【ローベッド編】一人暮らしおすすめランキング8選

【ローベッド編】一人暮らしおすすめランキング8選

一人暮らしのお部屋にローベッドを置きたいけど、どんなタイプがいいのか分からない…

と悩んではいないでしょうか。
ローベッドは圧迫感がなく、お部屋を広く見せてくれるのがメリット。
でも単に「低い」だけだと、いざ使ってみると「寝にくい…」ということに。

そこでここでは、一人暮らしのお部屋を広く開放的に、そして使いやすくおしゃれにしてくれるローベッドを紹介しようと思います。

まずはローベッドの特徴を確認

脚付きのローベッド

このページでのローベッドは、上の画像のような「脚付きで低いベッド」とします。

床にべったり置くタイプは「フロアベッド」と呼び、別ページで紹介しているのでそちらを参考にしてください。

フロアベッドのおすすめはこちら

ローベッドのメリット

一人暮らしでローベッドを使う場合、お部屋を広く見せてくれるのがとても大きなメリット。
少しくらい狭いお部屋でも、ベッドによる圧迫感はまるでありません

そしてローベッドはおしゃれなタイプが多く、自分だけの空間を演出するにはうってつけ。

初めから低いベッドと割り切れば、ベッド下に物を収納しようという発想もあまりないことが多く、通気性のいいローベッドにすることで湿気対策にもなります。

ローベッドのデメリット

ベッド下の空間を収納に使えない点は、一人暮らしにはデメリットになる可能性もあります。
通気性は良くなりますが、お部屋に物がゴチャゴチャ溢れている場合は、収納スペースの確保も検討する必要がありますね。

また、低い寝床から立ち上がるのに腰に負担がかかりやすいので、腰痛のある人には「低さ」がデメリットになります。

おすすめのローベッド8選

メリットやデメリットを踏まえ、一人暮らしにおすすめのローベッドを紹介します。
価格が高すぎず、省スペースに置けるタイプを中心に、おしゃれなデザインのローベッドをセレクトしました。

どれも通気性が良く、インテリア性もバッチリですよ。

平均体型もしくは広々と寝たい派におすすめの3モデル

まずは、一般的なサイズ感のおすすめローベッド。
長さが195cm(よくあるサイズ感)、幅はシングル(100cm)か、セミダブル(120cm)です。

ダブルは二人用なので、一人暮らしではオーバーサイズ。
シングルは一人用の基準サイズ、広々寝たい人はセミダブルを選ぶのがおすすめですよ。

モダンでカッコイイ雰囲気にしたいなら「Stone hold(ストーンホルド)」

Stone hold(ストーンホルド)

高級感とカッコ良さ重視なら「Stone hold(ストーンホルド)」がおすすめ。
黒いフレームとスチール脚の相性が良く、モダンで今風なお部屋になりますね。
木製の脚を選ぶこともでき、よりロースタイルな短い脚にすることも可能です。

黒は男性っぽいイメージがあるかもしれませんが、「ベッド=寝る=夜」ということで、女性でも違和感なく取り入れることができますよ。
マットレスも黒が選べるので、モノトーンなインテリアにも最適です。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Stone hold(ストーンホルド)はこちら

明るい色味で揃えたい人は「Noora(ノーラ)」

木の温もりたっぷりの明るい北欧風すのこベッド「Noora(ノーラ)」

お部屋を明るいナチュラル系、もしくはホワイト系で揃えたいなら「Noora(ノーラ)」がおすすめ。
清潔感があり、やさしい雰囲気のお部屋になりますね。

より床板に隙間が多く、隙間の数は倍以上の9本。
湿気に強いタイプのため価格が上がってしまう難点はありますが、明るい色味で視覚的にも清潔感のあるベッドですよ。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Noora(ノーラ)はこちら

北欧風・カントリー風なお部屋には「Kaleva(カレヴァ)」

パイン材の温もりたっぷり!北欧調すのこベッド「Kaleva(カレヴァ)」

「Noora(ノーラ)」の色違いバージョンで、こちらは濃いめのブラウン。
より「木」の雰囲気があり、温かみがあって落ち着いた感じのお部屋になります。

濃いめの色でアクセントを付けたい人や、素朴なカントリー風のお部屋にピッタリ。
オプションで、より低い脚に替えることもできますよ。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Kaleva(カレヴァ)はこちら

小柄女性におすすめのショート丈3モデル

今度は、ベッドの長さが短い(マットレスの長さ180cm)ショート丈モデル。
一般的なタイプよりも15cm短く、身長165cm未満の女性におすすめです。

無駄にベッドを大きくする必要はなく、家具やドアなどの建具に合わせてコンパクトに置くことができます。

合わせて、幅もシングルに加えセミシングル(80cm)を選ぶことができ、細身の女性に向いているサイズ感です。

木目の質感が好きな女性なら「Catalpa(キャタルパ)」

Catalpa(キャタルパ)

木目の美しいウォルナットブラウンが印象的なローベッド。
インテリアへの馴染みもよく、木目が高級感とおしゃれな雰囲気を演出してくれますね。

ショート丈なので非常にコンパクトにベッドを置くことができ、ローベッドなので圧迫感もまるでありません。
細身の女性ならセミシングルを選べば、これ以上ないくらい省スペースにベッドを置くことができ、お部屋の貴重なスペースを有効に使うことができますよ。

通常サイズより若干価格が高いのは、希少サイズなので「シーツ・敷パッド」が付属しているためです。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Catalpa(キャタルパ)はこちら

明るい色味が好きな小柄女性なら「Pieni(ピエニ)」

ショート丈&セミシングルが選べる小さめすのこベッド「Pieni(ピエニ)」

ベッドの大きさを感じさせない明るい色味・ショート丈・セミシングル(シングルも選べます)・ローベッドという、大きさを感じさせない特徴が魅力。
一人暮らしでお部屋が狭くても、視覚的にも物理的にも省スペースにベッドを置くことができます

こちらもカバーセットが付属で、届いてすぐ使えるのが嬉しいところ。
「Noora(ノーラ)」同様、より湿気に強いタイプで、通気性が悪く湿気のこもりやすいお部屋におすすめのベッドです。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Pieni(ピエニ)はこちら

木のやさしい温もり感が好きな小柄女性は「Niels(ニエル)」

北欧テイスト&すのこ仕様のショートベッド「Niels(ニエル)」

「Pieni(ピエニ)」の色違いで、こちらは濃いめの色味が特徴です。
温もり感がとてもあり、木のやさしさが溢れていますね。

ゆったり落ち着いたお部屋になり、こちらもボックスシーツと敷パッドが付属。
脚の長さも変えることができ、より低いローベッドにすることもできますよ。

【価格】
シングル×マットレスセット:税込み価格円~

Niels(ニエル)はこちら

ヘッドボード付きのおすすめ2モデル

今度は、枕元にヘッドボードの付いたタイプを紹介。
ベッドの高さや長さが出てもなお、それぞれメリットがありますよ。

注意したいのが、紹介する二つはどちらも「セミダブルサイズ」のフレームです。
シングルの設定はありませんので、注意してくださいね。

おしゃれなインテリア重視なら「E-go(イーゴ)」

ウォールナットがおしゃれなローベッド「E-go(イーゴ)」

お部屋をおしゃれな雰囲気にしたいなら「E-go(イーゴ)」がおすすめ。
ウォールナットの木目が美しいフレームで、面積のあるヘッドボードがより強く印象付けていますよね。

脚はスチールで、木との異素材感がモダンっぽさを出しています
ヘッド部は高さを2段階に調節でき、マットレスの厚みに合わせることも可能。

セミダブルフレームに、あえて一回り小さいシングルサイズのマットレスを乗せて使うのもおすすめですよ。

セミダブルフレームにシングルサイズのマットレス

簡易的なテーブルとして使ったり、何より一般的なベッドらしからぬ今風な感じがとてもかっこいいですよ。

【価格】
セミダブル×シングルマットレス:税込み価格

E-go(イーゴ)はこちら

使い勝手を重視するなら棚付きローベッド「Tschues(チュース)」

Tschues(チュース)

デザインはセオリー通りのローベッドですが、棚がついて使いやすさが大幅に向上
長さが出てしまうデメリットはありますが、そこまで奥行のある棚じゃないので、影響は小さいはず。

コンセントも備えているので、スマホの充電に最適
メガネや目覚まし時計など、最低限の小物を置くのにちょうどいい奥行です。

「Tschues(チュース)」の全体像

ヘッドが付くと見た目のバランスが良くなり、安定感とスタイリッシュなデザインがいい感じで融合していますよね。
ウォルナットの木目も素敵で、おしゃれさと使い勝手が上手く両立されていますよ。

【価格】
セミダブル×シングルマットレス:税込み価格

Tschues(チュース)はこちら

まとめ

おしゃれなローベッドを8つ紹介しました。
低いととても開放感があり、お部屋が広々と感じます。

一人暮らしでも収納がそこそこ足りているなら、ローベッドでおしゃれなインテリアにするのもおすすめですよ。

  • 開放感と通気性の良さがメリット
  • 収納できない点と立ち上がりにくいのがデメリット
  • カッコイイ雰囲気にしたいなら「Stone hold(ストーンホルド)」
  • 明るい色味で揃えたい人は「Noora(ノーラ)」
  • 北欧風・カントリー風なお部屋には「Kaleva(カレヴァ)」
  • 小柄女性には省スペースなショート丈がおすすめ
  • 木目の質感が好きな女性なら「Catalpa(キャタルパ)」
  • 明るい色味が好きな小柄女性なら「Pieni(ピエニ)」
  • 木のやさしい温もり感が好きな小柄女性は「Niels(ニエル)」
  • おしゃれなインテリア重視なら「E-go(イーゴ)」
  • 使い勝手を重視するなら棚付きローベッド「Tschues(チュース)」
【まとめ】一人暮らし向きベッドのおすすめ&選び方【2019年】
一人暮らしのお部屋にどんなベッドを置こう… と悩んではいないでしょうか。 スペース的なことや寝心地など、いろいろ考えてい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を書いた人
【この記事を書いた人】
広島知範 「インテリアコーディネーター」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール