リビングを100倍おしゃれにする絶妙な色合いが分かる画像14選

リビングを100倍おしゃれにする絶妙な色合いが分かる画像14選 お部屋全体
diegodiezperez123 / Pixabay
リビングがいまいちオシャレな雰囲気にならない…

と悩んではいませんか?
好きなテイストの家具を揃えてるのに、なんかイメージと違う…。
その理由はもしかしたら「色使い」にあるかもしれません。

このページでは海外のおしゃれなリビングの画像を集めてみました。
家具のデザインやお部屋の広さは日本とは違いますが、「色合い」や「色による感じ方」は万国共通
「色使い」に焦点を当ててみると、意外な発見があるかもしれません。

1.絶妙な色使いが素敵なリビング画像

まずはあまり深く考えず、見た目の色使いが素敵な画像を紹介します。

重厚さを感じさせない色使い

重厚さを感じさせない色使い

お部屋全体のイメージを大きく左右してるのがマットとソファのアイボリーです。濃いめのフローリングに一面ダークブラウンの壁面収納なので重々しい雰囲気になりがちですが、明るいアイボリーのラグとソファでバランスをとっています。さらに落ち着いたピンク色のアクセントやオレンジの照明が若々しさを加えてます。

モノクロの都会的な雰囲気

モノクロの都会的な雰囲気

モノクロはモダンな雰囲気の代表的な色使いです。部屋全体を白と黒で統一することで都会的でこなれた雰囲気のリビングに。つやを消したブラックにすることでギラギラ感が減り、リビングにふさわしい落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

ナチュラルテイストに揃える

ナチュラルテイストに揃える

次は反対にナチュラルなテイストでそろえたリビング。「木の温もり」を前面に出した雰囲気がとても優しく、さりげないソファのグリーンがバランスをとっています。

ポップで明るいリビング

ポップで明るいリビング

今度はポップでかわいらしい色使いのソファがポイント。壁や天井・カーテンが真っ白で床も明るめのブラウン。さらにテーブルも明るい色に揃ってるので、ソファのポップな色がとても冴えます。これがソファもアイボリーやホワイトだとアクセントがなくなりのっぺりした雰囲気になります。

シックな色使いが大人っぽい

シックな色使いが大人っぽい

ソファのベージュとグレーの中間のような色がとてもお部屋にマッチしている落ち着いた素敵なリビング。さりげなく暖炉(?)と色が揃っており、クッションのブラックとチェアーのブラックもシックなアクセントに。

落ち着いたモダンテイストなリビング

落ち着いたモダンテイストなリビング

色合いは一つ上に近いですが、よりモダンでスタイリッシュな雰囲気に。色のトーンが落ち着いた雰囲気に揃っているので、自分だけの安らぐ隠れ家的なお部屋になっていますね。

グレーが基調のヨーロピアンなスタイル

グレーが基調のヨーロピアンなスタイル

さらにもう一つ似た色使いです。今度は家具のテイストによってヨーロピアンなテイストに。黄緑が上手にアクセントになっています。

モダンでスタイリッシュな色使い

モダンでスタイリッシュな色使い

黒のレザーと赤のアクセントがとてもハイセンスなリビング。壁は薄いベージュでブラウンも使われていますが、全体としては黒と赤のコントラストが素敵な雰囲気を出しています。

あまり良くない色使いのリビング

あまり良くない色使いのリビング

この項の最後にあまりぱっとしない色使いを紹介。お部屋全体としてはとても統一感がありおしゃれな雰囲気が出ていますが、「アクセントカラー」がないとこのように野暮ったくなってしまいます。

とにかく濃いめのブラウンで揃えてあるので、落ち着く空間かもしれませんがインテリア的には物足りなさを感じます。

2.色相環を考えた素敵な色使い

色相環

次は色相環を意識した色使いを見ていきます。色相環とは簡単に言うと光の波長を並べたもので、波長が長い順に「赤⇒橙⇒黄⇒緑⇒青⇒藍⇒紫」となります。これはいわゆる虹の色で、これらを24色、または12色でリング状にしたものを色相環といいます。

色相環の対面の色同士は非常に相性が良く、アクセントカラーに最適な色使いと言えます。

正反対のカラーのソファを並べる

カラーの正反対のソファを並べる

オレンジとブルーは逆の色なので相性がよく、薄いベージュからホワイトが中心の部屋にアクセントとして冴えます。

ラグジュアリーなパープルにグリーンを合わせる

ラグジュアリーなパープルにグリーンを合わせる

次は鮮やかなパープルが目を惹くおしゃれなリビング。そこに薄めのグリーンをもってくると色相環の反対色なのでとてもしっくりきます。

ホワイトと寒色系のソファに鮮やかな赤が映える

ホワイトと寒色系のソファに鮮やかな赤が映える

白い壁と天井の部屋に、低い位置にはダークブラウンというよくある色合い。でも寒色系のソファと赤身のあるインテリアがアクセントになりとてもセンスのいい雰囲気に仕上がっています。

水色の壁に赤いソファ

水色の壁に赤いソファ

逆に水色主体の部屋にも赤は冴えます。寒色系ながら寒さを感じさせずポップな雰囲気になっています。

薄いブラウンが主体のリビングにあえて水色を使う

薄いブラウンが主体のリビングにあえて水色を使う

ホワイトから薄いブラウンのナチュラルっぽい雰囲気のリビングに、あえて水色や黄緑を入れることで一気にセンスあるお部屋になっています。

和室の色合いも素敵な組み合わせ

和室の色合いも素敵な組み合わせ

最後は我らが「ジャパニーズルーム」。和室にピッタリの朱色も色相環の反対側の色。色のトーンを近づけることで、鮮やかながら落ち着いた和の雰囲気になります。

まとめ

お部屋のインテリアは海外の画像なので参考にしにくいかもしれませんが、色使いはとっても参考になります。
ポイントは同系色でまとめつつアクセントカラーに何色を使うか、そしてアクセントカラーの割合をどの程度にするかをイメージすることです。

お部屋全体
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!インテリア産業協会プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com