コルクマット・ジョイントマットのカビを抑えて快適に使う2つのポイント

コルクマットのカビを抑えて快適に使う2つのポイント カーペット・マット
コルクマット・ジョイントマットにもカビは生える…?
上に布団を敷いたらマズいかな…?

このような疑問はないでしょうか。
コルクマットだから、ジョイントマットだからと言って、特別カビやすいことはないものの、やはりマット特有の注意点も。

そこで、カビを生やすことなく快適に使うポイントを紹介します。

この記事で分かること…

  • カビが生えやすい使い方
  • カビを抑える方法

カビが生えやすい使い方

カビが生えやすい使い方

kalhh / Pixabay

コルク自体も、クッション材で使われているEVA素材も、特別カビに弱い素材ではありません。
でもカビは条件さえ揃えば、どんな場所にも生えてきます。

まずはカビの危険度が高い使い方に当てはまらないか、チェックしてみよう。

そもそもカビやすい環境で使っている

マットを敷いている部屋がそもそもカビやすい環境だと、どうしても生えやすくなります。

【湿度が上がりやすい環境】

  • 日当たりの悪い北側のお部屋
  • 風通しの悪い間取り
  • 気密性の高い新築マンションやアパート
  • 24時間換気がされていない住まい
  • 梅雨時期
  • 脱衣所

このような環境では、床とマットのわずかな隙間に湿気がこもりやすくなり、カビの原因になってしまいます

上に布団やラグを敷いている

マットの上にラグを敷いてる場合は、こもった湿気の逃げ道が余計になくなってしまいます。

布団を敷いて寝ているという場合も要注意。
人は寝ているときにコップ1杯の汗をかくので、その湿気でカビが生えやすくなります。

洋室(フローリング)で布団で寝る理想的な8つの方法と状況別の対応表
フローリングの部屋に布団を敷いて寝たいけど、カビなどは大丈夫…?と考えている人へ、8つのアイデアを!洋室にはベッドが基本ですが、ポイントを抑えることでカビやホコリを気にせず快適になることができます!状況別に合う一覧表も紹介しています!

掃除が行き届いていない

ホコリでさえ、カビにとっては養分。
掃除が行き届かないと、それだけカビのエサが増えることにつながってしまいます。

また、押し入れや物置部屋など、普段あまり掃除をしない場所もホコリが多いので、カビが生えてしまう可能性を高めてしまいます。

カビを抑える2つのポイント

カビを抑える2つのポイント

この手のマットは裏側、もしくは床材のカビに注意しよう。
抑えるには、カビが生えるメカニズムを知るのが、遠回りのようで意外と近道です。

【カビが生える条件】

  1. 温度:0度以下、40度以上だと生きられない
  2. 養分:なんでもエサになる
  3. 酸素:生き物なので絶対必要
  4. 湿度:60%以上を好む
  5. 時間:成長に要する時間が必要

簡単に説明すると、このような条件で我々の目に見える「カビ」になります。
これらのうち

1.温度
2.養分
3.酸素

の3つは、人が生きていく上ではどうにも対策のしようがありません。
つまり

4.湿度
5.時間

の2点を対策していくことが大事というわけですね。
カビのメカニズムに関しては、こちらの記事がとても分かりやすいので参考にしてください。

参考:正しく知ろう!カビについて | くらしのお役立情報│ダスキン

ちなみにカビの胞子は空気中にわんさかいるので、どうしようもありません。

1.湿度が上がらないようにする

湿度が上がらないようにする

マットの裏側の湿気は、そのままお部屋の湿度と考えて問題ありません。
まずはお部屋の湿度が上がらないよう、次の点に気を付けよう。

  1. 結露
  2. 洗濯物の部屋干し
  3. 加湿器

結露が多い部屋は湿気も多い

結露は主に窓ガラスにできることが多いのですが、実は目に見えないところで発生している可能性もあります。
それが「フローリング」。

結露は大きな温度差が原因で発生するものです。
外気に触れる冷たい窓と、温かい室内の空気が触れる場所に水滴ができますよね。

フローリングも同じで、冬の冷たいフローリングに、マットで囲まれた温かい空気が触れて、見えないところで結露を起こす可能性があるというわけですね。

フローリングにしろ窓際にしろ、寒い部屋は結露が発生しやすいので注意が必要。
人がいない間も、あまり極端に室温が下がらないよう気を付けよう。

結露対策に役立つグッズ

床の結露を防ぐアイテムはありませんが、窓の結露防止グッズはかなりあります。
お部屋の湿度を上げないだけでも、カビ対策になりますよ。



洗濯物の部屋干しはなるべく避けよう

部屋干しも、お部屋の湿度をグッと上げる大きな原因。
とは言え、どうしても仕方なく部屋に干している人も少なくないと思います。
そういう時は

  • 除湿器で湿気を吸い取る
  • サーキュレーターや扇風機で拡散する
  • 窓を開けて換気をする

といった方法で対処しよう。

加湿器はほどほどに

冬の乾燥がイヤだからと、むやみやたらと加湿するのは、カビの発生を促進させてしまいます。
できれば50%前後をキープするようコントロールしよう。

2.成長する前に叩く

成長する前に叩く

湿気とともに対策可能なのが

成長する時間をカビに与えないこと

です。

  1. 乾燥させる
  2. ホコリを減らす

ということで対処しよう。

乾燥させる

カビが成長する前に、お部屋の換気をして乾燥させよう。
カビは成長することができなくなります。

また、湿度40%を下回る空気ならば、数時間でカビの菌糸を死滅させることができるようです。

参考:NPO生活環境協会WEBページ:カビ死滅の条件について

ホコリを減らす

ホコリを減らすということは、カビの食事を断つようなもの。
栄養源を減らし、成長を抑制しよう。

フローリングの水拭きの際は、完全に湿気がなくなってからマットを敷くことを忘れずに。
湿気ったまま敷くと、当然カビの原因になります。
乾拭きや換気をして、よく乾かしてから元に戻そう。

番外編:たまに裏を見てみる

カビが生えてくる条件は複雑なので、やっぱりたまに見てみるのが一番安心です。
怪しそうな部分をはがして裏側をチェックしてみよう。

  • 気付かないうちに子供がジュースをこぼしていた
  • ワンちゃんが知らぬ間にお粗相をしていた

といったこともあるかもしれませんよ。

まとめ

コルクマット・ジョイントマットだからと言って、特別カビに弱いということはありません。
どちらかというと、使用するお部屋の環境に左右されます。

マット特有の「見えない裏側」にだけ注意し

  1. 湿度を上げすぎない
  2. ホコリをためない

という2点に気を付けよう。

おすすめのコルクマット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
カーペット・マット
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました