低いだけじゃない!特徴別のロータイプ二段ベッド 6選

ベッド・寝具
ロータイプの二段ベッドを置きたいけど、どんなのがいいかな…

と考えてはいませんか?
近年では低めが主流になっているため、単に「ロータイプ」だけではなかなか絞り切れませんよね。

そこで、特徴別に6つ紹介。
合わせて、どんな人に向いているのかやメリット・デメリットをインテリアコーディネーターが解説していきます。

特徴別ロータイプの二段ベッド 6選

ママのメンテナンスのしやすさや、上下で寝るうえでの物理的なサイズ感を考慮すると、おおよそ

150cmくらいの高さ

だと、ロータイプと呼んでも差し支えないのではと思います。

前半3つはデザイン性、後半3つはサイズ感に特徴のあるタイプを紹介します。

男の子兄弟におすすめのタイプ

男の子兄弟におすすめのタイプ

↑ 高さ150cmのシンプルデザイン二段ベッド。

布団のメンテナンスもしやすい高さ

↑ 布団のメンテナンスもしやすい高さです。

耐荷重が各段180kg

↑ 耐荷重が各段180kgと高く、ヤンチャに遊んでも平気。
男の子は体もどんどん大きくなるので、丈夫なタイプが安心ですよね。

手すり付きのハシゴ

↑ ロータイプで、しかも手すり付きのハシゴ。
寝ぼけたまま昇降することの多い二段ベッドですが、安心感があります。

寝床サイズも一般的なシングルサイズなので、特に男の子兄弟が長く使いやすいタイプですよ。

男の子兄弟におすすめのタイプ

女の子姉妹におすすめのタイプ

女の子姉妹におすすめのタイプ

↑ 高さ153cmの、とっても可愛いファブリック素材の二段ベッド。
木製がほとんどなので、とっても珍しいタイプですよね。

上段のサイドガードまでだとおよそ145cmくらいなので、十分ロータイプと呼べそうです。

上下を分けて使える

↑ 上下を分けて使えるので、長く使うことができます。
耐荷重は各段200kgもあり、とっても頑丈な作り。

上下を分け、ボードを一枚入れ替えることで、同じ形のシングルベッドが完成します。

女の子姉妹におすすめのタイプ グリーン

↑ 色は、イエロー・ネイビー・グリーンの3色です。

隣同士に並べることも可能

↑ 下の子がまだ小さくて「一人じゃ寂しい」という場合は、このようなスタイルにすることも可能。

ファブリック素材の可愛いらしさが魅力で、女の子姉妹に特におすすめですよ。

女の子姉妹におすすめのタイプ

男女で使いやすい宮・コンセント付き二段ベッド

男女で使いやすい宮・コンセント付き二段ベッド

↑ 木目が素敵な二段ベッド。
デザインが男女に偏っていないので、男の子・女の子で使いやすいタイプです。

棚・コンセント付き

↑ 棚付きなので、いちいち下に降りる回数も減ります。
二口のコンセントも付いているため、充電やクリップライトなどに重宝しますね。

サイドフレーム部分は低い

↑ 棚部分の高さは158.5cmありますが、足元だと148cm、サイドフレームだとさらに低くなります。

下段の高さ調整ができる

↑ 下段の高さ調整ができるので、カゴやケースに入れて収納スペースとして使えます。

耐荷重も格段150kgと高めでデザインも子供っぽくなく、男の子・女の子関係なしに長く愛用できる二段ベッドですよ。

男女で使いやすい宮・コンセント付き二段ベッド

ダブルサイズにもなる二段ベッド

ダブルサイズにもなる二段ベッド

↑ 兄弟の年齢差が大きいと、上の子は一人で寝られても、下の子は添い寝が必要ということもありますよね。

そういう時に便利なのがこの二段ベッド。
ダブルベッドにすることができるので、下の子も安心して寝られます。

普通の二段ベッドに変えられる

↑ 下の子が慣れてきたら、普通の二段ベッドに変えることができます。

高さは約150cm

↑ 高さは約150cm。
布団のメンテナンスもしやすいですよね。

シングルベッドとして使える

↑ 子供部屋を持つようになったら、シングルベッドとして使えます。

ダブルサイズにできる珍しいタイプで、兄弟姉妹の年齢差が大きい家族に使いやすいタイプですよ。

ダブルサイズにもなる二段ベッド

高さ・幅・長さ全てコンパクトな二段ベッド

高さ・幅・長さ全て小さい二段ベッド

↑ 高さはわずか129cm、幅は最小で87cm、長さは187cmという、コンパクトなショートサイズ二段ベッド。
女の子姉妹に向いているサイズ感で、ママの負担も大きく軽減します。

下段を低くすることができる

↑ 下段を低くすることができるので、ロータイプながら広々した下段を実現しています。

圧迫感が少ない

↑ 低くて小さいタイプなので、圧迫感がまるでありません。

低いので女の子も怖がりにくい

↑ 低いので女の子も怖がりにくくなります。

サイズ的に姉妹向きですが、圧迫感なく置ける点を重視する場合に、特におすすめですよ。

高さ・幅・長さ全てコンパクトな二段ベッド

耐震性能の高い小さめ二段ベッド

耐震性能の高い小さめ二段ベッド

↑ あえて上下を一体化させ、頑丈さを追求した二段ベッド。
上下分割はできないものの、丈夫で地震にも強いタイプになっています。

低いので物理的に揺れにくい

↑ 高さが135cmとかなり低いので、物理的に揺れにくくなっています。
ママモデルの身長は160cmですが、余裕で首より上が出ていますよね。

耐荷重は各段350kg

↑ 耐荷重は各段350kgという、非常に頑丈な作り。
上下一体化していることもあり、安心して寝ることができます。

高さはもちろん幅・長さともに小さいサイズ

↑ 高さはもちろん、幅・長さともに小さいサイズですが、そもそも上下分割できないので、小さいうちだけと割り切ることができます。

男の子・女の子で使うこともでき、価格も抑えめですよ。

耐震性能の高い小さめ二段ベッド

ロータイプのメリット・デメリット

ロータイプのメリット・デメリット

特徴別にロータイプの二段ベッドを紹介しましたが、では、低いとどのような違いが出るでしょうか。
メリット・デメリットを考えていきます。

メリット

  1. 子供が怖がらない
  2. 圧迫感がない
  3. 布団のメンテナンスがしやすい
  4. 子供の様子が見えやすい
  5. 上段が快適になる
  6. 揺れに強くなる

1.子供が怖がらない

慣れは必要と思いますが、特に女の子は高いのが怖いこともあります。
少しでも低いほうが、怖くないですね。

2.圧迫感がない

家具は高さがあると圧迫感が出てしまいますよね。
二段ベッドは大きいので、少し低いだけで圧迫感は大きく軽減されます。

3.布団のメンテナンスがしやすい

シーツ替えや布団干しなどはママがメインになると思います。
女性の平均身長が150cm台半ばということを考えると、少しでも低いほうがメンテナンスはしやすくなります。

また上段に乗ってシーツ替えをする場合も、低いほうが天井に頭をぶつけにくくなりますね。

4.子供の様子が見えやすい

子供が熱っぽいときなど、ちょくちょく様子を見る機会もあるはず。
顔が見えるかどうかが大きな境目で、低いと立った状態で様子をうかがうことができます。

5.上段が快適になる

高いタイプは、上段が天井に近くなったり、暑かったり、昇降が面倒だったりします。
ロータイプではそのような「高い」ことによるデメリットが解消されます。

6.揺れに強くなる

高いほど揺れやすくなるのは、容易に想像できますよね。
寝返りでの揺れや地震など、低いほうが揺れには強くなります。

デメリット

  1. ベッド下に収納がしにくい
  2. 下段が狭くなりやすい

1.ベッド下に収納がしにくい

下段の下スペースは、上手く収納に使えることがあります。
ロータイプだと下段の下にスペースを確保しにくいので、収納に使いにくくなってしまいます。

2.下段が狭くなりやすい

全体の高さが下がれば、下段が狭くなりやすくなってしまいますよね。
合わせて下段も低くなっていることが多いので、冬などは逆に下段が寒くなりがちです。

まとめ

メリットデメリットを考えると、ロータイプのほうがかなりメリットが大きくなります。

二段ベッドは低いに越したことはない

という発想が、良さそうですね。
メンテナンスの中心となるママの身長も考慮しながら、決めていこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
ベッド・寝具
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました