが、なんてことはありません。分かりやすいよう言葉で紹介していきます。

最初の「身長×0.55」は、日本人の平均的な「座高」を出す計算式です。仮に身長が170cmだとすれば「170×0.55=93.5」になり、平均的な座高は93.5cmとなります。

次の「÷3」は、座高を3で割るということ。理由は…、分かりませんがそういう風に決まっているからです…。決まり文句的な感じです。170cmの人の例では「93.5÷3=31.16」となります。

最後の「-2~3cm」も決まり文句と思ってください。例では「28.16~29.16cm」が理想的な差尺ということになります。

具体的なバランスを考える

ダイニングテーブルと家族

差尺の算出方法が分かったとしても、ダイニングテーブルは家族みんなが使うもの。一人ひとり差尺が違うので「じゃあどうする?」とここで詰まってしまいます。大人と子供では体格が大きく違うので平均値を出すわけにもいきません。

商品として売られているテーブルと椅子

いくら最適な高さが出たとしても、ちょうどそのサイズの商品があるかは別。日本で作られている一般的な椅子の座面の高さは40cm前後のものが多く、テーブルは差尺の平均を足した70cm前後の物が多いです。

あえて低くしてリラックス感を出したりといったものもありますが、多くのダイニングテーブル&椅子はこのようなサイズ感になっています。

座面高を基準にする

セットで考えると、まず基準にすべきは「椅子の座面高の高さ」です。「テーブルの高さに座面高を合わせる」と考えがちですが、それだと座った時に足がつかなかったり思いのほか低かったりといったトラブルに。

まずは座りやすい高さの椅子を基準にし、その高さに最適な差尺を足してテーブルの高さを出すというのが正しい順序になります。

座りやすい椅子の高さというのは「深く腰掛けてもかかとがつく高さ」。それ以上高くなると体への負担が大きくなっていきます。この辺まで考えていくと、大人と子供、夫婦間、両親などとの体格差が問題になってきますが、これは総合的な視点で考えることで解決できます。

大きい家族かどうか

子供がある程度大きくなっている家庭、たとえば中学生や高校生ぐらいなら、大人と同じ感覚で考えて問題ありません。確かにまだ身長が伸びる時期ですし、どの程度伸びるかも分かりませんが、そこまで細かく考えてもそれに応えるだけ細かく商品は分かれていません。

どちらかというと「万人向け」の物の方が多いので、そういう場合はみんなが平均的に使いやすそうな高さにすればOKです。

子供がまだ小さい場合

子供が小さな場合は、基本は親に合わせます。子供に合わせたら親が食事できなくなってしまうからです。子供用の椅子を用意したり、大人と同じ椅子で足元に台を置いてあげれば脚がブラブラすることもありません。差尺が大きくて食べにくそうなら、座布団を敷いたりして対応します。

最も利用する人は誰か

両親・夫婦・子供という三世帯で使うという場合もあると思います。そのようなときは誰が最も使うのかを考えるのも大事なこと。全員が万遍なく使うなら大きな人に合わせるのが基本です。

高くはできるけど低くはできない

椅子やテーブルは、何らかの方法で高くすることはできても低くすることは基本的にはできません。椅子やテーブルの脚をカットすればできますが、切ってしまえば元に戻すことはできなくなります。

足元に台を置いたり、座布団を敷いたり、そのようなことで対応できるのは高い場合だけなので、「低すぎる」というテーブルと椅子は致命的になりやすいので注意が必要です。

それぞれ椅子を用意する

ばらばらの椅子

家族の体型が大きくばらついてるなら、テーブルの高さを一番大きな人に合わせて決め、椅子をそれぞれの身長に合わせるのも一つの方法です。

天板の高さはそれぞれ変えることができませんが、椅子の高さは変えることができます。その場合、天板に下にすべて収納できるか、隣の人と椅子がぶつからないかなどしっかり検証することが大事です。

海外のメーカーに注意

海外製のダイニングテーブル

最初から日本人が使う前提で作られたものは大体平均的な日本人のサイズに合っています。しかしながら海外製のものは違います。体格のいい外人のサイズに合っている場合もあるので、実際に座って感覚を確かめることが必要。

例えばテーブルの高さなどは、日本人向けは平均70cm前後と紹介しましたが、海外製のテーブルは75cmを超えるものも珍しくありません。この5cmの差は相当大きいものです。

体格の差や靴を履いて家に上がる生活習慣の違いがあるので、ただオシャレだからという理由で購入するとそういう落とし穴があるので気をつけましょう。

理想は実際に座って確かめること。お店で実際に座ってみるときは、できれば靴を脱いで座るのがベストです。自宅では靴を履きませんよね。

外食時もそうですが、高さのバランスが合っているときはなにも感じないというのが印象なはず。「バランスがいい!」とはあまり感じなく、どちらかというと「違和感がない」と感じます。逆にバランスが悪いと「何かぎこちない」「食べにくそう」と感じるものです。

まとめ

自作するなら別ですが、実際には高さの選択肢の範囲は限られています。でもほんの1cmの違いで感じ方は大きく変わるので、少しでも家族全員が心地いい高さにしたいものですね。

ダイニングセットの通販ならこのショップがオススメ

ダイニングのインテリアを創造する|ダイニング王国

様々なダイニングセットを取り扱っており、テーブル・チェアはもちろん、ベンチ・ソファなどの単品も。離島以外なら送料無料のようで、本州以外の人には嬉しいところ。価格的に手ごろなラインを主に取り扱ってるようで、手が出しやすいセットが多いのも魅力。トップページのギャラリーがとてもオシャレです。

ダイニング王国はコチラ
ページトップへ戻る