赤ちゃん向きカーペットの選び方【7つのポイント&おすすめ10選】

カーペット・マット
thedanw / Pixabay
赤ちゃんに使いやすいカーペットって、どんなタイプ?

という疑問はありませんか?
大人とはまた違う視点で考える必要があるので、いまいち分かりにくいですよね。

そこで、赤ちゃんのいる家庭で使いやすいポイントや選び方、アイデア、おすすめなどを紹介します。

この記事で分かること…

  • 赤ちゃんに合うカーペットのポイント
  • 先を見越した賢い選び方
  • 具体的なおすすめカーペット
管理人トモ
管理人トモ

現役インテリアコーディネーターが管理運営しています。
運営者プロフィール

赤ちゃんに合うカーペットの7つのポイント

赤ちゃんに合うカーペットの7つのポイント

jarmoluk / Pixabay

赤ちゃん用に使う場合は、次の7つを意識しよう。

  1. 自宅で洗える
  2. クッション性がいい
  3. 掃除機がかけやすい
  4. はっ水機能
  5. 滑り止め付き
  6. 低ホルムアルデヒド
  7. 遊び毛が少ない

1.自宅で洗える

赤ちゃんは、いろんな場面でカーペットを汚してしまいます。

  • 嘔吐した
  • お漏らしをした
  • 大量のよだれを垂らした
  • ご飯をこぼした
  • ジュースをこぼした

自宅で洗えるカーペットだと、いつも清潔に使うことができます。
クリーニングに出すのは手間も出費もあり、なかなか大変ですよ。

2.クッション性がいい

特につかまり立ちする頃の月例になると、転倒して頭をぶつけるのが本当に怖くなります。
薄いカーペットでは、表面は柔らかくてもクッション性がないので、ぶつけた時のダメージはとても大きくなってしまいますよね。

赤ちゃんに使うなら、クッション性をしっかり確保しておきたいところです。

3.掃除機がかけやすい

掃除機がかけやすい = キレイになりやすい

ということを意味します。
毛足の長いシャギータイプは、掃除機をしっかりかけても奥は意外とキレイになっていません。

「しっかり掃除機掛け頑張るから大丈夫」ではなく、最初からキレイになりやすいタイプを選ぼう

4.はっ水機能

カーペットが汚れる一番の原因は「水物」ですよね。
染み込んでしまうと、洗ってもなかなか落としきれないものです。

はっ水機能が付いていると、水をこぼしてもすぐには染み込んでいきません。
サッと拭くことで汚れが定着しにくく、キレイな状態を維持しやすいですよ。

5.滑り止め付き

フローリングに敷く場合は、カーペットの裏側にも注意を払おう。
不織布など滑りやすい素材だと、ズレて思わぬケガをしてしまう可能性も。

ゴムの滑り止めが付いたタイプだと安心ですね。
大きいほどズレにくいので、その辺りも考慮しよう。

6.低ホルムアルデヒド

シックハウス症候群の原因の一つになる可能性がある「ホルムアルデヒド」。
日本では法令が整備されたので粗悪なものは基本ありませんが

  • 低ホルムアルデヒド
  • ノンホルムアルデヒド

のカーペットだと、より安心感があります。

⇒参考:シックハウス症候群の予防は生活環境の改善から/オムロン

7.遊び毛が少ない

遊び毛が多いと、それだけホコリが増える原因になります。
赤ちゃんに限らず、ホコリはアレルギーにも関連するので、遊び毛が少ないカーペットが向いています。

毛足の短いカーペットキルティング加工されたタイプだと、遊び毛も減って赤ちゃんに使いやすくなります。

先を見越した賢い選び方

先を見越した賢い選び方

ThorstenF / Pixabay

カーペットは頻繁に買い替えることはありませんが、赤ちゃんの成長はとても早く、あっという間に

合わないカーペット

になってしまう可能性もあります。
そこで、赤ちゃん用に買う時は少し先を見越して選ぶことが大事になります。

成長すると、確実に走りまわります

赤ちゃんの時は寝返りできただけで親も笑顔になるものですが、あっという間に部屋を走り回るようになります。
すると

  • ドンドンという大きな騒音が出る
  • カーペットが滑って転ぶ

といったことが考えられますよね。

マンションやアパート

集合住宅の場合は、階下への騒音対策を予め想定しておこう。
近隣から苦情が入ると、とても肩身の狭い思いをすることになってしまいます。

最初から厚手のタイプを選んだり、ジョイントマットと重ねるなどの対応がおすすめです。
コルク素材のジョイントマットだと滑りにくいため、薄いカーペットを重ねるのに適しています

コルクマット・ジョイントマットの防音効果【実際に使用した感想】
コルクマットやジョイントマットの防音効果ってどのくらいあるかな…という疑問はないでしょうか?この記事では、実際に「アパートの2階」で「1歳の子供」と暮らした時に使用した感想を紹介。賃貸で子供の防音対策を考えている人は必見です。

一戸建て

一戸建ての場合は、騒音はそこまで重視する必要がないため、滑り止めが付いたタイプを選ぶのもおすすめです。
集合住宅より広いことが多いため

  • しょっちゅう走り回る
  • 意外と早い

ということを考慮し、滑りにくい工夫をしよう。

もっと汚すようになる

乳児から幼児になると、実はもっと汚すようになります、子供は。

例えば、保育園や幼稚園に行き始めると簡単にウイルスをもらってくるので、赤ちゃんの時期よりも体調を崩しやすくなります。
食事の量も圧倒的に増えるので、嘔吐したときのインパクトは赤ちゃんの時の比ではありません

また、遊び場にあるラグなら「どうやったらこんなに汚くなるの…」というくらい。

  • お菓子のカスや消しゴムのカス
  • なぜがボールペンで書いた跡
  • スライムがベタッとくっついてる

これらも集合住宅と一戸建てで、何を重視するのかが変わってきます。

マンションやアパート

マンションやアパートでは、洗えることはもちろん大事ですが、もっと注意したいのが「干すこと」です。

高層階だと手軽にベランダに干すことが難しいこともありますし、大きめの洗濯機が置けない場合は、脱水もなかなかできません。
日陰で時間をかけて乾かすと、今度はカビの心配も。

干しやすさを考えると、薄手のカーペットが向いています

一戸建て

一戸建てでは、ベランダや庭など干しやすい環境があるので、「干しやすさ」よりも「汚れにくさ」を重視しよう。
はっ水機能があれば「洗濯しないと落ちない汚れ」が付きにくく、洗濯の回数も減るはず。

親が見ていないとサッと拭くことはなかなか難しいものですが、簡単に染み込むよりは防汚性能は高まります。

赤ちゃんとの暮らしが快適になるポイント

赤ちゃんとの暮らしが快適になるポイント

kbt1016 / Pixabay

赤ちゃんに合うポイントを紹介してきましたが、住まいによっても合う合わないがあるので、なかなか難しいですよね。
特に

  • 厚い ⇒ クッション性がある ⇒ 転んでも安全だが、洗いにくく干しにくい
  • 薄い ⇒ 洗いやすく干しやすい ⇒ クッション性がなく、転ぶと痛い

という部分は、頭を悩ませると思います。
そこでおすすめなのが

重ねる

という方法です。

カーペットの下敷き

防音効果!今持っているラグをそのまま使えるラグ専用下敷き「ふかピタ」

薄手のラグ + カーペットの下敷き

を使うことで

  • 洗いやすさ
  • 干しやすさ
  • クッション性の良さ

を両立することができます。
この商品には

  • 滑り止め
  • 洗える
  • 耐熱仕様
  • 安い

という特徴もあるため、赤ちゃんとの暮らしがより快適になりますよ。

カーペットの下敷き

コルクマット

コルクの風合いが素敵なジョイントマット「やさしいコルクマット」

上で軽く触れましたが、コルクマットは

  • 滑りにくい
  • クッション性がいい

という特徴があるため、薄手のラグと重ねやすいのが魅力。
家具の配置に柔軟に合わせやすく、動かせない備え付けのストーブなどの場合は「はさみでカット」することも可能です。

下地はコルクマットでクッション性を担保し、メインの部分に薄手のラグを敷くというのも非常にいい方法だと思いますよ。

コルクマット

赤ちゃんにおすすめのカーペット10選

最後に、赤ちゃんに使いやすいおすすめのカーペットを紹介します。
重ねて使うかは、お好みで。

個人的には

  • 厚手のカーペットと重ねる ⇒ 防音に特化
  • 薄手のカーペットと重ねる ⇒ 洗いやすさ重視
  • 厚手のラグのみ ⇒ 干せる環境にある人
  • 薄手のラグのみ ⇒ 非推奨

この分け方でOKかなと思います。
というわけで、厚手・薄手に分けて紹介します。

単体でもクッション性のいい厚手カーペット4つ

クッション性のいい厚手のカーペットは、そのままでも重ねても使えます
ちなみにぼくは、コルクマットと厚手カーペットを重ねて、防音対策として使っていましたよ。

はっ水機能付きの厚さが選べるカーペット

はっ水加工のフランネルラグ「Repewell(レペウェル)」

はっ水機能付きが魅力のカーペット。
厚さを2種類から選ぶことができ、単体でも重ねても使えます。

滑り止めがないので、単体で使う時は要注意。
大きめサイズにするか、百均の滑り止めなどを敷いて対応しよう。

自宅で洗える
クッション性
掃除機のかけやすさ
はっ水機能
滑り止め×
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開130×185cm~200×300cm 4サイズ
価格帯価格円~価格

はっ水機能付きの厚さが選べるカーペット

低反発素材を使った防音カーペット

子育て世代におすすめ!「やさしいフランネル防音低反発ラグ」

厚さ20mmの低反発素材を使った防音カーペット。
滑り止め付きで、単体でも安心して使えます。

「通常ではまず聞こえない」という、床衝撃音レベルの測定結果が出ています。
ホルムアルデヒド不検出の安心感もありますよ。

ちなみにこちら、ぼくも愛用中です。

自宅で洗える×
クッション性
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開円形80cm~200~400cm 10サイズ
価格帯価格円~価格

低反発素材を使った防音カーペット

特許構造の防音特化カーペット

遮音性抜群の防音カーペット「低反発高反発フランネルラグマット」

低反発と高反発を組み合わせた防音カーペット。
上で紹介したタイプより価格は上がるものの、防音に対する評価もワンランク上です。

マンションやアパートにうってつけで、単体で防音性を気にするならイチオシです。
色も9色あり、とってもオシャレですよ。

自宅で洗える×
クッション性
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開直径140cm円形~190×240cm 5サイズ
価格帯価格円~価格

特許構造の防音特化カーペット

ソファも兼ねる赤ちゃん用プレイマット

子どものいる暮らしにオススメ!フロアソファにもなるラグ「クッションラグマット」

赤ちゃんはほとんどリビングで過ごすことになるので、このようなタイプもおすすめ。
折りたためばソファになるので、厚みが30mmあっても邪魔になりにくく、クッション性を活かすことができます。

本体は洗えませんが、カーペット・背もたれ部分のカバーが外せるので、洗って清潔に使えます。
すべてウレタンで硬い部分がないため、転んでも安心ですよ。

自宅で洗える
クッション性
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め×
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開ラグ部分約149×200cm・149×250cm 2サイズ
価格帯価格円~価格

ソファも兼ねる赤ちゃん用プレイマット

重ねて使いやすい薄手のカーペット6つ

次は薄手のカーペットを紹介。
先に紹介した「カーペットの下敷き」「コルクマット」と合わせることで、より赤ちゃんに使いやすくなりますよ。

薄い分だけ安いのも大きな魅力です。

掃除しやすいニット生地のキルトカーペット

安心!ホコリが溜まりにくい&洗えるラグ「Saison(セゾン)」

肌触りのいいニット生地でオールシーズン使いやすく、掃除もしやすいタイプ。
デザイン性もいいので、親も嬉しいですね。

洗濯ししやすく、そして干しやすいのも魅力ですよ。

自宅で洗える
クッション性×
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開145×145cm~190×240cm 4サイズ
価格帯価格円~価格

掃除しやすいニット生地のキルトカーペット

デニム×キルティングのおしゃれなカーペット

オールシーズン快適に使えるデニムキルトラグ「カラーデニム」

デニム素材がおしゃれなカーペット。
「赤ちゃんがいてもおしゃれなリビングにしたい」という人にピッタリです。

洗濯機で洗えるので、いつも清潔。
デニムは毎日履いても飽きませんよね。
このカーペットも飽きにくいのが魅力ですよ。

自宅で洗える
クッション性×
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開130×185cm~190×240cm 3サイズ
価格帯価格円~価格

デニム×キルティングのおしゃれなカーペット

価格が魅力のフランネル素材のカーペット

無地のシンプルな激安ラグ「ピオニー」

赤ちゃん用としては洗えることも大事ですが、ある程度汚れてきたら気軽に買い替えられる低価格帯も魅力ですよね。
このカーペットがまさにそれ。

洗えて、滑り止め付きで、耐熱加工済みで、さらに抗菌加工済み。
にもかかわらずお値段が手ごろなので、汚れてきたら新品と手軽に取り替えられます。

サイズも豊富ですよ。

自宅で洗える
クッション性×
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開100×140cm楕円~200×300cm 8サイズ
価格帯価格円~価格

価格が魅力のフランネル素材のカーペット

ナチュラルインテリアに合う柄付きカーペット

なめらかで触り心地のいい年中使えるラグ「WSパキラ」

赤ちゃんがいてもオシャレな雰囲気にしたいなら、植物柄のカーペットもおすすめ。
フランネルのなめらかな肌触りで、洗濯OK&掃除のしやすいタイプです。

ナチュラル風なお部屋にピッタリで、先に紹介したコルクのジョイントマットと合わせるのも良さそうですね。

自宅で洗える
クッション性×
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め×
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開185×185cm~200×250cm 2サイズ
価格帯価格円~価格

ナチュラルインテリアに合う柄付きカーペット

色でオシャレさを演出できる多色展開のカーペット

濃い色から淡い色まで!「20色×6サイズから選べるマイクロファイバーラグ」

赤ちゃんらしい色味にしたいなら、このカーペットがおすすめ。
一般的なカーペットは大人向けの落ち着いた色味が多く、種類もあまり多くないですよね。

このラグは20色もあるので、インテリアに合わせたり、赤ちゃんらしい可愛い雰囲気にしたり、色で演出することができます。
毛足短めながら、マイクロファイバーなので肌触りもバッチリですよ。

自宅で洗える
クッション性×
掃除機のかけやすさ
はっ水機能×
滑り止め
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない
耐熱仕様
サイズ展開130×190cm~190×280cm 6サイズ
価格帯価格円~価格

色でオシャレさを演出できる多色展開のカーペット

夏におすすめのヒンヤリ涼感カーペット

ひんやり涼感加工!柔らかな手触りで心地いい国産ラグ「Marine Surf(マリンサーフ)」

暑い季節は、涼感カーペットがおすすめ。
赤ちゃんもきっと涼しくて気持ちいいはず。

自宅で洗えず、特別赤ちゃん向きというわけではありませんが、期間限定&防ダニ加工&国産なので、夏だけ使うのもありではないでしょうか。

自宅で洗える×
クッション性×
掃除機のかけやすさ×
はっ水機能×
滑り止め×
低ホルムアルデヒド×
遊び毛が少ない×
耐熱仕様
サイズ展開130×190cm~190×240cm 3サイズ
価格帯価格円~価格

夏におすすめのヒンヤリ涼感カーペット

まとめ

赤ちゃん用としては、自宅で洗えるととても使いやすくなります。
また、それと合わせて「干しやすさ」も重要。

フローリングだけだと、転んでぶつけたりとても危険なので、何か対策はしたいところですよね。
個人的には、洗いやすさ&干しやすさのある「重ねて使う」がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
カーペット・マット
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました