マットレスの直置きカビ対策5つ&おしゃれにする2つのポイント

マットレスの直置きカビ対策5つ&おしゃれにする2つのポイント ベッド・寝具
ベッドフレームを置かず、床にマットレスを直置きしても大丈夫…?

という疑問はないでしょうか。

  • 低くして圧迫感をなくしたい…
  • 赤ちゃんの転落防止に低くしたい…
  • 一人暮らしでフレームを買う予算がない…

でも、床にマットレスを直置きすると通気性が悪くなり、カビやダニの心配が出てきます。
そこで、おすすめのカビ・ダニ対策の方法などを紹介しようと思います。

フローリングに直置きするとカビる簡単な理由

フローリングに直置きするとカビる簡単な理由

  1. 体温・寝汗などで、マットレスが温められる
  2. フローリングは冷たいので、結露が発生する
  3. マットレスが結露を吸収して湿ってしまう

これを日々繰り返すことで、カビがどんどん増えていくという仕組みですね。
不衛生になれば、自然発生的にダニも増えてきます。

対処するには2つの側面から考える必要があります。

  1. 結露の発生を防ぐ
  2. 湿ったマットレスを乾燥させる

1.結露の発生を防ぐ

結露が発生しなければ、マットレスの湿気はかなり抑えることができます。
寝汗などでジメジメしてしまうのは避けられませんが、結露が解消されるだけでも大きな改善と言えます。

2.湿ったマットレスを乾燥させる

マットレスが湿っても、頻繁に乾燥させていれば、カビが繁殖する「時間」を与えませんよね。
カビは乾燥に弱いので、湿っている時間を短くすることも重要です。

【畳なら大丈夫…?】

和室なら畳なので、フローリングより結露は起きません。
また、フローリングよりも通気性がいいので、カビやダニの発生を抑えることができます。

が、それでも「和室なら大丈夫」と言えるほどのアドバンテージはなく、床とマットレスの間に隙間がないというのは、意外と大きな差になっています。

マットレスを直置きしてもカビにくくなる5つの対策

マットレスを直置きしてもカビにくくなる5つの対策

mohamed_hassan / Pixabay

カビに対しては、理想は「脚付きすのこベッド」なのは間違いありません。
が、それを言ってしまうと元も子もないので、現状を大きく変化することなくカビを防ぐ効果的な対策を5つ紹介しようと思います。

  1. すのこベッドフレームを敷く
  2. 除湿マットを敷く
  3. アルミ断熱シートを敷く
  4. コルクマットを敷く
  5. ベッドパッドを頻繁に取り換える

1.すのこベッドフレームを敷く

すのこベッドフレームを敷く

5つの中では最も効果的な方法です。
マットレスとフローリングの間に「空気の層」を作ることで、結露の発生・乾燥のしやすさ、両方で高い効果が期待できます
結露はほぼ発生せず、風の通り道を確保できます。

価格もかなり抑えることができ、効果・コスパ両面でおすすめの方法ですよ。

シンプルなすのこベッドフレーム

2.除湿シートを敷く

フローリングとマットレスの間に、このような「除湿シート」を敷きます。
床とマットが直接触れないので結露の発生を防ぎ、なおかつ湿気を吸収してくれます

定期的に天日干しすることで簡単に吸水力が復活するため、とても経済的ですよ。

新聞紙でも代用は可能
毎日取り換える手間はありますが、古新聞に出さずに活用することもできます。

3.アルミ断熱シートを敷く

アルミは熱を反射するので、温かい空気と冷たい空気が触れにくくなり、結露を抑えることができます
床のひんやり感が伝わらず、人体の熱も逃げにくいため、温かい寝床になるというメリットもありますよ。

4.コルクマットを敷く

コルクマットを敷く

コルクマットは、フローリングの冷たさが伝わらないので結露を防ぐことができます
一般的なジョイントマットだと、案外、表面が冷たいので、コルクのほうが効果的。
ニトリにある起毛ジョイントマットなんかも、表面が温かいので結露を防ぐことができますよ。

ジョイント式のコルクマット

5.ベッドパッドを頻繁に取り換える

ベッドパッドを頻繁に取り換える

ベッドパッドは、マットレスの下ではなく、寝る側に敷くもの。
寝汗を吸収してくれる大事なアイテムですが、ベッドパッドが湿っていると、効率よく寝汗を吸収できずマットレスが湿ってしまいます。

しっかり乾燥した清潔なベッドパッドを使うことで、マットレス内部の湿度が上がりにくくなります
吸水性のいい洗い替えをいくつか用意しておきたいところですね。

また、ベッドパッド自体が涼しいタイプだと、寝汗の多い夏場も安心。
汗を吸収することも大事ですが、汗をかきにくくするという発想も大事ですね。

竹素材の涼しいシーツ

カビを防ぐメンテナンス方法

ここまでは「対策方法」を紹介しました。
ここからは「メンテナンス方法」を紹介します。

対策をすればカビは生えてこないというものではなく、日々のメンテナンスが重要ですよね。
対策とメンテナンスを行うことで、カビの発生を激減させることができます

日々のメンテナンスは、主に次の3つを中心に行います

  1. 布団乾燥機をかける
  2. 立てかけて風を通す
  3. 扇風機で風を裏側に当てる

1.布団乾燥機をかける

マットレスは天日干しできないため、布団乾燥機がとても効きます。
マットレスをひっくり返して、裏面をしっかり乾燥させると効果的です。

布団乾燥機をかけるときは、就寝の最低でも2~3時間前に終わるようにすることが大事。
終わった直後は温かいので、暑くて寝にくいのもありますし、マットレスが温かいと結露の可能性が高まってしまいます

2.立てかけて風を通す

マットレスは重いので手間は大きいものの、起きたら壁に立てかけておくと、とても乾燥しやすくなります
窓を開けて風を通せばバッチリですね。

マットレスの裏側はもちろん、フローリングもしっかり乾燥させることができます。

3.扇風機で風を裏側に当てる

外が寒くて窓を開けたくないときや、梅雨時期で外の湿度が高いときは、扇風機などで人工的に風を当ててあげるのもおすすめ
立てかけた状態だと理想ですが、重くて難しい場合は、マットレスの片側を持ち上げて本などをはさみ、斜めにして風が当たるようにするだけでもかなり差は出ます。

おしゃれに直置きするポイント

おしゃれに直置きするポイント

jarmoluk / Pixabay

高さのあるベッドフレームに比べ、直置きはインテリア的に物足りないですよね。
インテリア性を良くするには、次の2点がポイントになりそうです。

  1. リネン類や小物を充実させる
  2. 直置きのフロアベッドにする

1.リネン類や小物を充実させる

フレームがないので、必然的にシーツや掛けカバーなどでおしゃれにするしかありませんよね。
ルームクリップから2つほどピックアップしてみました。

ルームクリップ young39さん 直置きマットレス

参照元:young39さん 直置きマットレス/ルームクリップ

↑ お部屋を白で統一したり、掛けカバーをフリフリにしたりすることで、とてもおしゃれな雰囲気になっていますね。

ルームクリップ airu-oさん 直置きマットレス

参照元:airu-oさん 直置きマットレス/ルームクリップ

↑ 壁に木目のリメイクシートを貼って、ヘッドボード風に仕上がっています。
アイデアも凄いですが、なによりとってもオシャレですね。

おしゃれなインテリアをイメージするなら、ルームクリップで実際に見てみるがおすすめですよ。

マットレス直置き/ルームクリップ

2.直置きのフロアベッドにする

直置きのフロアベッドにする

直置きにする理由は様々だと思いますが、低い寝床にするのが好きなら、マットレスを直置きするベッドフレームがおすすめ。
フロアベッドと呼ばれ、ローベッドよりも低いタイプです。

ヘッドボードがあるのでインテリア性が良くなり、コンセントや棚など、使い勝手も良くなりますよ。

マットレス直置きのフロアベッド

まとめ

フローリングにマットレスを直置きするとカビの可能性が高まるので、しっかり対策しておきたいところ。
おすすめは「すのこ+除湿マット」のダブルの対策方法。
かなり除湿できるので、カビの可能性をグッと減らすことができます。

さらにメンテナンスをしっかり行うことで、カビはほぼ「撲滅」できるのではないでしょうか。

  • フローリングにマットレスを直置きするとカビやすい
  • 結露を防ぎ、しっかり乾燥させることが大事
  • マットレスと床の間に効果のあるものを挟む
  • メンテナンスを行うことでカビを防げる
  • マットレスの裏側をよく乾燥させるのがポイント

こちらも参考にしてください。

洋室(フローリング)で布団で寝る理想的な8つの方法と状況別の対応表
フローリングの部屋に布団を敷いて寝たいけど、カビなどは大丈夫…?と考えている人へ、8つのアイデアを!洋室にはベッドが基本ですが、ポイントを抑えることでカビやホコリを気にせず快適になることができます!状況別に合う一覧表も紹介しています!