最適なダイニングテーブルの大きさを見極めるための2つの視点

最適なダイニングテーブルの大きさを見極めるための2つの視点 テーブル
StockSnap / Pixabay

ダイニングテーブルの大きさをどうしようか、悩んではいないでしょうか。
複数人で使うだけに分かりにくく、サイズ選びを失敗すると

  • 大きすぎた…
  • 小さすぎた…

と後悔してしまいます。
ダイニングテーブルの大きさは

  1. 家族の人数・使う人の人数
  2. スペースの広さ

の2つの視点で決めるのが鉄則。
理由は人間工学において「一人が食事をするベストなサイズ感」「人が移動する際に必要なスペース」がおおよそ決まっているからです。

【食事の基準サイズと一般的なテーブルサイズ】

一人が食事をするのにちょうどいいサイズ感

一人が食事をするのにちょうどいいサイズ感は

幅60cm×奥行40cm

です。
それに使う人数を掛け算するのが、ダイニングテーブルの大きさの基本になります。

2人の食事に必要なサイズ

↑2人なら、幅60cm・奥行80cmが必要。このサイズ感が基準になります。

4人の食事に必要なサイズ

↑4人なら幅が120cm・奥行きは80cm

6人の食事に必要なサイズ

↑6人なら幅が180cm・奥行きは80cm

と、こんな感じで大きくなっていきます。

基準の大きさは最低限の必要サイズ

幅60cm×奥行40cm」が基準ではありますが、この寸法は最低ラインと考えて問題ありません。
これ以上小さいと、けっこう窮屈な食卓になってしまいます。

全ての家庭で、人間工学目線でダイニングテーブルを置けるわけではないので、商品としてはいろいろなサイズがあります。
商品として販売されているダイニングテーブルの寸法目線だと、次の表のような大きさになります。

【標準的なダイニングテーブルの大きさと家族の人数】

テーブルサイズ使用するの人数サイズ感
210×80cm5~6人家族向けゆったり6人
180×80cm5~6人家族向けピッタリ6人
150×80cm3~4人家族向けゆったり4人
120×80cm3~4人家族向けピッタリ4人
80×80cm夫婦・同棲二人向けゆったり2人
75×75cm夫婦・同棲二人向けピッタリ2人
68×68cm一人暮らし向けゆったり1人
60×60cm一人暮らし向けピッタリ1人

奥行きは広すぎると手が届きにくくなります
広く使うことはできますが、必ずしも使いやすいとは言えなくなるので要注意。

また、来客のことも考えると、家族の人数だけで判断せず総合的に決めることが大事になります。

【チェアを動かす範囲も考慮しよう】

テーブルは固定ですが、チェアは頻繁に動かしますよね。
つまり、実際には

テーブルの大きさ + チェアの大きさ + 可動範囲

の合計で大きさを考えることがポイントです。

チェアの大きさと可動範囲の寸法

チェアの可動範囲を確保できれば、確実に座って食事をとることができるので、チェアをどの程度動かすのかを考えれば十分です。
一般的には、テーブルの端から75cmくらいのスペースがあると、チェアに座ったり立ち上がったりが楽にできます。

また、ダイニングテーブル周辺の行動スペースは、次の画像のようなイメージです。

ダイニングテーブル周辺の行動スペース寸法
※クリックで拡大されます。数字の単位はcm

ダイニングテーブル周辺に必要なスペースの寸法

【A】テーブルとキッチンの間
配膳するときは食事を持っての移動なので、65cmくらいのスペースが必要。

【B】後方を人が通るスペース
食事中の人の後ろを通るには、テーブルから100cmくらいないといけません。

【C】チェアに座って食事をする寸法
一般的には40~50cmくらいが必要になります。

【D】低めの家具同士の隙間
低めの家具同士の間を移動するには、50cm程度ないと窮屈。
壁や高さのある家具の場合は、プラス10cmくらいないと通りにくくなります。

【E】チェアを引くスペース
テーブルから後方に75cmくらいないと、チェアを引いて立ち座りするのが窮屈になります。

あえて小さめを選ぶことも大事

上で紹介した寸法は、人間の平均的な動きを数字で表したもの。
この程度だと使いやすいのは間違いありませんが、みんなが人間工学にのっとって家具を配置できるわけではありません

ダイニングテーブルとしての使いやすさを重視するか、周囲の動きやすさを重視するかを考えることも大事になります。

例えば3~4人家族だと

  • 150×80cm
  • 135×80cm
  • 120×80cm

というサイズのテーブルが向いています。
奥行きは変わらないので、横のサイズを一人当たり75cmにするか、60cmにするか、中間をとって67.5cmにするかといったイメージになります。

つまりチェアを置く方向のサイズ感は、テーブルが小さくなっても変わらないというわけ。

150×80cmのダイニングテーブルを置いた際の周囲のスペース

135×80cmのダイニングテーブルを置いた際の周囲のスペース

120×80cmのダイニングテーブルを置いた際の周囲のスペース

この3つの画像は、テーブルのサイズを3種類にした場合の比較。
チェアを引くスペースや後方を通るスペースは、テーブルサイズに関係なく同じだということが分かりますよね。

例のような配置の場合は、ソファとの距離が変わるだけにすぎないというわけです。
家族の人数に加え、このスペースを確保できる広さがあるのかなども考慮すると、大きすぎ・小さすぎという失敗も減りますね。

チェアをベンチに変えると奥行を節約できる

ダイニングテーブルにベンチを合わせた際の周囲のスペース

ベンチは背もたれがなく、奥行を減らすことのできるアイテム
もちろんベンチに座って食事がしにくいと感じる人にはおすすめしませんが、子供なんかはけっこうベンチを苦にせず喜んでくれます。
テーブルとベンチの高さの差を考えると、小学3~4年生くらいの身長は必要かもしれないので、その辺は要注意。

例のように壁に付けるレイアウトだと、壁が背もたれになってくれるというのもポイント。
奥行きがなかなか取れないという場合は、ベンチスタイルも視野に入れると解決するかもしれませんよ。

ちなみに両方ベンチは非推奨。
どちらかは背もたれのある椅子にしないと、模様替えや体調の変化(腰痛など)に対応できなくなります。
省スペース性ばかりに気を取られても使いにくくなるので、やっぱり総合的な視点が必要になります。

まとめ

ダイニングテーブルの大きさは

  • 人の動きを基準にする=人間工学
  • 空間の広さに合わせる=住まい目線

という2つの視点で考えることがポイント。
総合的に考えることで、初めて妥協点を見極めることができます。

なんとなくの勘に頼った選び方をするより、はるかに失敗も少なくなりますよ。

テーブル
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!インテリア産業協会プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com