ソファを脚なしにするとこう変わる!メリット・デメリット比較

ソファを脚なしにするとこう変わる!メリット・デメリット比較 ソファ・イス
Alexas_Fotos / Pixabay

ソファを選ぶ際、脚なしにするかどうか迷うときがありますよね。
脚があるかいないかで、デザインはもちろん様々なことが変わってきます。

このページでは脚のありなしによるメリット・デメリットを紹介します。

【脚なしソファのメリット・デメリット】

脚なしソファ

Alexas_Fotos / Pixabay

まず脚なしについて考えていきます。ソファに脚がないと次のようなメリット・デメリットがあります。

脚なしによるメリット

脚なしのメリットは

  1. 荷重が分散される
  2. 見た目に安定感がある
  3. 掃除が楽

こんな感じでしょうか。
まず置く場所が畳の場合、脚ありだと畳がへこみます。
脚なしにして荷重を分散させないと大きく痛めてしまうので注意が必要です。

見た目の安定感は脚なしのほうがあると言えます。
脚があっても不安定というわけではありませんが、全体重を預けるソファなので見た目の安定感は大事ですよね。

掃除に関しては少し微妙ではないかと思います。私のようなずぼらな人間なら脚がなければソファの下は掃除しなくてもいいと思ってしまいますが、どうでしょうか…。

脚なしによるデメリット

脚なしのデメリットは

  1. 重々しい雰囲気になる
  2. 移動しにくい
  3. 掃除しにくい

などでしょうか。

重々しさや重厚感はお部屋の雰囲気によって変わるので、デメリットかどうかは分かりませんね。
重厚な雰囲気のお部屋にはメリットに、ポップなお部屋にはデメリットになるかもしれないというレベルです。

模様替えなどの場合、脚なしのほうが移動が大変かもしれません。
床を傷つけないように動かすなら、床に触れてる面積が少ないほうがいいので十分気をつけましょう。
ソファの下に段ボールや毛布などを入れれば移動させやすいのでオススメです。

【脚ありソファのメリット・デメリット】

脚ありソファ

ivabalk / Pixabay

今度は脚ありについて考えてみます。

脚ありのソファ

脚ありによるメリット

脚ありのメリットは

  1. 通気性がいい
  2. 掃除がしやすい
  3. 意外な収納ができる
  4. おしゃれに見える

この辺でしょうか。

暑い夏も変わらず座るわけなので、通気性は大事。
また脚があるので掃除は楽と言えます。

意外と使えるのが収納スペースとしての使い方。
かごを利用して細かいものを置いておくことができるので重宝します。
脚ありだとスラッと見えるのでおしゃれ感は高くなりますね。

脚ありによるデメリット

反対にデメリットは

  1. ほこりがたまる
  2. 物が入り込む
  3. 猫や犬が入る

こんな感じでしょうか。

ほこりがたまるのはデメリットですが、掃除はしやすいと言えます。
きれい好きの人は脚がなくてもソファの下を掃除したくなるようなので、きれい好きの人にとっては大きなデメリットにはならないのかもしれません。

物が入り込むのは特に小さな子供がいると大変。
猫や犬も屋根のある場所が好きなので入りやすいですよね。
下にワンちゃんが寝てたらリラックスして座れないかもですね。

まとめ

脚のありなしによるポイントは、お部屋の雰囲気や性格・環境などによって大きく変わります。
ある人にはメリットでもある人にはデメリットになることも。

自分の性格やお部屋の雰囲気にマッチするかを考えることが大事ですね。

こちらも参考にしてください。

絶対に失敗しないソファの選び方|簡単に分かる8つの大事な選び方
ソファを購入するときはデザインや色・サイズなどに気をとられやすいのですが、もっとも大事なのは「あなたがリラックスできるか」という点です。ソファとしての役割を果たしたうえでのインテリアと考えるのが上手な選び方。このページでは絶対に失敗しない上手なソファの選び方を紹介しています。
ソファ・イス
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!インテリア産業協会プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com