【シーン別】ベッドのおすすめ2019年最新版【まとめ】

ベッド・寝具
Hencyx / Pixabay
ベッドを買いたいけど、どれがいいのかサッパリ分からない…

という悩みはないでしょうか。
種類もいっぱいあり、フレームとマットレスの両方を決めるとなると、なかなか大変ですよね。

でも高価な買い物ですし、睡眠という生活の基本を支える大事な家具のため、あまり適当に選ぶわけにもいきません。
そこでインテリアコーディネーターである管理人が、あなたに合うおすすめのベッドを状況に合わせて紹介します。

ちなみにどんな人にも当てはまる大事なポイントが、ベッドのサイズ選び。
お部屋の広さも意識しながら、どのくらいのサイズにしようかを決めよう。
ベッドのサイズ一覧表&各サイズに合う人・お部屋に合う大きさの選び方
ベッドのサイズは、寝やすさはもちろん、お部屋のスペースもいっしょに考える必要がありますよね。そこでこのページでは、総合的にベッドの大きさが決められるよう一覧表や各サイズの詳細、6畳に置いた時のサイズ感などを紹介しています!

【あなたの環境は?】

ベッド選びで大事なのは、どんな環境なのかという点。
一人暮らしなのか夫婦なのかによっても、向き不向きは変わってきますよね。

ベッドを買い替えやすい3つのタイミングに分けて紹介します。

  1. 一人暮らしを始めるとき
  2. 夫婦・カップルで暮らし始めるとき
  3. 子供や家族のベッドを買い替えるとき

1.一人暮らしを始めるとき

特に、地元や実家を離れて初めて一人暮らしをする場合などを想定しています。

【まとめ】一人暮らし向きベッドのおすすめ&選び方【2019年】

【まとめ】一人暮らし向きベッドのおすすめ&選び方【2019年】

一人暮らしに合うベッドの選び方とおすすめを紹介しています。
スペースの制限がきつく、予算もあまり回せない一人暮らしでは、大きくて価格の高いベッド選びは重要なポイントです。

なるほど!狭い部屋を広く使うベッドの選び方と配置のコツ&おすすめ10選

なるほど!狭い部屋を広く使うベッドの選び方と配置のコツ&おすすめ10選

一人暮らしでは、お部屋は狭いことが大半。
でもそんな中に、様々な家具や家電を置く必要がありますよね。
そこに最も大きな家具である「ベッド」を上手く配置するポイントを紹介しています。

マットレスの直置きカビ対策5つ&おしゃれにする2つのポイント

マットレスの直置きカビ対策5つ&おしゃれにする2つのポイント

「一人暮らしでお金がなくてフレームが買えない~!」という人は、最後の手段、マットレス直置き。
でも非常にカビが生えやすい使い方なので、少しでも対策をしたいところです。

洋室(フローリング)で布団で寝る理想的な8つの方法と状況別の対応表

洋室(フローリング)で布団で寝る理想的な8つの方法と状況別の対応表

そもそもベッドを買うお金がないけど、お部屋は全部フローリングの洋室…
という人は、こちらがおすすめ。
セオリーに反する使い方でも、上手く対応すればなんとかなるものですよ。

【2019年版】ソファベッドのおすすめ20選と賢い選び方のポイント

【2019年版】ソファベッドのおすすめ20選と賢い選び方のポイント

お友達や親が泊まりに来たときに困るのが、寝る場所。
ソファをソファベッドにしておけば、掛け布団だけで寝るスペースを確保できます。
小さめなら一人暮らしにも使いやすいアイテムですよ。

2.夫婦・カップルで暮らし始めるとき

夫婦で新しい住まいに引っ越すときや、カップル・同棲さんなど、二人で使うシーンを想定した選び方やおすすめです。

失敗しないクイーンベッドの選び方&2019年版おすすめ5選

失敗しないクイーンベッドの選び方&2019年版おすすめ5選

ダブルよりもワンランク広いクイーンベッド。
でも意外と使っている人も少なく「実際どうなの…?」と思っている人も少なくないはず。
そこでクイーンベッドを選ぶポイントやおすすめを紹介しています。

ダブルベッドは意外と狭い!ツイン・クイーンと比較してみた

ダブルベッドは意外と狭い!ツイン・クイーンと比較してみた

ダブルベッドにするか、それともシングルベッドを二台並べるか…
夫婦の永遠のテーマみたいな悩みを、具体的なメリット・デメリットで解説。
向き不向きもまとめて掲載してあります。

【新婚さんのベッド】一緒か別々か決まらない時に読んでほしい賢い解決方法

【新婚さんのベッド】一緒か別々か決まらない時に読んでほしい賢い解決方法

「大きな一台のベッドか、別々か」という一つ上で紹介したテーマを、特に新婚さんに焦点を当てて紹介しています。
出産や引っ越しなど、新婚さんは環境が変わりやすいため、また違った視点で考える必要がありますよ。

同棲カップルのベッド サイズの選び方とおすすめ2つ

同棲カップルのベッド サイズの選び方とおすすめ2つ

同棲カップルは新婚さんの環境に近いものがありますが、より若い世代を想定。
籍が入っていなくても寝る場所だけは確保しなければいけないので、同棲さんに使いやすい「より安いベッド」を紹介しています。

セミダブルに二人で寝るときの注意点と快眠するための3つのポイント

セミダブルに二人で寝るときの注意点と快眠するための3つのポイント

セミダブルに無理やり二人で寝ているという同棲さんも、意外といるはず。
いわゆる「居候(いそうろう)」という状態ですね。
買い替えが理想ですが、そのままで少しでも快適に寝るポイントを紹介しています。

3.子供や家族のベッドを買い替えるとき

家族みんなの寝室で使うベッドや、兄弟姉妹で使う二段ベッドなど、ファミリーに向けたおすすめを紹介しています。

家族みんなの寝室を最適化するポイント【いろんな連結ベッド】

家族みんなの寝室を最適化するポイント【いろんな連結ベッド】

小さな子供のいる家庭では、一つの寝室でみんなで寝ていることがほとんど。
そんな家族の寝室に使いやすいおすすめベッドを「LIMIA(リミア)」で紹介しています。
選び方も合わせて寄稿していますので、よかったら見てください。

子供用の二段ベッド おすすめ厳選5つ&後悔しない選び方

子供用の二段ベッド おすすめ厳選5つ&後悔しない選び方

兄弟姉妹で一つの部屋で寝られる二段ベッド。
ぼくは小さい頃に使っていて、とても思い出に残っています。
基本的な選び方や機能はもちろん、耐荷重や特徴別におすすめを紹介しています。

二段ベッドのメリット・デメリット&参考にしたい5つの配置例

二段ベッドのメリット・デメリット&参考にしたい5つの配置例

二段ベッドはあまり接することのないものだけに、メリット・デメリットが分かりにくいですよね。
ここでは、二段ベッドの特徴と具体的な配置例を掲載。
6畳や8畳に置いた時のイメージが分かりますよ。

【二段ベッドを大人用に!】3つの大事な注意点とおすすめ4つ+番外編2つ

【二段ベッドを大人用に!】3つの大事な注意点とおすすめ4つ+番外編2つ

実は日本の住宅は、一昔前と比べてどんどん狭くなっているというデータがあります。
そこで意外と人気なのが「大人向けの二段ベッド」。
ここでは、大人が使いやすいポイントやおすすめのモデルなどを紹介しています。

【ベッド選びのポイントは?】

次は、ベッド選びで大事に考えているポイントで分けてみました。

  1. なるべく安く揃えたい
  2. お部屋を広く使いたい
  3. おしゃれに置きたい
  4. 和に合わせたい

ベッド選びで最も重視していることはなんでしょうか?

1.なるべく安く揃えたい

もちろん誰もが安く揃えたいと考えていると思いますが、価格最優先の人には特に合うベッドを紹介しています。
2~3万円の予算でフレームとマットレスを揃えたい人におすすめです。

フロアベッドのおすすめ9選&失敗しない選び方3つのポイント

フロアベッドのおすすめ9選&失敗しない選び方3つのポイント

フロアベッドは使う部材も少なく、全体的に価格は安め。
マットレスも安く揃えてもいいですし、ちょっといいマットレスを選択するのもいいですね。
おしゃれなタイプが多いのも特徴ですよ。

【フロアベッドが分かる!】7つのメリット・デメリット

【フロアベッドが分かる!】7つのメリット・デメリット

安いとどうしても使い勝手が不安になりますよね。
ここではメリット・デメリットを紹介しているので、天秤にかけて自分に合うタイプかどうかが判断できます。

納得!脚付きマットレスのメリットとデメリット&カビの生えない使い方

納得!脚付きマットレスのメリットとデメリット&カビの生えない使い方

脚付きマットレスはフレームがないので、意外と安く揃います。
が、マットレスに脚が付いているのでメンテナンスがしにくい弱点があります。
ここではメリット・デメリット、カビ対策、選び方のポイントなどを紹介しています。

【2019年】パイプベッドのおすすめ&機能比較11モデル

【2019年】パイプベッドのおすすめ&機能比較11モデル

パイプベッドだから安いとは一概には言えないものの、安いタイプが多いのも事実です。
意外と種類も多く、デザインもいろいろ。
ここではおすすめのパイプベッドを、機能比較しながら紹介しています。

【パイプベッドの5つのデメリット】&自分に合うかを判断する3つのポイント

【パイプベッドの5つのデメリット】&自分に合うかを判断する3つのポイント

安くてもメリットデメリットが自分に合っていなければ、価値はグンと低くなりますよね。
パイプベッドはスチール素材なので、独自のポイントがあります。
しっかり天秤にかけて見極めたいところですね。

2.お部屋を広く使いたい

ベッドはとても大きな家具ですが、「ベッドにお部屋を占領されたくない」という人はこちらがおすすめ。
そういう人は、収納ベッドやロフトベッド・折りたたみベッドなどがおすすめです。

コスパ抜群の収納ベッド おすすめ2モデル&自分に合う収納タイプの選び方

コスパ抜群の収納ベッド おすすめ2モデル&自分に合う収納タイプの選び方

お部屋をスッキリ整理できる収納ベッドは、人によってはかなり大きなメリットになります。
引き出しや跳ね上げなどいくつか種類があるので、ここでは選び方も合わせて紹介。
おすすめしている収納ベッドは、コスパが非常に良く使いやすいですよ。

【2019年版】ロフトベッド おすすめ17選+使いやすいマットレス2つ

【2019年版】ロフトベッド おすすめ17選+使いやすいマットレス2つ

スペースを広く使えるロフトベッドは、狭い部屋の救世主。
圧迫感が出てもなお、お部屋を広く使えるメリットは大きいものです。
ここでは様々なタイプのおすすめを掲載しています。

ロフトベッドの14コのデメリットと改善するための賢い方法

ロフトベッドの14コのデメリットと改善するための賢い方法

ロフトベッドは特殊な形状だけに、気付いていないデメリットがあるかもしれません。
しっかりデメリットと対策を知った上で選択したいところですね。
起きてるとき・寝てるとき・昇降時の3つに分けて書いてありますよ。

女性向けロフトベッド 可愛い3タイプを比較【21枚の参考写真アリ】

女性向けロフトベッド 可愛い3タイプを比較【21枚の参考写真アリ】

女性向けの可愛いロフトベッドを3つ比較しながら紹介。
女性ならではのポイントを抑えた使いやすいタイプです。
実際にロフトベッドを使った、可愛いお部屋の写真を21枚掲載していますので、参考に。

【ロフトベッド×大人用】を選ぶ際の5つの注意点を23枚の画像で徹底解説&おすすめ5つ

【ロフトベッド×大人用】を選ぶ際の5つの注意点を23枚の画像で徹底解説&おすすめ5つ

大人は体重があるので、高さのあるロフトベッドは不安ですよね。
大人がロフトベッドを選ぶ際の注意点や、インテリアの写真などを掲載しています。
大人向きのおすすめも紹介していますよ。

【ロフトベッド×セミダブル】狭い部屋で広く寝る6つのポイント

【ロフトベッド×セミダブル】狭い部屋で広く寝る6つのポイント

お部屋も広く・寝床も広くという人は、思い切ってセミダブルのロフトベッドがおすすめ。
圧迫感は覚悟しなければいけませんが、まるでお部屋の中に2階ができたよう。
スチールと木製の2タイプを紹介しています。

【2019年版】折りたたみベッドのおすすめ6選&失敗しない選び方

【2019年版】折りたたみベッドのおすすめ6選&失敗しない選び方

折りたたみベッドも、お部屋を広く使える定番。
好きな時にスペースを広げられるという点は、他にはない大きなメリットですよね。
ここでは上手な選び方とおすすめを紹介しています。

折りたたみベッドの8つのメリット・デメリット【まとめ】

折りたたみベッドの8つのメリット・デメリット【まとめ】

あまり馴染みがないので、どんなメリットデメリットがあるのか分かりにくいですよね。
また、使ってみないと気付かないことも、意外とあるものです。
デメリットは合わせて対応策も紹介しています。

3.おしゃれに置きたい

床に敷布団と違い、ベッドはインテリア性が良いのも大きな魅力。
おしゃれなタイプなら、脚付きのローベッドがおすすめです。
その他、男性向け・女性向けのおすすめも紹介しています。

【2019年版】ローベッド 7つのシーン別おすすめと選び方のポイント

【2019年版】ローベッド 7つのシーン別おすすめと選び方のポイント

おしゃれな雰囲気にするなら、ローベッドがおすすめ。
スタイリッシュなタイプが多く、脚付きのローベッドなら通気性もバッチリです。
ここでは「ボードベッド」というタイプを紹介しています。

ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット

ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット

おしゃれさは抜群のローベッドも、当然デメリットがあります。
自分にとって致命的な使いにくさがないかをチェックしよう。
メリットや予算と合わせて総合的に決めたいところですね。

彼女に「おしゃれ!」と言われる男性向けローベッド7選

彼女に「おしゃれ!」と言われる男性向けローベッド7選

いつの時代も、女性に褒められると男性は浮かれるものですよね。
男性の部屋に最適な、かっこいいベッドを紹介しています。
おしゃれなインテリアを気にする男性に特におすすめです。

【可愛いベッド】女性の部屋に置きたい厳選26モデル

【可愛いベッド】女性の部屋に置きたい厳選26モデル

こちらは女性向けの可愛いおすすめベッドを紹介している記事。
キレイ系・キュート系・シンプル系など、一口に可愛いと言っても様々なタイプがあります。
小柄な女性向けのショートベッドも、いっしょに掲載していますよ。

4.和に合わせたい

寝室が和室の人や、洋室に和テイストを取り入れたい人向け。
和モダンインテリアに合わせやすいベッドや、和室で寝るときについて紹介しています。

【プロ厳選】畳ベッドのおすすめ13選と後悔しない選び方3つのポイント

【プロ厳選】畳ベッドのおすすめ13選と後悔しない選び方3つのポイント

近年とても人気の和モダンな雰囲気にピッタリなのが、畳ベッド。
フローリングの部屋に合わせやすく、落ち着いた和の空間が手軽にできます。
おすすめと上手な選び方のポイントを紹介しています。

なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット

なるほど!畳ベッドの4つのメリットと3つのデメリット

あまり周囲に使っている人はいないと思うので、メリットデメリットが分かりにくいですよね。
和室に布団を敷くのとはまた違ったポイントもあるので要注意です。
硬めの寝床なので、腰痛持ちの人には使いやすいベッドですよ。

【和室にベッド】必ず実践すべき2つの畳対策&素敵な実例

【和室にベッド】必ず実践すべき2つの畳対策&素敵な実例

和室にベッドを置きたいこともあると思います。
そういう場合は畳の保護もいっしょに考えよう。
また和洋折衷なので、インテリア的に合わせやすいようポイントとコーディネート例も掲載しています。

ベッドと布団 どっちがいいか3つの視点から比較してみた

ベッドと布団 どっちがいいか3つの視点から比較してみた

そもそも「布団で寝る?ベッドで寝る?」と悩んでいる人におすすめの記事。
和室なら布団もいいですが、洋室では一工夫しないとカビの原因になってしまうので要注意です。
ちなみに「ベッドに布団を敷く」という方法もありますよ。

【マットレスを選ぶポイント】

最後はフレームではなくマットレスの選ぶコツを紹介。
マットレスは寝心地の大部分を決めますが、高価なほど寝心地がいいとは限らないので注意しよう。

価格はあくまで「作りの良さ」であり、あなたにとって寝心地がいいかは、実は別問題なのです。
高価な食材を使った高級料理を、必ずしもおいしく感じるとは限らず、そこは個人差がありますよね。
それと同じです。

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを4つの側面から比較してみた

ボンネルコイルとポケットコイルの違いを4つの側面から比較してみた

マットレスの基本的な構造が、ボンネルコイルとポケットコイル。
名前は似ていますが、中身はまるで別物です。
それぞれ寝心地に大きく影響するので、知っておいて損はありません。

マットレス おすすめのメーカー・ブランド

マットレス おすすめのメーカー・ブランド

寝心地にこだわるなら、メーカー・ブランドから選ぶのもおすすめ。
価格はグンと上がってしまいますが、安心感がまるで違いますよね。
特に長く使っていきたい人に向いていますよ。

朝が楽~!腰痛におすすめのベッド・マットレスの選び方 2つのセオリー

朝が楽~!腰痛におすすめのベッド・マットレスの選び方 2つのセオリー

腰痛と睡眠は、とても深い関わりがあります。
医療のことはあまり言えませんが、腰にやさしいマットレスについては人間の構造上、ある程度みんな似てきます。
どのようなタイプが腰痛にいいのかを、画像を用いて紹介しています。

子供のマットレスは「硬め」がおすすめ!確実に抑えておきたい2つのポイント

子供のマットレスは「硬め」がおすすめ!確実に抑えておきたい2つのポイント

子供にはどんなマットレスがいいの…と考えている人に読んでほしい記事。
案外、自分用よりも難しいものですよね。
子供に合うマットレスの選び方を、理由とともに紹介しています。

まとめ

様々なタイプのベッドを細かく分けておすすめとして紹介しましたが、理由は「自分に合うベッドを選べば値段以上の満足感がある」からです。

価格が上がれば作りが良くなり、大雑把選んでもそこそこの満足は得られます。
でも自分にピッタリのベッドを選ぶことができれば、同じ満足感を半分の予算で実現できるかもしれません。

そんな理想的なベッド選びの一助になれば幸いです。
もし迷ったらインテリアコーディネーターがご相談にのりますので、お気軽にご連絡ください。
インテリアの無料相談について