【裏技あり】長身男性のベッド選び&おすすめのロングベッド3選

ベッド・寝具
Wokandapix / Pixabay
ベッドから足が出る…

という悩みはないでしょうか。
長身の男性にとっては、一般的な布団やベッドだと長さが足りないですよね。

そこで、長身男性が快眠できるアイデアと、おすすめのロングベッドを紹介しようと思います。

長身とは何センチから…?

長身とは何センチから…?

一般的な布団の長さは

  • 敷布団:約200~210cm
  • 掛け布団:約210cm

参考:ニトリで取り扱っている布団のサイズを詳しく知りたいのですが?/ニトリ

対して、ベッドのマットレスの場合は

コイルマットレス:195cm

つまり、敷布団で寝るよりマットレスで寝るほうが寝床が短くなり、長身男性にとっては長さが気になりやすいと言えそうです。

横になった状態では、つま先の力が抜けて「身長+7~8cm」になり、頭をぶつけないようスペースを作る必要もあります。

つま先の力が抜けて「身長+7~8cm」になる

総合的に考えると、ベッドで寝ることに関しては「身長180cm」を超えると長身ということが言えそうです。

ベッドから足が出るときの2つの対処法

ベッドから足が出てしまう時は、次の二つの対処法がおすすめです。

  1. 工夫で長さを出す
  2. ロングサイズのベッドにする

【裏技!?】マットレスを長くする方法

まずはお金をかけないで、工夫で対応しよう。
と言ってもやり方は簡単。

  1. マットレスを足元に10cmずらす
  2. 空いたスペースを何かで埋める
  3. タオルを掛けて隠す

マットレスを足元に10cmずらす

空いたスペースを何かで埋める

タオルを掛けて隠す

たったこれだけです。

ヘッドボードと枕の間のスペースは、なくてはならないスペースですが、実際はそこまで使っているスペースではなく、ぶつからないための「空きスペース」ですよね。
その部分を簡易的に広げ、足元にマットレスをずらすことで長さを簡単に出すことができます。

マットレスがフレームから10cmほど飛び出している状態ですが、その程度なら「しなる」こともなく問題はありません。
足が飛び出さないメリットの方がはるかに大きくなりますよ。

ロングサイズのベッド おすすめ3選

工夫だけではイマイチ納得がいかないときや、そもそも裏技が使えない形状のベッドの場合は、ロングサイズのベッドにするのが確実です。

ロングサイズの収納ベッド

収納付きロングベッド「Roi-long(ロイ・ロング)」

一般的なマットレスよりも11cm長い収納ベッド。
長さが出てベッドが大きくなりますが、その分だけ収納量も増えるため、スペースを取ってしまうというデメリットを帳消しにしています。

ロングサイズの収納ベッド

ロングサイズのフロアベッド

長さが選べる!ロングサイズ設定のあるローベッド「ROSSO(ロッソ)」

こちらは低いタイプのロングベッド。
大きくなるデメリットを「低さ=開放感」で軽減してくれます。
低い寝床なので、足腰の弱い人には不向きです。

ロングサイズのフロアベッド

ロングサイズのソファベッド

レザーソファー×ロングベッド×大容量収納「Blitz(ブリッツ)」

短くて足が出てしまうベッドなら、長さが十分で足が出ないソファベッドのほうが寝やすいかもしれません。
普段はベッドとして使い、来客があるときだけソファにするという使い方もできますよね。
収納もできて使いやすいタイプですよ。

ロングサイズのソファベッド

まとめ

収納付きロングベッド「Roi-long(ロイ・ロング)」
収納ベッド
長さが選べる!ロングサイズ設定のあるローベッド「ROSSO(ロッソ)」
フロアベッド
レザーソファー×ロングベッド×大容量収納「Blitz(ブリッツ)」
ソファベッド
長さ206cm206cm210cm
寝心地
収納ありなしあり
コンセントありなしなし
照明ありありなし
サイズシングル・セミダブル・ダブルシングル・セミダブル・ダブル1種類だけ(ベッド時の幅108cm)
価格目安価格価格価格

ベッドが短いと、足が出たり「くの字」に曲がって寝ることになり、質のいい睡眠ができません。
見た目は少し悪くなりますが、お金をかけなくても工夫次第で長さを出すこともできるので、身長180cm以上の人はこの機会に対策してみよう。

たった10cm長くなるだけで、想像以上に快適になりますよ。

タイトルとURLをコピーしました