ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット

ローベッドの5つのメリットと4つのデメリット ベッド・寝具

ベッドを購入するときは「どんなスタイルのベッドにしようか」ということをまず悩みますよね。
一般的な高さの誰もが想像する「普通のベッド」にするか、それともローベッドやフロアベッドなど低いスタイルにするか。

また、スペースを有効に使えるロフトベッドや収納付きベッドなど、本当に様々なスタイルがあり悩んでしまいますよね。
そこでここでは「ローベッド」のメリット・デメリットを考えてみようと思います。

ローベッドとは

ローベッドとは…?と言われるとどのようなベッドを想像するでしょうか。
つまりは「低いベッド」なわけですが、最近はフロアベッドというものもあります。
床にフレームがベッタリついててローベッドよりも低く、布団寝の延長のようなスタイルです。

なのでここではゴッチャにならないように便宜上「ベッド下に空間がある低いベッド」というイメージで統一しようと思います。
トップ画像のようなベッドです。

ちなみにフロアベッドに関しては、こちらで詳しく書いてありますので、合わせて参考にしてください。

【フロアベッドが分かる!】7つのメリット・デメリット
フロアベッドにしたいけど自分に合うだろうか…という悩みはないでしょうか。意外と周囲で使っている人も少なく、どんなメリット・デメリットがあるのか分かりにくいものですよね。そこで様々な角度からフロアベッドを検証!良い点と悪い点をあぶりだし、自分にとって合うのか合わないのかを見極めるポイントを紹介しています!

【ローベッドの5つのメリット】

ローベッドの5つのメリット

まずはメリットを考えてみます。主に次の5つがあるのではないでしょうか。

  1. お部屋が広くなる
  2. スタイリッシュ
  3. 高さがないので落ち着く
  4. 湿気に強い
  5. 厚みのあるマットレスが使える

1.お部屋が広くなる

ベッドのような大きな家具は、低いほうがお部屋に広がり感が出ます。
物理的に考えても空間が広くなるのは当たり前ですよね。
生活は「2D」ではなく「3D」なので、お部屋の広さは空間の広さで考えるのが正解。

なので「広く感じる」ではなく「広くなる」という言い方が正しいです。

ローベッドは圧迫感が減り、開放感が高まります。
やはり開放感のある寝室のほうが寝てても気持ちいいものです。

2.スタイリッシュ

脚付きローベッドはとってもオシャレですよね。
高級感のあるベッドの多くはこのパターンです。

脚があることでスッキリと見え、大きさを感じさせずスタイリッシュに配置することができます

3.高さがないので落ち着く

個人の感覚に左右されますが、日本人には「低い位置が安心する」という遺伝子があるではないかと思うくらい、低いポジションは落ち着きます。
ずっと昔から床に布団を敷いて寝てきた民族なので、不思議と低い寝床が安心するのではないでしょうか。

4.湿気に強い

ローベッドは湿気に強いモデルが多いです。
脚がついて床板がすのこ仕様という場合が多いんですね。
それは「ローベッド」というポジションだからです。

一般的な高さのベッドは下に収納できるので引き出しがついてたりします。
フロアベッドは床にベッタリなので空間がありません。
つまりどちらも湿気の逃げ道が少なく、マットレスの下に湿気がたまりやすい構造だと言えます。

その点ローベッドは、ベッド下が少ないので収納にも使えません。
なのでただの「空間」です。

空間は「何もない」と考えがちですが、ベッドにおける空間は「空気の通り道がある」ことを意味します。
これは湿気対策においては非常に有利なスタイルと言えます。

5.厚みのあるマットレスが使える

低いポジションなので厚みのあるマットレスを使うことができます。
マットレスは種類が非常に多く、もし厚いマットレスがお好みの場合、普通の高さのベッドでは高くなりすぎて使いにくいですよね。

フロアベッドでも同じことが言えますが、初めから低い床板なので厚みのあるマットレスと相性がいいと言えます。

【ローベッドの4つのデメリット】

ローベッドのデメリット

今度はデメリットを考えてみようと思います。
次の4点が大きなものではないでしょうか。

  1. 起き上がりにくい
  2. ほこりの影響が大きくなる
  3. 掃除がしにくい
  4. 収納できない

1.起き上がりにくい

ローベッドの最大の欠点がコレ。
フロアベッドよりはいいのですが、低い位置から「ヨッコラショ」と起き上がらなければいけません

若い人なら大きな問題はないでしょう。
ただお年を召している方や膝・腰の悪い方はオススメしません。
毎朝起きるのが苦痛になります。

2.ほこりの影響が大きくなる

床に近づく分だけホコリをかぶりやすいと言えます。
これもフロアベッドよりはマシですが。

ただ、極端に大きな掛け布団じゃなければ床に付くことはないので、ほこりが舞いあがることはあまりないです。
アレルギーのある人は要注意ですね。

3.掃除がしにくい

ローベッドの下の空間には、当然ほこりがたまります。
でも低いので掃除機が入りにくく掃除はしにくいと言えます。

ベッド脇が両サイド空いていれば掃除機もかけれますが、壁についている場合は奥が届きません。
たまに床板をあげて掃除機をかけるか、ベッド下をロボット掃除機に任せるという手もあります。

4.収納できない

ローベッドで収納付きというベッドはおそらくないのではないかと思います。
ぼくは見たことありません。

ベッド下の空間にボックスなどを置くことはできますが、引き出しになっているようなベッドは探す価値がありません。
ローベッドという時点で収納機能はあきらめる必要があり、うまくいけば収納ボックスを下に入れることができるかも…という程度で考えておくのが無難です。

まとめ

細かいメリット・デメリットはあるものの、ローベッドの魅力は見た目のオシャレさ・デザイン性の良さに尽きます。
そりゃ収納がついてれば省スペースですし、機能性豊かなヘッドボードが付いてれば使いやすいです。

でもそれをもって余る「カッコよさ」をローベッドは持っていますよね。
結局は見た目が好きじゃないベッドは好きになれません
ローベッドはそのような感覚で選択すると失敗も減るのではないかと思います。

【2019年版】ローベッド 7つのシーン別おすすめと選び方のポイント
ローベッドがオシャレで気になるけど、自分に合うのはどんなタイプだろうか…と悩んではいないでしょうか。低くてスタイリッシュでも、自分に合わないと使いにくいベッドになってしまいます。そこでここでは、あなたにローベッドが向いているかを探る3つのトピックと、具体的なシーン別のおすすめを紹介しています!