【簡単】セミシングルベッドが合う人・合わない人

【簡単】セミシングルベッドが合う人・合わない人 ベッド・寝具
セミシングルベッドにしたいけど、寝心地はどう…?

という疑問はないでしょうか。
シングルより幅の狭いベッドなので、やっぱり寝心地が気になりますよね。

肩幅+40cm(左右20cmずつの寝返り幅)

これが、人が不自由さを感じることなく寝られるサイズ感です。
これをもとに、セミシングルが合う人・合わない人を考えてみようと思います。

セミシングルとは

セミシングル・シングル・セミダブルのサイズ比較

セミシングルは、シングルサイズより細いベッドで、幅はおよそ80~90cm
シングルは90~100cmです。
明確な線引きがなく、商品やメーカーでけっこう違うので、実寸を確認することが大事です。

一人用の幅はシングルが基準で、セミダブルは広い一人用・セミシングルがコンパクトな一人用という位置づけになります。

セミシングルを選ぶポイント

セミシングルを選ぶポイント

geralt / Pixabay

セミシングルは

  1. 体型による寝心地
  2. お部屋のスペース

という2つの視点で決めることが大事。

1.体型による寝心地

セミシングルの寝心地を一番左右するのが、合う体型かどうかです。
冒頭で書いた「肩幅+40cm」が当てはまれば、大きく寝心地が悪くなることはありません。

人の一般的な肩幅は、およそ

  • 成人男性:約45cm
  • 成人女性:約40cm

です。
参考:AIST人体寸法データベース

つまり、男性は85cm・女性は80cmくらいの幅が欲しいということになりますよね。
で、セミシングルの幅が「約80~90cm」。
なかなか微妙なサイズ感です。

寝心地がいいとは言えないかもしれませんが、細身の女性なら寝心地を大きく損ねるということもなさそうです。
男性は肩幅を考えると、あまり推奨できません。
80cmのセミシングルならアウト、85cmのセミシングルならギリギリといったサイズ感になりそうですね。

2.お部屋のスペース

セミシングルを考えるのは、できればお部屋のスペースを広くしたいと考えるからですよね。
10~20cm幅が狭いと、想像以上に省スペースに置くことができます。
ワンルームや狭い間取りで一人暮らしをしている女性には、まさにうってつけのサイズです。

また、何となく「お部屋が狭いから」という人より、「もう少しベッドが小さかったら…」と悩んでいる場合は、よりメリットが大きくなります。
例えば、出入り口のドアが当たる場合なんかは典型です。

シングルだとドアがぶつかる

↑幅100cmのシングルベッドだと、ドアが当たってしまいますが

セミシングルだとドアにぶつからない

↑幅が85cmのセミシングルベッドになると、真っすぐ開けることができるようになります。

シングルだとクローゼットの扉が開かない

↑シングルだとクローゼットの扉が当たってしまうため、この場所には配置できませんが

セミシングルならクローゼットの扉がぶつからない

↑セミシングルならいい感じに収まります。

シングルだとデスクが置けない

↑ベッドの横にデスクが置ければお部屋を広く使えるものの、シングルでは置けません。

セミシングルだとデスクが置ける

↑が、セミシングルならピッタリ収まり、お部屋を広く使うことができますね。

ベッドは大きな家具なので、配置場所はかなり限定されます。
そのような特性があるので、セミシングルになることでレイアウトの自由度が増すメリットがあります。

「広い=寝心地がいい」は万人に合うわけじゃない

広いベッドで「大の字」になって寝るのが好きな人もいれば、少しこじんまりとしたスペースでクルンと丸まって寝るのが好きな人もいますよね。
前者のタイプには、セミシングルは合いません。
後者のタイプには、セミシングルがピッタリです。

もちろん体型も考慮しなければいけませんが、広いベッドが必ずしも寝やすいという無意識の勘違いがある人もいると思います。
むしろ広いベッドは、逆に落ち着いて寝られないという人もいます。

体型・スペースに合わせるのと同時に、自分はどのような広さが好みなのかを考えてみるのも、失敗しない大事なポイントです。

まとめ

合う人合わない人
  • 細身体型の女性
  • 狭いお部屋に住んでいる人
  • こじんまりした寝床が好きな人
  • 男性や肩幅が広めな女性
  • お部屋のスペースにゆとりのある人
  • 大の字で寝るのが好きな人

ベッドを省スペースに置くなら、ショートベッドという方法もありますよ。

丈の短いショートベッド 適正身長とメリット・デメリット
お部屋が狭いからショートベッドにしたいけど、寝心地悪くなるかな…?という疑問はないでしょうか。身長によって合う・合わないが決まってきますが、他にもメリットやデメリットがあるので、総合的な視点で考えるのがポイントですよ。
タイトルとURLをコピーしました