一人暮らしでベッドをおしゃれに置く3つのポイント

一人暮らしでベッドをおしゃれに置く3つのポイント

一人暮らしのいいとこは、完全に自分好みのインテリアにできる点ですよね。
好みは色々ですが、どうせなら思いっきりおしゃれな部屋にしたいと考えている人もいるはず。

でも「一人暮らし」という環境には、それ相応のベッドがありますよね。
どんなベッドを置いても本人次第ですが、どうせなら生活が豊かになる素敵なベッドを置きたいもの。

そこでここでは「一人暮らし」に焦点を当てて、おしゃれなお部屋作りを考えてみようと思います。

一人暮らしに大事な3つのポイント

一人暮らしと言っても、いろんな人がいて、いろんな事情がありますよね。
好みだって人それぞれです。
そんな中で大事なポイントは次の3点です。

  1. 低めの予算
  2. 低めのフォルム
  3. 収納スペース

低めの予算

学生の一人暮らしにしろ、社会人の一人暮らしや単身赴任にしろ、ベッドに予算はあまりかけれないケースの方が圧倒的に多いはず。
「一生モノのベッド」を検討する必要性も薄く、それなりの予算内でおしゃれなベッドを探したいと考えるのが一般的ですよね。

特に「おしゃれ」を担当するベッドフレームは、低価格だからと言って簡単に壊れるようなものではありません。
フレームはおしゃれで価格を抑えて、寝心地を担当するマットレスにお金をかけるというのが賢い選び方です。

低めのフォルム

広~い部屋で一人暮らしをしている人は、あまり気にならないかもしれません。
でも部屋があまり広くなく、家具に床面積の大半を占領されてしまう場合も多いはず。

そういう場合は低いフォルムのベッドがおすすめ。
ベッドは大きな家具なので低くすることで空間を大幅に空けることができます。

お部屋の広さは面積ではなく体積で考えるべき。
なので低いベッドは「お部屋を広く見せる事ができる」ではなく「お部屋が広くなる」のです。

収納スペース

低いベッドは空間が多くなる利点がありますが、そもそも一人暮らしの場合は十分な「収納スペース」がないこともよくあります。
収納スペースがなければ物は必然的にお部屋に溢れ、雑然とし、おしゃれ感もなくなってしまいます。

低いベッドはすなわち収納できないベッド。
なので物が溢れている場合は、高さが出てしまうデメリットよりも収納できるメリットを優先するほうがスッキリしたお部屋にすることができます。

二つの条件に合うベッド

では具体的にどのようなベッドが一人暮らしには向いているのでしょうか。
「低いフォルム」のベッドは使う部材が少なくて済むので低価格でおしゃれなベッドが多いのでおすすめ。
もちろんお部屋も広くなります。

また、収納が少なくて整理できない場合は、どうせなら「大容量収納」できるベッドがおすすめ。
ただ大容量になるほど価格が高くなってしまうのは世の常。
予算と相談する必要が出てきます。

低価格&おしゃれなフロアベッド

低価格でおしゃれな一人暮らしにピッタリのフロアベッドと言えばコレ!

低価格でおしゃれな一人暮らしにピッタリのフロアベッド

「シングルサイズ・フレームのみ」なら驚きの「税込12,744円」!
これならマットレスにお金をかけることができます。

しかもデザインもおしゃれで、機能的なヘッドボードも付いています。
ダークブラウンとナチュラルという二色があるので、いろんなお部屋にマッチさせることができますよね。

また、ベッドを検討するときに頭を悩ませるのが「搬入できるか…」という点。
特に一人暮らしの場合、狭い階段や小さなエレベーターの建物の場合が多いものです。

「せっかく買ったはいいけど搬入できない…」ではシャレになりませんよね。
その点このベッドなら梱包サイズが非常に小さくまとまっているので、搬入できない家などありません。
玄関や廊下・階段などが狭い建物の人には大きな安心材料になってくれます。

おすすめの激安フロアベッドはこちら

収納力と価格のバランスがいい逸品ベッド

次にオススメするのはお部屋に収納が少ない場合の「大容量収納ベッド」です。

大容量収納ベッド

収納ベッドには大きく「引き出し収納」と「跳ね上げ収納」があります。

引き出し収納は価格を抑えることができますが、必然的にスペースが区切られてしまうので「引き出しに入るもの」しか収納できません。

収納力抜群の跳ね上げタイプは、大きな物でも長いものでも「ベッドの大きさ以下」なら何でも収納できます。
また引き出すスペースも必要ありません。

ただ、価格が高いという難点があります。
ベッドの価値観には個人差があるので高いと感じるかは人それぞれですが、多くの場合シングルサイズでも6万以上はするものがほとんどです。

そんな中で紹介するこのベッドは、跳ね上げタイプと同じ収納力ながら、価格をグッと抑えているおすすめベッド。
ポイントは「簡易跳ね上げ」という点。
単純に床板を外せばすべて収納庫になっているベッドです。

跳ね上げタイプは重い床板を簡単に上げれるように「ガス圧式」を採用しているのがほとんど。
車のトランクなどに付いてるのと同じようなものです。

実はそれによって価格が高くなってしまうのですが、紹介するベッドにはガス圧式ダンパーがなく、価格も抑え目になっています。
出し入れは跳ね上げのほうがしやすいですが、その分価格を大幅に抑えることができますよ。

収納力と価格のバランスがいい逸品ベッドはこちら

まとめ

一人暮らしのベッド選びは制約が多いので難しいもの。
でもせっかくの一人暮らしなので思いっきりおしゃれにしたいですよね。

おしゃれにするには狭さを感じさせないことが大事。
収納が足りているなら低いフォルム、収納が足りていないなら収納ベッドでスッキリさせるのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする