新婚カップルのソファの選び方 3つの重要なポイント

ソファ・イス
mohamed_hassan / Pixabay

新婚カップルに合うソファを探していませんか?
ソファは高ければいいものというわけでもなく、いかにライフスタイルに合わせて選ぶかが大事

新婚で新しい家や住まいになった時は、ソファを検討する機会も多いものですよね。
そこでここでは、新婚さんに合うソファの選び方を考えてみようと思います。

新婚さんに最適な3つの条件

ThePixelman / Pixabay

新婚さんの場合、家具選びがとっても楽しいですよね。
お互いの趣味・趣向を言い合いながら二人だけの空間を築くのは、新婚さんならではの幸せです。

でもせっかく買っても後で「失敗した…」と思いたくないもの。
そこで大事なのが次の3点です。

  1. サイズを安易に二人用にしない
  2. 赤ちゃんの誕生を考える
  3. オシャレさよりも落ち着き

1.サイズを安易に二人用にしない

新婚さんで子供がいない場合、基本的には二人座れれば問題ありません。
部屋の広さにも左右されますが、だからと言って初めから二人用ソファを考えるのは良くありません。

二人用ソファはあくまで「二人が座れる最低限の広さ」であり、リラックスして二人が座れるわけではありません。
当然足を伸ばして寝転ぶこともできません。

お互いが近くに座れるのがいいという人もいるかもしれませんが、ソファはリラックスした態勢で座れるのがいいところ。
広さ・価格と相談して、2.5人用や3人用ソファを考えるのがおすすめです。

2.赤ちゃんの誕生を考える

若い世代の新婚さんは、赤ちゃんの誕生を視野に入れることも大事です。
作る予定があるかは別として、赤ちゃんが生まれても使えるソファを選んでおかないと、後々対応が大変になってきます。

赤ちゃんを考えた場合

  • ローソファ
  • 合皮かファブリック
  • 低価格帯
  • 木枠が出てない

などを考慮するといいです。

ちなみに、赤ちゃんの誕生が視野にあるなら「ソファはいらない」という発想も。
こちらの記事も合わせて参考にしてください。

ソファーなしリビングのメリット・デメリット
リビングにソファーを置くべきか置かないべきか悩んではいないでしょうか。一長一短なのですが、少しでも自分の状況に合ったほうを選びたいものです。メリット・デメリットを考え、総合的に判断することで失敗も減らせるはずです。

ローソファで転落対策

赤ちゃんを乗せたりすること、また子供が成長して乗ることを考えれば、高さは低いに越したことはありません。
注意したいのは、腰痛持ちの場合はローソファは使いにくいです。

お手入れの楽な合皮かファブリック

赤ちゃんが生まれれば、ソファだけでなくお部屋がとても汚れやすくなります。
とくに水物で汚れると、素材によっては手入れが難しい場合も。

水に強い合皮か、カバーを外して洗濯できるファブリック素材がおすすめです。

汚れても気にならない低価格帯

上と同じ理由で、高価なソファはやめるべきです。
ソファを汚されるたびに怒っていてはストレスがたまりますよね。
汚されてもいいや…という価格帯が使いやすいです。

木枠が出てない

ひじ掛けに硬い木が出てたり、背もたれの上部に木が出ているものは、オシャレでもぶつける危険があるのでやめたほうが安心です。

3.オシャレさよりも落ち着き

特に若い新婚さんはオシャレに敏感です。
新しい二人だけの空間を、思いっきりオシャレにしたいという気持ちも強いと思います。

リビングの場合は、見た目のオシャレさよりも「いかに落ち着ける空間にするか」を考えるのが大事。
真っ白いふわっふわのラグに真っ赤なソファでは、オシャレでも落ち着きません。

コーヒーを飲むにしても「絶対にこぼさないように…」という気持ちが強くなってしまいます。
キレイに保つのはいいのですが、緊張するリビングほど居心地の悪い場所はありません

人の家ならいいのですが、自分の家は落ち着ける空間でなければいけませんよね。

まとめ

若い新婚さんほど先を見据えたソファ選びが大事。
環境の変化が激しい年代なので、臨機応変に対応できるよう高価なソファは避けるべきです。

いきなり一生モノを買う必要など全くなく、逆に低価格のソファを買い替える楽しさのほうが様々なメリットのある世代です。

こちらも参考にしてください。

絶対に失敗しないソファの選び方|簡単に分かる8つの大事な選び方
ソファを購入するときはデザインや色・サイズなどに気をとられやすいのですが、もっとも大事なのは「あなたがリラックスできるか」という点です。ソファとしての役割を果たしたうえでのインテリアと考えるのが上手な選び方。このページでは絶対に失敗しない上手なソファの選び方を紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました