【実は簡単!】ローベッドとフロアベッドの違いを画像で比較

【実は簡単!】ローベッドとフロアベッドの違いを画像で比較 ベッド・寝具
ローベッドとフロアベッドって、一体どう違うの…?

という疑問はないでしょうか。
ハッキリとした定義はないものの

フロアベッドはローベッドの一種

という風に考えれば、少しイメージがしやすいと思います。
ここでは、ローベッドとフロアベッドの違いを比較していこうと思います。

ローベッドは大きく分けて3種類ある

ローベッド:

  1. 脚付き
  2. フロアタイプ
  3. フロアタイプのローベッド

ローベッドは、このように分けることができます。
2と3がとても似ているのですが、言葉ではイメージできないと思うので、順に画像で紹介していきます。

1.脚付き

脚付きのローベッド

おしゃれな脚付きローベッド

脚付きは、脚が付いていてベッド下に空間があり、床板面が低いタイプを一般的に指します。
似たようなタイプを20種類くらい調べてみたところ、床板面が21cm以下だと「低いタイプ」というイメージになります。

上の画像は19.3cm、下は16cm。
低いと感じるのは21cm辺りが境界線になっていました。

一般的な高さのベッド

↑ こちらはどうでしょうか。
床板面の高さは26cmで、お部屋に置いてマットレスを乗せると、おそらく「低いベッド」という感じではなく、普通な感じになると思います。

2.フロアタイプは床置き

フロアベッド

これは、典型的なフロアベッド。
床にすのこやベニヤ板を敷き、その上にマットレスを置きます。

マットレスはフレームに「はめ込む」ように置くのが特徴
床に布団を敷くような低さが大きなポイントですね。

ベッドの高さ=マットレスの厚み+底板の厚み

になります。
底板はたいてい薄いので

ベッドの高さ≒マットレスの厚み

と考えて差し支えありません。

3.フロアタイプのローベッドは中間

フロアタイプのローベッド

ローベッドとフロアベッドの中間のようなベッドもあります。
しいて名前を付けるとしたら「フロアタイプのローベッド」になるでしょうか。

マットレスは乗せるタイプで、床置きとは少し違います。
でも脚が付いてるわけでもなく、床にベッタリと置くフレームで、ちょうど中間のような形状ですね。

床板面の高さは、低いと10cmくらい、高いタイプで20cmくらい
低いタイプは、一見するとフロアベッドと変わらない印象になります。
※上の画像は床板面が10cmです

高いとちょっと高級感のある雰囲気になります。

高さのあるフロアタイプのローベッド

↑ こちらは、高さが17cm。
床板面に「はね出し部分」があると、オシャレで高そうに見ますね。

【それぞれの特徴 一覧表】

同じローベッドでも形が違えば特徴も違うため、比較表を作ってみました。
ローベッド同士を比べた際の、メリット・デメリットです。

脚付きフロアタイプフロアタイプのローベッド
メリット・通気性がいい
・オシャレで丈夫
・開放感がある
・価格が安い
・高級感のあるタイプが多い
・そこそこ通気性がいい
デメリット・価格が高め
・ベッド下の掃除がしにくい
・通気性が良くない
・作りが簡素
・価格がやや高め
・高さが出ても収納には使えない
向いている人・スタイリッシュなお部屋にしたい人
・通気性を重視する人
・安価に一式を揃えたい人
・開放感のある雰囲気にしたい人
・ちょっといいマットレスを合わせたい人
・高級感のあるベッドを置きたい人
向いていない人・安くベッドを用意したい人
・ベッド下の掃除を面倒に感じる人
・湿気の多い住まいの人
・メンテナンスがキライな人
・低さが最重要な人
・通気性が最重要な人

※ローベッドの通気性については、この記事に詳しく書いてあります。

ローベッドのカビの危険度を5つのタイプで比較してみた
ローベッドはカビが生えやすい…?という疑問はないでしょうか。半分正解で、半分間違いです。正解は「カビが生えやすいローベッドがある」ということ。そこでここでは、選択する際の指標になるよう、5種類のタイプで比較してみました。

脚付きの特徴

脚付きは、オシャレなデザインが一番のポイント
スッキリした見た目とデザイン性で、お部屋がスタイリッシュな雰囲気になります。

下に空間があるため、湿気には強いタイプ
ただ広くはないため、掃除機掛けはしにくいと言えます。

ロボット掃除機などを走らせるには問題ない高さですが、掃除機を入れるにはやや低いです。
左右を空けるなどして、両方から掃除機が入るような配置だと、デメリットが解消されます。

【2019年版】ローベッド 7つのシーン別おすすめとメリット・デメリット
ローベッドがオシャレで気になるけど、自分に合うのはどんなタイプだろうか…と悩んではいませんか?この記事では、メリット・デメリットに加え「自分にローベッドが合うのか」「どうやって選べばいいのか」をインテリアコーディネーターが解説。ローベッドを検討している人は必見です。

フロアタイプの特徴

フロアタイプの場合は、圧倒的な開放感が最大の魅力
床に布団を敷いて寝ている人でも、スマートにベッドに移行することができる低さですよね。

おしゃれなデザインが多い割には価格も安く、お買い得感が高いです。

通気性の悪さが一番大きなデメリットで、立ち上がるときも膝や腰に注意が必要です。
また、荷重が床に逃げていくので、造りが比較的簡素なタイプが多いのも事実。

その辺も価格の安さに反映されていますね。

フロアタイプのローベッドの特徴

見た目に高級感のあるタイプが多く、すのこになっていれば通気性もそこそこ。
厚みのあるマットレスを使いやすいメリットもあるため、ちょっといいマットレスを合わせるのもおすすめです。

フロアベッドと比べると価格が上がってしまう難点はあるものの、価格以上の高級感が大きな魅力

ただ、高さは一般的な脚付きと同じくらいでも、ベッド下に収納箱を入れることができないのはマイナス。
通気性も脚付きのほうが高く、いいとこ取りができる反面、器用貧乏な一面もあります

フロアベッドのおすすめ9選&失敗しない選び方3つのポイント
フロアベッドのおすすめをインテリアコーディネーターが厳選して紹介!失敗しない選び方と、フロアベッドがピッタリな3つのシーン別に、最適なタイプを理由を載せて紹介しています!どんなタイプがいいんだろう…と悩んでいる人におすすめ!

まとめ

フロアベッドとローベッドは、似て非なるものです。
ローベッドというジャンルの中の一つに、フロアベッドがあるというイメージ。

形状は似てても、特徴も価格帯も違うため、しっかりメリットとデメリットを見極めて選びたいところですね。

ちなみに、明確な定義はありません。
300種類以上のベッドを扱うショップ運営者として、そしてインテリアコーディネーターとして、一歩下がって客観的に考えると、このような分類の仕方が最適なのかなと思います。

  • フロアベッドはローベッドの一種
  • ローベッドには3種類あり、それぞれ特徴が違う
  • 脚付きは、おしゃれ重視さんにおすすめ
  • フロアタイプは、おしゃれなベッド一式を安く揃えたい人向け
  • フロアタイプのローベッドは、ちょっといいマットレスを合わせたい人向け
【シーン別】ベッドのおすすめ2019年最新版まとめ&選び方の基本
インテリアコーディネーターによる「ベッドのおすすめ」まとめ。シーン別に紹介しているので、メリット・デメリットとともにあなたにピッタリなベッドが分かります。さらに基本的な選び方も合わせて紹介。これからベッドを買う予定の人は必見です。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
ベッド・寝具
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました