【灼熱部屋を改善】遮熱カーテンの効果と賢い使い方

遮熱カーテンの効果と3つの上手な使い方 カーテン
DavidRockDesign / Pixabay
遮熱カーテンって本当に効果あるのかしら…
お部屋の温度上昇を防いで快適に暮らしたい…

という悩みはないでしょうか。
特に西日が当たる窓なんかは、異常なほど室温が上がりますよね。

そこで、遮熱カーテンで室温上昇を抑えることができる理由と、使い方のポイントを紹介します。

遮熱カーテンの効果

遮熱カーテンの効果

StockSnap / Pixabay

遮熱カーテンは、主に夏場の直射日光による室温上昇を抑える効果があります。
南面や西面にある窓にピッタリの機能ですね。

室温が上昇する仕組み

直射日光によって室温が上がる理由は、実は紫外線ではなく赤外線
日光は、大きく

  • 紫外線
  • 可視光線
  • 赤外線

に分かれますが、物が温まるのは赤外線による作用と言われています。

参考⇒光の波長と熱の関係

つまり、カーテンによって室温上昇を防ぐには、この赤外線をカットする必要があるというわけですね。
冬に室温を逃がさない断熱カーテンとは、実は構造的にも異なっているのです。

遮熱カーテンさえあればOK?

遮熱カーテンで赤外線が侵入するのを減らす効果が期待できますが、だからと言って室温がマイナス10度になるようなものではありません。
「遮熱カーテンをかければ万事OK」という単純なものではないのです。

でも、仮に2~3度の温度上昇を防ぐ効果だとしても

  • 快適ゾーンである20度と23度の差
  • 不快ゾーンである32度と35度の差

この差は全く別物ですよね。
不快ゾーンにおける3度差は、とっても価値があると言えます。

さらに、この3度のおかげで空調の効きが良くなるという「2次作用」も期待できます。

効果的な使い方

遮熱カーテンの効果的な使い方

StockSnap / Pixabay

遮熱カーテンは、太陽光が降り注ぐ日中に活躍するものですよね。
夜になったら「遮熱機能」は全く意味がありません。

なので、ドレープカーテンに遮熱機能が付いているより、レースカーテンに遮熱機能が付いている方が活躍してくれます

意外と見落としやすい盲点なので、要注意ですね。

遮熱効果のあるドレープカーテンは役に立たない?

いえ、そんなことはありません。
西日のきつい時間帯だけ、暗くなるのは仕方なしにドレープカーテンをかけるのもありですよね。

また、日中仕事で夜に帰宅する人は、お出かけ前にドレープもかけておくという選択肢があります。
レースもドレープも遮熱機能付きにすることで、ダブルで赤外線をカットでき、帰宅時の

モワ~、あ、暑い…

室温、40度…

という悲惨な状況を軽減することができます。
エアコンも効きやすく、素早く快適な室温にすることができますね。

冬は逆効果では…?

夏は歓迎できない日差しも、冬は逆に積極的に取り入れたいと考える人も多いはず。
それなら遮熱効果がアダとなってしまうのでは…と感じますよね。

遮熱カーテンだと、普通のカーテンより日差しを取り入れることはできませんが、実はそこまで単純なものでもないようです。

冬の日差しと室温維持

まず、冬の日射量は夏に比べ半分くらい。
日照時間も夏場の三分の二ぐらいしかありません。

これをどのように考えるでしょうか。

  • 貴重な日差しを遮るのもどうかと思う…
  • そこまで少なくなった日差しに期待するのも…

冬場に室温を上昇させる大きな要因は、圧倒的に「暖房」です。
太陽光は、直に当たっていれば温かいものの、室温の上昇にはあまり役に立ちません。

むしろカーテンを閉めていた方が熱が窓から逃げにくく、実は室温維持にとても活躍してくれるんですね。

冬の暖かさを考えた場合、遮熱カーテンがデメリットになることは少ないという考えが、個人的にはいいのではと思います。

まとめ

遮熱カーテンは、夏場の南面・西面のお部屋にとても役に立ちます。

温度上昇を防ぐ ⇒ 空調が効きやすい

という良い連鎖を演出してくれます。
価格もそこまで変わらないので、暑くなりやすい部屋なら一考の価値はありますよ。

サイズの測り方に関しては、こちらを参考にしてください。

カーテンの選び方|失敗しない上手なカーテン選びの3つの大事な極意
カーテンはサイズや色など選び方が難しく、さらにお部屋の印象を大きく変える要素なので慎重に検討したいところ。見た目のほかに機能性も考えると、より使いやすくオシャレな部屋になります!このページでは失敗しないカーテン選びを3つの柱をもとに紹介しています。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
日々の役立つインテリア情報をお届けします。
カーテン
インテリア王国
シェア、お願いします(≧∪≦)人
フォロー、お願いします(≧∪≦)人
この記事を書いた人
インテリアコーディネーター&風水アドバイザー
広島知範

「インテリアコーディネーター」兼「風水アドバイザー」兼「ブログ管理人」兼「家具ショップ店長」の広島知範です。プロ目線から、しっかり管理して情報を提供しています。LINEでフォローしてくれたら、1対1トークでインテリア相談を無料で受けています!
インテリア産業協会プロフィール
記事執筆者プロフィール

フォロー、お願いします(≧∪≦)人
スタイリッシュルーム.com
タイトルとURLをコピーしました