ダイニングテーブルの下に合うマットの5つの条件【サイズは図で解説】

テーブル
Rani_Ramli / Pixabay
ダイニングテーブルの下にマットを敷きたいけど、どんなのがいいかな…?

という疑問はないでしょうか?
リビングと目的が違う空間なので、マットもリビングのように決めることはできません

そこで、ダイニング空間に敷くマットに焦点を当てていこうと思います。

この記事で分かること…

  • ダイニング向きのマットの特徴
  • 使いやすいサイズ感
管理人トモ
管理人トモ
インテリアコーディネーターが監修しています。
運営者プロフィール

ダイニングに適したマットの5つの条件

ダイニングに適したマットの5つの条件

buffetcrush / Pixabay

ダイニングには、次のような特徴のマットが合います。

  1. 短い毛足
  2. 水洗い可能
  3. タイルカーペット
  4. 豊かな機能
  5. おしゃれなデザイン

1.短い毛足

毛足が短いことで、掃除機がかけやすく椅子を引きやすいメリットがあります。
テーブルの下は汚れやすいので、特に掃除のしやすさは大事なポイントですね。

2.水拭き・水洗い可能

食べ物や箸・スプーンなどが落ちてシミができやすいため、水洗いできると長くキレイに維持することが可能
塩ビ製なら簡単に水拭きもできるため、いつも清潔なダイニングで食事をすることができます。

3.タイルカーペット

50cm四方くらいのマットを敷き詰めるタイプですね。
一枚一枚が小さいので、簡単に水洗いすることができます。

また、どうしても汚れが取れないこともダイニングではありますが、タイルカーペットだと汚れた箇所だけを交換できるメリットもあります。

4.豊かな機能

ダイニングに使う場合は、はっ水機能があると非常に重宝します。
やっぱり水物が染みると汚れは取れにくくなりますよね。

抗菌防ダニもあると嬉しい機能。
意外なところでは、静電気を抑える「制電機能」が付いていると掃除機の効果が良くなります。

5.おしゃれなデザイン

おしゃれなダイニングだと食事も楽しくなりますよね。
会話も弾み、家族の絆も強くなりそうです。

注意したいのは、みんなが集まる空間だということ。
一人の趣味趣向で決めず、家族全員が居心地よく感じるデザインにしよう。

どんなサイズにすればいい?

どんなサイズにすればいい?

rawpixel / Pixabay

ダイニングに合うマットの特徴が分かったところで、次はサイズ。
基本はチェアを動かす範囲(椅子を引くスペースは一人70~75cmくらい)までカバーすることです。

1~2人掛け

1~2人掛け 長方形

↑ 一人暮らしでも使える80cm×80cmのダイニングテーブルなら、イスを引く方向が220cmくらい。
幅はテーブルより少し広い100cmくらいだとこのようなイメージになります。

1~2人掛け 円形

↑ 少しゆとりのある直径100cmの円形テーブルなら、長方形になりすぎず、185cm×185cmの正方形にいい感じに収まります。

3~4人掛け

3~4人掛け 長方形

↑ 150cm×80cmは、ゆとりのある4人用サイズ。
135cm×80cm・120cm×80cmといったサイズの場合は、幅に対して10~20cm余すようにするとこのようなイメージになります。
チェアのある方向は基本は同じくらいで、220cm~230cmくらいあればチェアを引くスペースもカバーできます

3~4人掛け 円形

↑ 円形テーブルだと正方形に収まるため、ダイニングの形状によっては円形のほうが使いやすい場合も。

3~4人掛け 円形の良くない置き方

↑ ちなみにチェアをこのように置くとサイズは大きくなってしまうので、対角線に斜めに置くのがおすすめです。

5~6人掛け

5~6人掛けの基本的な配置

↑ 6人掛けもチェア方向の220cmは変わらず、テーブルの幅に合わせて反対側を合わせればOK。
テーブルが210cmの6人掛けなら、220cm(チェア方向)×230cm(テーブル幅)くらいにするといった感じですね。

広く使った5~6人掛けの配置

↑ このような6人掛けスタイルは、非常に大きなマットが必要。
どちらにもチェアを引くスペースが必要なので、220cm×320cmくらいの大きさがないとカバーできません。

ダイニングに使いやすいマット おすすめ4選

最後にダイニング向けのラグをいくつか紹介します。

機能性と豊富なカラーリングが魅力のダイニングラグ

10色から選べる機能性ダイニングラグ

はっ水・防汚・防ダニ・抗菌・防炎・制電など、非常に機能性豊かなダイニングラグ。
快適なダイニング空間にしたい人に、特におすすめです。

柄はないものの色が豊富で、シンプルながらおしゃれなダイニングを演出できますよ。

機能性と豊富なカラーリングが魅力のダイニングラグ

機能性豊かなタイルカーペット

9色のおしゃれな洗えるタイルカーペット「raku-care(ラクケア)」

こちらは機能性豊かなタイルカーペット。
汚れた部分を簡単に水洗いできるので、特にこぼしやすい幼児のいる家庭におすすめ。

いろんな色をチェック柄に敷くこともでき、見た目もバッチリ。
カットもしやすいので、柱などに合わせてピッタリ敷き詰めることもできますよ。

機能性豊かなタイルカーペット

木目調のオシャレな塩ビ製ダイニングマット

日本製・撥水素材!やさしい色合いの古木風デザインのラグマット「Floldy(フロルディー)」

木目デザインがオシャレなダイニングラグ。
画像の色以外にも、ややホワイト系の木目と明るめブラウンの計3色があります。

ファブリック素材じゃないので非常にメンテナンス性が良く、掃除機のかけやすさ・拭きやすさなどはこちらが上。
汚れにくいので、長くキレイに使っていくことができますよ。

お揃いのキッチンマットやタイル柄デザインもあります。

木目調のオシャレな塩ビ製ダイニングマット

アクセントに最適なブロック柄のダイニングラグ

ポップなブロック柄の多機能ダイニングラグ「GABBIE(ギャビィ)」

ポップな柄が可愛い機能的なダイニングラグ。
馴染みのいい色ながら、ダイニングにアクセントを付けることができます。

ブラウン系・ナチュラル系のテーブルに合わせやすく、無地だと物足りない人におすすめです。

アクセントに最適なブロック柄のダイニングラグ

まとめ

テーブルの下にマットを敷くときは、リビングのラグとは別の視点で選ぶことが大事。
汚れやすい場所なので

  • 汚れにくい
  • 掃除しやすい

というマットが合います。
また、椅子を引きやすいタイプにしないと使いにくいので、毛足は短めに。

サイズは小さいのはNGなので、しっかり測ってから購入しよう。
なおかつオシャレなデザインだと、家族みんなが嬉しい食卓になりそうですね。

ダイニングテーブルの特徴別おすすめ6選&12の人気メーカー紹介
ダイニングテーブル選びで悩んではいないでしょうか。デザインや機能性など意外と種類も多いため、どれにすれば自分に最適なのか分からないものですよね。そこでインテリアコーディネーターとして、特徴別のおすすめを6つと、12の人気メーカーを紹介します。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
テーブル
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました