ミラーレースカーテンは夜でも室内が見えないのか…

カーテン
Pexels / Pixabay
ミラーレースカーテンって、夜でも透けないの…?
夜も視線をカットできるレースカーテンってあるの…?

このような疑問はないでしょうか。
特に1階の住居や女性の一人暮らしなどでは、日中はもちろん、夜も気になりますよね

そこで、ミラーレースを選ぶ際のポイントを紹介します。

この記事で分かること…

  • ミラーレースの簡単な仕組み
  • 夜も透けないレースカーテンの特徴
  • 選ぶ際のポイント

夜の効果は…?

夜の効果は…?

StockSnap / Pixabay

ミラーレースカーテンは、基本的に夜は透けます
日中と同じ効果を期待することはできません。

ミラーレースの仕組みを知ると、簡単にイメージができるようになります。

ミラーレースカーテンの基本的な仕組み

一般的なミラーレースの場合、外から中が見えないようにするため「光の乱反射」という仕組みを利用しています。
日中は明るいので、光が乱反射することにより透けて見えないという感じですね。

夜は暗いので「光の乱反射」がありません。
そのため

外から中

は透けて見えてしまいます。
室内の照明を付けるとお部屋に光があるので、今度は

中から外

が見えなくなり、ミラーレースの機能は失われるというわけですね。

夜外から見えないレースカーテンはないの…?

夜は「光の乱反射」以外の方法で透けて見えないようにする機能をプラスさせることで、昼も夜も透けにくいレースカーテンにすることができ、実際そのようなカーテンも多くあります。

例えばシンプルに厚くするとか、透けにくい特殊な素材を使っているなどです。

防透性のある素材「ウェーブロン」/帝人フロンティア株式会社

どちらにしても一般的なレースカーテンよりは厚みが出るので、風通しが悪くなるといったデメリットが出てしまう点は否めません。
プライバシーの保護に重点を置くなら、そのようなタイプを選ぶのがおすすめです。

薄手のミラーレースカーテンの特徴

薄手のミラーレースカーテンは、日中に外から室内が見えないというだけで、明かりの入り方や風の通り具合などは普通のレースカーテンとほとんど変わりません
そのかわり夜は全くミラー効果はなく、逆に室内から外が見えなくなります。

なのでドレープカーテンと合わせて臨機応変に使う必要があります。
普通のレースカーテンの延長として使うなら、薄手のミラーレースカーテンで十分と言えます。

厚手のミラーレースカーテンの特徴

厚手になると夜でも室内が見えません
が、厚いほうが日中の光が入りにくくなり、風通しも悪くなります。

また日中でも室内から外が見えにくく、お部屋が窮屈に感じたり圧迫感を覚えるという人もいるかもしれません。

夜の使い方によってミラーレースを選ぶのがポイント

夜の使い方によってミラーレースを選ぶのがポイント

skeeze / Pixabay

日中だけ外からの視線をカットしたいなら、一般的なミラーレースカーテンが向いています。
風通しが悪くなることや、中から外が見えにくくなるデメリットを解消できます。

夜にドレープカーテンを使わない場合や、とことん外からの視線をカットしたい場合は、夜も透けないタイプにしよう。
風通しなどのデメリットはあるものの、

  • ドレープをしなくても透けない
  • 夕方の薄暗い時間帯も安心
  • 照明をつける一瞬もプライバシーを保護できる
  • あまり使わない部屋にドレープをかける必要がない

といったメリットがあります。
特に女性は「髪が長いかどうか」というシルエットだけで、女性の住まいと分かってしまうので、一人暮らしなどで不安な人は夜も透けないタイプだと安心ですよ。

まとめ

ミラーレースカーテンは、基本は「日中の外からの視線をカットする」のが目的。
その場合は、どんなミラーレースでも大丈夫です。

もし夜も外からの視線を気にするなら、夜でも透けないタイプを選ぼう。
このような順番で考えることで、無駄にデメリットを増やすことなく、自分に合う種類を選ぶことができますよ。

6色から選べるミラーレースカーテン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
カーテン
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました