【子供ベッドのダニ退治】喘息などアレルギーを軽減する睡眠環境作り

ベッド・寝具
timkraaijvanger / Pixabay
子供が寝ているときに咳き込む…

と悩んでいるママも多いと思います。
子供の喘息やアレルギー反応は、主に夜間や明け方に多いようです。

参考:Q3 夜間や早朝にせきが出ます/日本呼吸器学会

必ずしもベッドや寝具など「睡眠環境」に問題があるからという理由ではないものの、寝ているときの環境も大きく影響しています。
そこで、喘息などのアレルギーが少しでも軽減できるようなベッドのポイントを紹介しようと思います。

ぼくはお医者さんじゃないので、喘息を改善することはできません。インテリアコーディネーターとして、アレルギーの原因を少しでも減らす改善点を紹介します。

喘息の大きな原因

喘息の大きな原因

geralt / Pixabay

子供が喘息になってしまう大きな原因は

  • ハウスダスト
  • ダニ
  • 花粉

といった、生活環境の中に当たり前にある物質によるところが大きいようです。

参考:子供が喘息と言われたら 監修/北村 聖 東京大学医学教育国際協力研究センター 教授

特に睡眠は一日の三分の一、つまり人生の三分の一の時間を寝ているので、やはりベッドの環境をよくすることが大事になりそうですね。
ソファのダニ退治に関しては別記事に書いてありますので、そちらも合わせて参考にしてください。

置くだけでソファのダニを簡単に退治・駆除できるグッズ&自分でできるダニ対策
ソファのダニで悩んではいないでしょうか。家の中でもダニが増えやすい環境にあるソファは、気を付けないとその数をどんどん増やし、やがて人間に害を及ぼします。そこでここでは、置くだけで簡単確実に退治・駆除できるアイテムの紹介と、自分でできるダニ対策を紹介。徹底的に行うことでその数は確実に減っていくはずです。

ベッドに関しては、次の4つに気を付ける必要がありそうです。

  1. ダニ対策
  2. カビ対策
  3. ハウスダスト対策
  4. ペットと一緒に寝ない

1.ダニ退治を徹底しよう

ダニはアレルギー反応を引き起こす代表格と言っても過言じゃないですよね。
死骸になってなお、子供の喘息などを引き起こすと言われてます。

ダニ対策は

  1. 掃除機をしっかりかける
  2. 布団乾燥機を使う
  3. ダニ取りシートを置く
  4. ダニ対策用カバーを使う

といったことが大事。

掃除機をしっかりかける

掃除機がけはハウスダストへの対策にもなるため、基本中の基本。
ダニのエサ(ホコリ・髪の毛・フケ・剥がれ落ちた皮膚など)を減らして増えるのを防ぎ、死骸をできるだけ吸い込むようにしよう

叩きながら吸うダニ用の掃除機もありますが、そこまで極端に効果は期待できません。
あれば助けになってくれるものの、普通の掃除機を入念に掛けるほうがお金もかからず現実的です。

布団乾燥機を使う

ダニは

  • 高温
  • 乾燥

に弱いため、布団乾燥機はとても効果があります
ダニ退治モードがあるタイプも多いため、こまめにかけてあげよう。

最低でも寝る3~4時間前に終わらせないと暑くて寝苦しくなるので気を付けよう。

ダニ取りシートを置く

ダニを寄せ付けて逃げられないようにする「ダニ取りシート」も効果的。
置くだけなので、なにより手軽です。

ダニ対策用カバーを使う

ダニが通過できないほど目の細かいカバー類を使うことで、直に噛まれることがグッと減ります。
ダニは近くにいるだけでアレルギー反応が出てしまうので根本的な改善にはなりませんが、軽減させるにはとても活躍してくれます。

2.カビ対策は清潔&湿気対策がカギ

ベッド周りはどうしても湿気がち。
目に見えない部分に小さなカビが生えてしまうことも珍しくありません。

カビも当然アレルギー反応を起こしてしまう可能性があるため、徹底的に駆除しなければいけません。

  • マメにシーツ交換をする
  • 壁との隙間を少し空ける
  • 空気の入れ替えを行う
  • 通気性のいいベッドを選ぶ

といった対策を徹底しよう。

ベッド周りの湿気を効率よく解消するポイント
ベッド周りの具体的な3つの湿気対策を、インテリアコーディネーターが紹介!ジメジメした気持ち悪い睡眠環境から抜け出すポイントに加え、どんな形状だと通気性が良くカビや湿気に強いベッドなのかを解説!サラッと気持ちよく快眠できるようになります!

3.ホコリは掃除機がけとベッドの高さで対応

ベッドの下や布団の上など、できるだけハウスダストをなくすことが大事。
とは言え、ベッドはホコリが多い場所なので、完全になくすことはできません。
そこで大事になるのが

なるべく吸い込まないようにする

こと。
ホコリは、静かな寝室でも床上30cm未満に多く浮遊しています。

つまり30cm以上の高さに顔がくるようにすることが大事になります。
子供の転落を考えて床に布団を敷いて寝ている家族も多いと思いますが、ホコリに関してはあまり良くありません。

少し高さのあるベッドを用意し、合わせて転落への対策をするのが良さそうですね。

4.ペットは可愛いだけじゃない

ペットの毛でアレルギーが誘発されてしまいます。
可愛いのでいっしょに寝たい気持ちは、特に子供は強いと思いますが、健康面を考えるとあまり良くありません。

また、寝室にペットが入れる家庭では、いっしょに寝ないとしても毛が抜けている可能性が高いので、掃除機を入念にかけたいところ。
入念なトリミングなど、ペットの毛が抜けないようにすることも、間接的にアレルギー対策になります。

子供のアレルギー対策を考えた寝床

子供のアレルギー対策を考えた寝床

StockSnap / Pixabay

アレルギー反応を出さないようにするには、日ごろからアレルゲンを吸い込まないよう気にすることが大事。
毎日の積み重ねがポイントになるので、上で紹介した4つの原因が起きにくい環境にすることが改善の第一歩になります。

そこで子供の睡眠環境を、アレルギー対策の側面で考えてみます。

カビ・ホコリ・ダニに強いベッドフレーム

天然素材の国産ひのきで安心安全のすのこベッド「香凛(かりん)」

すのこベッドにすることで、湿気を逃がし清潔を維持しやすくなります。
カビ・ダニの両方に対策ができますね。
また高さを出すことで、ハウスダストを継続的に吸い込みにくくすることが可能です。

素材にひのきを使っている点もポイント。
ひのきには抗菌効果を持つ物質が多く含まれているため、ダニの繁殖ストップに一役買ってくれます。

カビ・ホコリ・ダニに強いベッドフレーム

メンテナンスしやすいマットレス

折りたためる薄型ポケットコイルマットレス「EVA Air(エヴァ エアー)」

このマットレスは三つ折りできるタイプなので、メンテナンスしやすいのが大きなメリット。
アレルギー対策には清潔さが大事なので、このようなタイプがおすすめです。

そこそこ重さはあるものの、一般的なマットレスより軽量&折りたためるので、天気のいい日に天日干しすることもできます。

メンテナンスしやすいマットレス

ダニ通過率「0%」の寝具カバー

花粉やホコリ対策に!ダニ通過0%の布団カバー「アレルシールド」

カバー類をアレルギー対策しやすいタイプにすることも大事。
このカバーはダニ通過率「0%」という非常に目の細かいタイプ。
直接ダニと触れる可能性が極めて低くなります。

また、目が細かいので掃除機がかけやすく、ハウスダストの発生も抑えてくれます。
シーツ・掛け布団カバー・枕など、肌に触れるものを全て変えることで、メリットがより活きてきます。

ダニ通過率「0%」の寝具カバー

赤ちゃんにも使える安心のダニ取りシート

ベッド・マットレスのダニ駆除に!「やさしいダニ取りシート」

手軽さが魅力のダニ取りシートは、置くだけなので補助的に使うのがおすすめ。
フレーム・マットレス・カバー類を対策し、そのサポートとして使おう。

ソファや他の場所にも使えるので汎用性も高く、アレルギーに悩む家庭なら役に立つアイテムですよ。

赤ちゃんにも使える安心のダニ取りシート

まとめ

咳などの症状が出ないようにするには、何より「清潔」にすることが大事です。
ダニ・カビが繁殖しないようにし、ホコリをしっかり掃除し、ペットとはいっしょに寝ない。

そのような睡眠環境を整えてあげることが、一番の対策と言えるのではないでしょうか。

マットレスやすのこベッドのカビを取る簡単な方法と賢い5つの対策方法
マットレスの裏側や、すのこベッド本体にカビが生えてしまい困ってはいないでしょうか。そういう時は何より黒いポツポツを除去するのが先決。ベッド周りに使いやすいカビ取りスプレーや、再びやられないようにする上手なポイントを紹介しています!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
ベッド・寝具
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました