遮光カーテンの等級と選び方【違いは透け感です※比較画像あり】

遮光カーテンの等級と選び方【違いは透け感です※比較画像あり】 カーテン
遮光カーテンの「等級」って何…?
何級を選べばいい…?

という悩みはないでしょうか。
つまりは「光を遮る率」なわけですが、種類があると何を選べばいいのか分からなくなりますよね。

そこで、遮光カーテンの等級の違いや、メリット・デメリット、選び方などを紹介します。

この記事で分かること…

  • 遮光カーテンの等級の意味
  • 遮光カーテンのメリットやデメリット
  • 自分に合う等級と選び方

遮光カーテンの級とは

遮光カーテンの等級の比較

遮光カーテンの級は、光をどのくらい遮ることができるかの区分けです。
具体的には

  • 遮光1級:遮光率99.99%以上
  • 遮光2級:遮光率99.99%~99.80%
  • 遮光3級:遮光率99.80%~99.40%

があり、1級が最も光を遮ります。
ちなみに99.40%以下は、等級なしと呼んだり遮光4級と呼ぶ場合もあります。

遮光1級

遮光1級は、最も光を通しません。
数字では「遮光率99.99%以上」になります。

遮光2級

遮光2級は「遮光率99.99%~99.80%」。
数字ではわずかな差ですが、目で見るとしっかり違いが分かるレベルです。

遮光3級

遮光3級は「遮光率99.80%~99.40%」。
遮光カーテンの中では、一番光を遮りません。

遮光カーテンのメリット・デメリット

遮光カーテンのメリット・デメリット

遮光カーテンにも、良い点と悪い点があります。

遮光カーテンのメリット

遮光カーテンのメリットはただ一つ、光を遮ることです。
それ以上でもそれ以下でもありません。

  • 夜勤で昼間に寝たい人
  • 朝日を浴びて目が覚めたくない人
  • テレビやパソコンに日光が反射してしまう
  • 寝る時に街灯で明るくなってしまう
  • シアタールーム

などに最適です。
ちなみに、夜は外から室内が見えにくくなります。

夜に外から室内を見た時の透け感の違い

↑ 夜に外から室内を見た時の透け感の違い。

遮光カーテンのデメリット

朝日が入らないので、気を付けないと寝坊しやすくなります
また、日中に何らかの理由でカーテンを閉めるときは、照明を付けないと暗くなるので要注意。

色に関しても、遮光カーテンは黒い糸を裏地に使ったりするため、ややくすんだ色が多くなります。
落ち着いた色味とも言えますけどね。

カーテンは必ずしも光を遮った方がいいというわけではありません。
必要に応じて遮光カーテンを選択するのがおすすめです。

遮光カーテンの選び方 2つのポイント

遮光カーテンの選び方 2つのポイント

遮光カーテンを買う時は、次の2つに気を付けよう。

  1. サイズ

サイズ

いくら遮光カーテンでも、隙間からは光が漏れてしまいます。
見た目を損なわない程度に大きめにすることで、遮光カーテン本来の役割を果たすことができます。

サイズは丈と幅をしっかり確認しよう。

丈はやや長めに

床までの大きな窓は、床から1~2cmで合わせるのが基本ですが、遮光カーテンの場合はピッタリ~1cmくらいを目安にしよう。
床から高さのある腰窓は、窓枠から20~25cmくらい長くなるようにしよう

カーテンフックにも要注意

遮光カーテンは鉄製のカーテンフックではなく、プラスチック製のアジャスターフックを使おう。

金属製のカーテンフック


金属製はカーテンレールを隠すことができないため、せっかくの遮光カーテンでも上部から光が漏れてしまいます。

Bフック
↑ Bフック
Bフックの図
↑ Bフックの図

⇒参照:【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

遮光カーテンでは、アジャスターフックのBフックにして上部の隙間をふさごう。
また、より光の侵入を防ぐなら、このような後付けのカーテンボックスも。


真上の隙間もなくすことができます。

幅はゆとりをもって

幅が足りないのは、遮光カーテンでは致命的です。
少し長いくらいのサイズを選ぼう。

幅を決めるポイントについては、こちらを参考にしてください。

カーテンの選び方|失敗しない上手なカーテン選びの3つの大事な極意
カーテンはサイズや色など選び方が難しく、さらにお部屋の印象を大きく変える要素なので慎重に検討したいところ。見た目のほかに機能性も考えると、より使いやすくオシャレな部屋になります!このページでは失敗しないカーテン選びを3つの柱をもとに紹介しています。

遮光カーテンは、同じ等級でも色によって透け感が違います。
薄い色より濃い色のほうが光をさえぎるため、色で多少コントロールすることも可能。

遮光度合い = 濃い色 > 薄い色

同じ遮光1級だとしても、濃いブルーと水色では、確実に濃いブルーのほうが光を通しません。
また、暖色よりも寒色のほうが光を通さない傾向があります。

20色から選べる1級遮光カーテン

まとめ

遮光カーテンは、等級によって透け感が大きく変わります。
必ずしも光を遮るほうがいいというわけではないため、好みの等級を選ぼう。

サイズ・色に注意することで、よりイメージ通りのお部屋にすることができますよ。

色選びに関しては、こちらも参考にしてください。

センス良くまとまるカーテンの色選び【インテリアコーディネーター直伝】
カーテンの色選びで悩んではいませんか?この記事では50枚以上の写真・画像を使い色選びをサポート。さらに色の心理や目の錯覚・視覚効果なども紹介しています。これからカーテンを買う予定の人はぜひ参考にしてください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
カーテン
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました